長岡生コンクリート
いつのまにか誰にも知られず埋め戻される「流動化処理工法」

「井戸をそのままにしておくと何がダメなの?」身近になった(残渣式)【流動化処理土】の効果

「井戸をそのままにしておくと何がダメなの?」身近になった(残渣式)【流動化処理土】の効果

現場着いたら監督さんに「いつもNR times見てます」とご挨拶頂きました!うれしいですね!(池上さん)。こちらは井戸の埋め戻し現場で、埋め戻し後基礎が立つ予定。径10cm深さ17m。3mの所まで水位あり、徐々に沈み1時間経過、時間切れでとりあえず回りを満タンにして終了(再掘削可能のため)



新築する前に井戸は埋め戻しておこう

D2F57B01-6FAA-4522-8F99-77D5B53943A0.jpeg

こちらは新築前に問題となっていた「井戸」。



なぜ、井戸をそのままにしておくといけないのか?

「家の下に昔使われていた井戸があります」

なんとなく、怖い。

気持ちがいいものではない。

貞子が出てきそう。

そんな心理的な問題もあるが、実際的な問題もある。


沈下。


地盤に空間があることは、その上に荷重(例えば住宅の重さ)が常態的にかかる場合その重さで井戸が圧壊、空間の容積分下がることによる沈下。

の懸念がある。

貞子も怖いけど、こちらも怖い。

そのため、新築工事前にはその井戸を埋め戻しておく必要がある。

その埋め戻しに求められる条件は、

・きちんと充填されていること

・基礎地盤と同等の強度があること



5896F6D6-C6E6-498B-A541-EDCC653D41B3.jpeg

(残渣式)流動化処理土の投入開始。


3C28F937-941B-4A4C-B21B-AD1B3C9BCF71.jpeg

地下水位があるため徐々に沈んでいく。


A5FAF23E-6FCA-4C89-8112-90D45A2FA46A.jpeg

グランドレベルまで打設したら完了。



こんなに簡単に正確に早く埋め戻せる材料は他にない。

博多駅前陥没事故で一躍名を馳せた流動化処理土。

実は担い手の多くは生コン屋さん。

ぐるぐる街角を走る生コン車がその材料を現場にお届けしている。

もしこんな悩みでお困りだったら。

相談しよう。

生コンポータル。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/06/03

このページのトップへ