長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「施工者のメリット」 残コン・再生

「施工者のメリット」 残コン・再生

施工店のメリット(デメリット)

①作業がとても楽

②普通の生コンに比べたら安価

③締まるのが早いので作業が忙しい

④ブリーディングが少なく仕上げが早い

⑤JIS製品としての出荷が現状不可能


当社残コンリサイクルシステムに関して分析をしてみた。

GNN(元気な生コンネットワーク)で創造された、

「残コンリサイクル」

という価値は、どちらかと言えば、

「生コン工場のためのもの」

である(B to B)。


ただ、リサイクルされて、

「再利用可能な材料になる」

というだけでは実は終わりではなくて、

「その材料を使って製品を作って売って」

始めてリサイクルが完成する。

実はここが問題となる。


せっかく作った製品が売れなければシステムとして完成しないのだ。

つまり、B to Bと併せて、B to C(使用者)を考えてようやく完成。

B to B to C(施工店:生コン需要家)


普段残コンリサイクルシステムの解説をするときはほとんど取り上げないけれど、

施工店のメリット

をここでは紹介したいと思う。

まず、残コンをリサイクルすると生コン用の骨材ができる。

iwamerit.jpg

そのままにしておけば固まって捨てるしかなくなる残コンが立ちどころに骨材になる。

これはそのままリサイクル用砕石として再利用することもできるのだけど、

GNN残コンリサイクルシステムでは、

「生コン用原材料」

として再利用することを想定している。

確かにリサイクル砕石として利用することもできるのだけど、

生コン用骨材としての利用の方が付加価値が向上するからだ。


この、骨材。

もともと生コンに使用されていた骨材にモルタルペーストが積層しているため、

「角が取れて丸みを帯びている」(実績率が高い)

つまり、コテ仕上げをするときには専門家にはお分かりいただけるように、

①作業がとても楽になる。


また、地域や生コン工場の考え方によっても変わるけど、

残コンを利用しているから、

お値段としても②普通の生コンに比べたら安価に手に入る。


もちろん、デメリットもある。

お客様によっては特に夏場、

③締まるのが早いので作業が忙しくなる、

という指摘を頂くこともある。

これは骨材の吸水率の高さが起因しているのだが、

逆に冬場になると、④ブリーディングが少なく仕上げが早い

と言って喜んでいただける場合もある。

③の問題に関してはプレウェッティングや混和剤の検討など、

日々それぞれの工場で改善が進んでいる。


とても面白いことに、8~9月という生コン出荷が低迷する時期には、

同じく残コン由来の再生生コンの出荷も低迷していた。

ただ、見事な偶然というべきか、

暇な時期には残コンもあまり発生しないため、

生コン工場もそれほど困らないし、

工事店の方にとっても、仕上げが忙しい夏場はあまり使いたくないから、

なんだか見事に符号が一致していて面白い。


ただし、本再生生コンは⑤JIS製品としての出荷が現状不可能だから、

構造部材などへの適応ができないことはデメリットといえる。

つまり、施工可能部位が土間コンや捨コン・ラップルなど、

非重要構造物に限定されることはJIS製品として利用できないでメリットだ。

これは先々でGNNが中心になって努力を重ねてきちんと規格化して、

安心してご利用いただけるように努力していく予定となっている。


全国的にはまだまだ普及が進んでいない(20拠点程度)から、

身近にこの付加価値がお届けできないのは残念だけど、

ご購入いただいたお客様は皆必ずリピーターとなってただけていて、

それだけに、未知の領域B to B to Cというテーマだけれど、

少しずつ普及推進に努力をしているところだ。

ただ、普及活動をしていて面白いなあと思うのが、

GNN残コンリサイクルシステムを導入する工場のほとんどは、

アウト工場

であるという事実。

アウト工場というのは、

地域に組織されている生コン組合に加盟していない、

生コン工場のことを生コン組合がそう呼びならわしているのだけれど、

組織に属さないからなのか、危機感に対しての感性が鋭く、

それだけ行動に移すことも早いんだなあと感じるところだ。


宮本充也


宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2016/12/14

あわせて読むなら!

  • 「目的はいい製品を作ること?|残コンスラッジ処理システム」

    「目的はいい製品を作ること?|残コンスラッジ処理システム」

    残コンスラッジ問題の解決策はなんといっても「出口論」。システム(http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_251.html)を実装し残コンやスラッジが製品に生まれ変...

    詳しく見る

  • 「残コンとスラッジ処理」生コンから悩み解決!

    「残コンとスラッジ処理」生コンから悩み解決!

    生コン工場や建設現場で問題となっている「残コン」「スラッジ」。処理システム装置の導入により再生技術で解決へ!ポンプ・生コン・建設が共創するゴミのリサイクルの今とは?(写真は再利用可能となった残コンと...

    詳しく見る

  • 「いつまでポンプ返し続けるの?」

    「いつまでポンプ返し続けるの?」

    建設産業の闇「ポンプ返し」。残コンが原因で行われている慣行。建設現場で圧送車内部にとどまった残コン(建設汚泥)の取り扱いを巡って、元請け・圧送・生コンの間がギクシャクしている。指摘をすればあからさまに...

    詳しく見る

  • 「元祖残コン対策『ブロック』の全国プロジェクト?|GNN」

    「元祖残コン対策『ブロック』の全国プロジェクト?|GNN」

    土留めとか隔壁や簡易な擁壁などに使われる「ブロック」(地域によって呼び方「とうふ」「ほうかい」等いろいろある)。実はこれ、生コン工場の伝統的な「残コン対策」ということはあまり知られていない。もともとネ...

    詳しく見る

  • 「地中ばりの埋め戻しという市場の開拓|残コンスラッジ処理システム」

    「地中ばりの埋め戻しという市場の開拓|残コンスラッジ処理システム」

    これまでになかった「地中ばり埋め戻し」という市場。生コン(JIS外品)と圧送いずれも取り組む川端工業(福井県)だからできる発想。これまで生コンもポンプもお呼びでなかった地中ばりの埋め戻しに生コンと圧送...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ