長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「ポンプ返し程度なら訳ない」液体タイプも出た!驚異の性能Re-con zero evo Lについて

「ポンプ返し程度なら訳ない」液体タイプも出た!驚異の性能Re-con zero evo Lについて

従来のRe-con zero evoは粉体(高分子と急結材)に対してLは液体タイプ。岡山での実験で明らかになったのはその驚異の性能。ポンプ返し(高含水)でもへっちゃら。



ポンプ返し程度なら訳ない

A2B6D9F0-E7B1-4559-8479-9C006EB9EEBB.jpeg

はるばるイタリアから届いた液体タイプRe-con zero evo L。


D5A6B621-6B46-4697-B463-7BFA40F8CB15.jpeg

改質された残コン(ポンプ返しなどの高含水も含む)はトロンメルで分級される。


78B7C84A-3602-4893-B055-795907A52FC0.jpeg

こちらは粗骨材。多少ペーストが付着しているが、綺麗な状態で回収される。


7DC96A8E-FE81-4FBC-8978-767713B3B6FA.jpeg

細骨材。ペーストはこちらに含有される。



あらゆる残コンが粗骨材と細骨材に還元される。

これまでは残コンの見極めが難しかった。

含水率によって使用量を調整する。

作業を担当する人にとって粉体が液体になっただけで効率が激変した。


0C7485C5-745A-47D3-92C9-A8B6C09A9297.jpeg

スクリーンを用いてその他の原料も分級される。


5DE37FD9-CF88-436C-867A-75B4E34D36C0.jpeg

それぞれの由来、寸法でストックされ、用途に応じてブレンドされる。


C6440345-009D-48F6-8965-11C59D16E5AC.jpeg

現場に運ばれる残コン由来の材料。



残コン再生はあらゆるアプローチの統合が鍵。

白石建設では過去にあらゆるアプローチで残コンが再生されてきた。

・薬剤

・機械

に大別される多くの経験。

個別のそれらがあらゆる角度から検証された。

その経験は今統合されようとしている。

大量の残コンという問題が今や市場を捉えて機会に変化しようとしている。

口だけで批判して行動しない面々を尻目に。

白石建設は形を今も作り続けている。

「残コンは問題ではなく機会だ」

もはや、白石建設ら一部の生コン工場にとっては重要な経営資源になりつつある。

この経験はITと企業間連携という映写機で市場に大きく映し出されることになる。

このチャンスを捉えて動くのも。

ただただ今日も「残コン困るね」と嘆くのも。

その人次第。

僕は常に白石とともに動き続けていたい。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/04/28

このページのトップへ

お問い合わせはこちら