長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「R2|全圧連」 残コン・ホッパー・ポンプ

「R2|全圧連」 残コン・ホッパー・ポンプ

生コン工場から聞いて連絡しました


このところうれしいことに、

R2

に関するお問い合わせが多い。

R2


陸王をご覧になっているだろうか?

日曜人気ドラマの陸王である。

ピエール瀧がなかなかいい味を出している。

池井戸潤の最新作、

陸王

その中にもR2というライバル会社の製品が登場する。

R2

何のことかご存じだろうか。


R2

・Reuse

・Reduce

の2つの頭文字をとって、R2と名付けられたその製品は、

アトランティス社ではなく全圧連からこの10月に発売されている、

ランニングシューズではなく残コン改質剤のことだ。

(ややこしいのでこの辺にしておく)

その、R2D2はシリーズSTAR WARSでトリッキーな役を演じるロボット。

ではなく、コンクリート打設後ホッパーに余った残コンを改質する材料。



※R2改質の様子


とてもうれしいことに、

生コン工場から聞いて連絡しました

なんて声も多い。

これってきっと残コン技術フォーラムを全国行脚している影響だろう。

現在30カ所程度行脚して残コンに関する議論を深めている。

今週は大阪で開催だし。


R2

この普及には絶対的にゼネコンの理解が必要となる。

R2

は全圧連から一括して圧送業者に卸される。

(※生コンやゼネコンは購入することができない)

R2

を利用してできるのはリサイクル砕石状の資材。

これをゼネコンの協力により再資源化する。

現場内での砕石などの用途にはめる。

これで完成。

だから、コンクリート圧送業や生コンがいくら声高に利用を促しても、

ゼネコンというパズルのピースがきちんとはまらなければ、

その絵は完成しない。


それでもこのところ順調にR2は普及し始めているという。

業界内での残コンに対する意識に変化が表れたか。

僕の知る限りこの17年の残コンに対する意識はずいぶん変化した。

ここからさらにその意識を変化させる。

その当事者は僕だ。

そのくらいの意気込みで向き合いたい。


R2

陸王のこはぜやの宿敵アトランティスのランニングシューズも、

R2

という名前だ。

なんとなく因縁を感じるのは僕だけだろう。

R2

とYoutubeで検索するとまず軽自動車がひっかかる。

スバルのR2だ。

アトランティスとかスバルとか強敵が多いけれど(?)

今日も日本の残コンシーンでR2は大活躍をしている。

毛塚選手も履いている。

R2

今日も仕事を頑張ろう!

ラストスパートだ!

フォアフットで走ろう!!


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/11/07

あわせて読むなら!

  • 「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    「なんだこの黒い物体は?|残コンスラッジ」

    岡山駅到着直前で左手に見えるこの物体。岡山は光コンクリートに佇む謎の設備はこれから多くの笑顔を建設現場に届けることになるだろう。始まる、光クラッシャーの伝説。http://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配|透水性コンクリート」

    「道路から玄関まで逆勾配」玄関アプローチ、水たまりができないとの事で、業者様に注文。長岡生コンで材工共(※材料供給だけでなく工事も請け負う方式)で見学会を実施。27m2、厚さ100mm、施工 長岡生コ...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt2|残コンスラッジ」

    共感を作るために、具体的な手段。建設現場で今日も繰り返される悪習、モルタル0.5m3とポンプ返し。技術は確立されているのに、それが未だ普及していない理由はなにか?それは、課題意識をきちんともって共感を...

    詳しく見る

  • 「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    「【京都】共感を作ること pt1|残コンスラッジ」

    動く京都の残コンスラッジ事情具体的な方策の一つとして、先行モルタル(0.5m3)の完全撤廃。もちろん、赤字で出荷するモルタルの習慣を取りやめること、そして事後発生する残コンを抑制するという実用的な目的...

    詳しく見る

  • 「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「【岡山】白石建設は常に進化のきっかけを作る|残コンスラッジ」

    「製品を買えば解決する」そんな風に誤解されている残コンやスラッジの問題。そんなに都合のいい話があれば誰もスラッジに困らない。岡山白石建設は常に進化のきっかけを作る。残コンスラッジ衝撃の新章突入なるか?...

    詳しく見る

残コン(生コンのゴミ)再生「ECON/IWA」
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

このページのトップへ