長岡生コンクリート

「お墓工事にインスタント生コン」 楽・プレミックス・袋・石材店

「お墓工事にインスタント生コン」 楽・プレミックス・袋・石材店

お彼岸も終わり暖かくなってきましたねー。

などとはじめてみる。

僕はお墓参りを結構大切にしてて、

ランニングのついでに先祖が眠る墓を参ったり、

仏壇や地蔵やらを見かけたらとりあえず手を合わせたり、

まあ、その程度の信仰心を持っている。

夏がやってくる。

一斉に草木が繁茂し始める夏。

昨年も汗びっしょりかきながら家族で草むしりを行った

大抵墓地は不便なところにある。

都会の一等地がすべて墓地です

なんてことがあり得ないのと同じように、

基本は人里から離れ山間とか道がないようなところにあるのが相場だ。

botiyouti.jpg

※こんな感じか


先日地元の由緒正しき寺を眺めていたら、

セメント袋と砂利砂の袋と道具をたくさん背負って、

大変そうに斜面をよじ登る石材工事店の作業員の方々を見かけた。

「俺生(おれなま)あるのになー」

と思いながら。


きっと僕が20代の体力有り余る若者(いまだに若者ではあるが)なら、

斜面をかけていって、

「○○石材さん!長岡生コン宮本と申します!以後お見知りおきください」

なんつって名刺交換をし、

やにわに、

「俺の生コン便利っす!インスタント生コンす!」

などと押し売り営業をしていたことだろう。

そう考えると、重そうによじ登っていた石材店の皆さんには、

申し訳ないことをしたような気がする。

○○石材さん、僕が若くなくて済まなかった。ごめんなさい。


今年のインスタント生コンは一味違う。

OEM供給元の陽光物産によれば、

「プレミックスタイプ」

となるため、現場での練手間が極端に減少する。


動画のそれは材料がわけて入っているため、

現場でスコップなりミキサーなりで製造するのに多少時間がかかる。

そういう意味ではものすごく楽になった。


IT戦略に力を入れすぎてふと気づいたこと。

生コンをはじめ建築・土木資材に携わっている人たちにとって、

FAXが今も最大のコミュニケーションツール

LINEだメッセンジャーだとインターネッツにがんがん情報発信しとりますが、

FAXって実は盲点なんじゃね?

みたいなことを最近長岡生コンでは議論沸騰中である。


とりあえず、地元石材店さんから始めてみる、

ファックスDM

「お墓工事にインスタント生コン」

やってみて結構評判が良かったら、

GNNの仲間の地域にも水平展開してみようと思う。

やっぱ、無駄な苦労を取り除くのも僕たち供給者の責務。

生コンで苦労・不幸になる人を0にしたい。

そんな気持ちでやっています。


宮本充也


※さらに!GNNではインスタント生コンの他に、水たまりのできない生コン「ドライテック」を展開しています。お墓参りに行ったとき雨降ってたなんてとき、水たまりがないととても楽だし安全だしおすすめ。ドライテックのインスタント生コンも発売しました。

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/04/11

このページのトップへ

お問い合わせはこちら