長岡生コンクリート
メッシュ筋敷設不要のメッシュレスコンクリート「筋生」

「末端の人たちは泣いている|ワイヤーメッシュ」

「末端の人たちは泣いている|ワイヤーメッシュ」

ワイヤーメッシュ代だけ。建築外構駐車場土間コン打設で看過されがちな設置手間。事実、かさばるワイヤーメッシュの現場への納入や結束線を用いた作業、腰をかがめた長時間にわたる作業。末端の人たちは泣いている。
http://www.nr-mix.co.jp/mesh/blog/pp.html



末端の人たちは泣いている

当社透水性コンクリート事業担当のまさつぐ。

見学会にお越しの方なら強烈なキャラクターの印象を持たれていると思う。

とにかく、

「何言ってるかわからない」

という強みを武器に全国に透水性コンクリートの普及に勤しんでいる。

DC9B375A-0B15-41D6-B665-5DBA627E6182.jpeg

※WEB上でぷかぷかしているまさつぐ


そんなまさつぐは元エクステリア外構工事店の従業員だった。

その時の経験で知っていること。

ワイヤーメッシュを用いる土間コンの施工手間は原価に反映されない。

だから、

現場にかさばるワイヤーメッシュを持ち込むことも、

実際に腰を屈めて現場で敷設(長時間)するその作業も。

生コン打設中足元が不安定でおぼつかないそのストレスも。

原価には反映されていないのである。

辛い思いをしたら、その分コストとして反映する。

これが普通のはずなのに。

残コンと同じくそのストレスは看過される。

無視される。

しわ寄せられる。



嫌なイメージの温床「ワイヤーメッシュ敷設」

生コンでいいこと

を標榜する生コンポータルは常に、

生コンでいやなイメージのものの解決策を探している。

生コンといえば?

いろんな人に尋ねるとネガティブな声が返ってくる。

・とにかく手間がかかる

・1日仕事になる

・出来型管理が難しい

・クレームや指摘事項の温床

事実僕たち生コン工場は生コンをお届けして、

「ありがとう」

と言われる回数よりも、

お叱り(「天使の声」と呼びならわしている)をいただく回数の方が多い。

これは、生コンが「半製品」であることに起因している。

建設現場では大半が出来合いのものを現地で組み立てるように、

ある程度エラーが起きづらい簡素化されたプロセスになっている。

なのに、生コンだけが「どろどろ」の状態で現地で成形される。

天候や交通渋滞、生コン原料のコンディションほか、

変数だらけの環境でその作業は行われる。

このため、「生コン」はネガティブに捉えられることが多い。

中でもワイヤーメッシュはネガティブランキングがあったら確実に上位だ。



ネガティブをポジティブに「撒くメッシュ」

萩原工業が開発したPP繊維を施工の真っ最中にm2/900gを、

「撒く」「蒔く」「まく」

8EA4DA42-4E57-441D-8C1A-B9BE8C3FD8FE.jpeg


このことで、

・かさばるワイヤーメッシュの持ち運び→20kg袋(22m2分)の持ち運び

・事前のワイヤーメッシュ設置(サイコロ設置)→施工中の「撒く」作業

・コストは同等

さまざまなメリットが享受できるようになる。

これからのメッシュはPPを持ち運ぶことになるのだ。


末端の人たちは泣いている。

残コンやはつりなど、建設生コン全般に残る悪習。

こうした悪習を解決できる策がわかっているのなら。

勇気を持って変化すべきだと思う。

いつまでネガティブな生コンに甘んじているの?


生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/06/23

メッシュの要らない土間コン「筋生」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ