長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

Re-con ZERO Spray日本上陸 〜水を使わない生コン工場〜 pt.15

Re-con ZERO Spray日本上陸 〜水を使わない生コン工場〜 pt.15

いよいよ日本に上陸したその化学混和剤は超音波で微粒子化されその雰囲気はドラム内やミキサー内を満たすことによって付着モルタルの水和反応が停止する。荷下ろし後のブレード洗浄は不要となり、生コンスラッジの最大要因残水はなくなる。



Re-con ZERO Spray日本上陸

47328253-7F96-4C50-A702-C49608A556F0.jpeg

20ftコンテナでイタリアから届いたその混和剤の名前はRe-con ZERO Spray。残コン・生コンスラッジ抑制技術シリーズの1は液体バルクタンクで届く。


744B5440-CDB2-426F-A5C6-CDBFFA3CCA98.jpeg

それは、世界大手化学混和剤メーカーMAPEIで製造されている。


4C8EFDFC-EE9F-4A23-BB94-1130243D5FE0.jpeg

この度20パレットが上陸し、来るべき「水を使わない生コン工場」のプロジェクトに供されることになる。



超音波(Ultra Sound)で超微粒子(霧)化する混和剤雰囲気

その雰囲気は循環する。


ドラムの中に一部滞留し、混和剤のタンクに還流し、またドラム内を一定の雰囲気に保つ。

その雰囲気の中で付着モルタルは水和反応を停止する。

その空間(ドラム内など)はホロなど簡易なもので密閉される。

ドラム内部やブレードなど付着モルタルが固化しがちな箇所も水で洗浄する必要がない。

戻ってきたら「残水カット」の「残水」がないため、そのまま積み込み。


・荷下ろし後洗浄

・残水カット


この2つの作業がなくなることで、15分程度の時短が見込まれる。

仮に4回運ぶとしたら1時間/人の時短だ。

早く家に帰れる。

もっとたくさん仕事できる。

どちらのニーズにも可能性が開ける。


そのプロジェクトは今始まった。


詳しくは8月7日のイベントでMAPEIや有志生コン工場らから発表される。

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/87co2.html



生コンでいいこと。

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/07/20

このページのトップへ

お問い合わせはこちら