長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「ノルウェーSvenからの手紙」北欧式残水処理システム

「ノルウェーSvenからの手紙」北欧式残水処理システム

残コンサミットで水で洗わないドラム洗浄を披露したノルウェーからの使者Svenから近況の知らせがあった。国際的に並行して進む残コンソリューション開発。日本の処理システムが北欧で進化しようとしている。
http://www.nr-mix.co.jp/topics/co22.html



北欧式残水処理システム構想

Good evening Mitsuya-san,
I have a question for you:
We are looking to make a similar system for sludge dewatering as your system with concrete pools in Nagaoka.
But in this case we would start with steel containers.
Could you please have a look at my attached sketches in powerpoint to see if you think this would work?
I have a meeting tomorrow with designers to make detail drawings.
Thank you very much for your input.
Hope to see you soon in Norway or Italy :-)

(Svenからの便り原文)



C5F23F23-6E42-4EE1-93E3-4BC587DF5394.jpeg

残コン処理システム(生コンポータル)の初期皇帝では写真のような設備を用いて残水(あるいは洗浄水)の水を搾る。

Svenさんのアイディアはこのコンクリート製プールを鉄の箱に置き換えることができないか?というもの。


2EA99420-4212-47F1-89A4-3D6856BF7797.jpeg

Oppsamling am slamvanがなにを意味するのか不明だが、日本では現場でよく見かける廃棄物用のコンテナを利用しようとするものようだ。


0571F5C8-DBC1-4448-9259-0FDA29BE0BE5.jpeg

残水から水を抜き出すための機構の検討。



コンテナを流用することで導入をより簡便にする取り組み。

これが国際オープンイノベーションの醍醐味だ。

アイディアは最も近い人が自由に挑戦することができる。

誰かの決済やりん議を待つ必要はない。

「面白い」

という動機付けだけが必要。

Svenさんのように日本で見聞したことを足がかりに帰国後早速挑戦をする。

その挑戦は即インターネットで国際的に共有される。

そして、フィードバックを得られる。

この時代に生きていることを幸福に思う。


鉄箱(廃棄物用コンテナ)で仮にコンクリート製のプールの代用ができるとなれば、これは非常に導入障壁が低くなることを意味する。

残コン処理システムがより身近になる。

そのアイディアはノルウェーからもたらされることになる。

僕も、そしておよその日本の生コン関係者はノルウェーに縁もゆかりもないだろう。

非常に不思議な時代に僕たちは仕事をしている。


今後の発展を見守りたい。

そして、日本でも。

現場に甘んじることなく、アイディアは即実行という姿勢を貫いていきたい。

世界は狭い。

残コンはもはや問題ではなくなる。

誰もが目を輝かせて取り組む楽しい課題なのだ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/09/05

このページのトップへ

お問い合わせはこちら