長岡生コンクリート
メッシュ筋敷設不要のメッシュレスコンクリート「筋生」

「配筋が面倒くさい??」メッシュレスが生コンの常識を変える

「配筋が面倒くさい??」メッシュレスが生コンの常識を変える

もしも面倒くさい配筋がなくなったとしたら...?
この頃の建設業界の関心事「人手不足」の解消はもちろん
工期短縮も可能になる!
工期に追われがちな生コン打設に今、光が当たる



「いつまでワイヤーメッシュに苦しむの?|メッシュレスコンクリート」


 

土間コン打設前の『配筋敷設(ふせつ)』

僕自身やったことはないのだけれど、そんな僕だって見たら分かる。

「配筋が面倒くさい!」

絶対に面倒くさい。

敷設することが面倒くさいだけじゃない。

生コンの打設は、終始この写真のような足場の上で作業をしなくてはならない。

配筋トップ.jpg

メッシュ筋の下に白い小さな四角いものが見えるだろうか?

これは『サイコロ』と呼ばれるコンクリートブロック(スペーサー)
ワイヤーメッシュの間に差し入れることでメッシュ筋の間隔に固定し
構造物の適切な強度を保つ役割をしている。
これにより、メッシュ筋は少し浮いた状態になっているのだ。


だけどこの『サイコロ』のせいで作業員の足場はもう不安定。

しかもその上で生コンを打設せねばならない...。もう超不安定。


思い出してみてほしい。
往年の貴乃花の下半身は非常に安定していた。
曙の強烈な張り手を受けても微動だにしない下半身。

みんな貴乃花だったらきっと悩むことなく普通に生コンが打設出来ただろうなぁ。

(ただ僕も含めて基本みんな貴乃花ではない)
(そして理事会を混迷させるほどのパワーもない)


だから、メッシュ筋は使いたくない。

けれど、メッシュ筋は僕たち業界の常識。

そうなっている。

......『本当』に??


メッシュ筋がなくても生コン打設ができる!

ちょっとこの写真を見てもらいたい。

配筋2.jpg
※あれ...? この土間コンじっくり見るとなんか変......

配筋3.jpg
実はメッシュ筋を敷設しないで生コンを打設してしまっている!

 

配筋4.jpg
※あっという間の施工完了!(現場は
蔵屋鳴沢です)

なんでメッシュ筋敷設しなくてもいいの?

実はこの生コン。仔細に眺めて見ると分かるように、
メッシュの代わりになる材料を配合してある


専門的に言うと、『繊維コンクリート

PP(ポリプロピレン)繊維が生コンに混ざっている、新しい生コンクリートである。
そのPPがメッシュ筋と同じような効果を発揮してくれるのだ。

それにより、面倒くさくて大変な鉄筋の敷設が要らなくなる!


その効果は単に配筋がなくなる、というだけではない。
今の建設業界においての関心事「人手不足」の解消はもちろん、
工期短縮をすることができるのである!

ただでさえ工期に追われがちな生コン打設に光が当たるのだ...!


メリットはまだ終わらない。
重要な『コスト』にだってかかわる話。


工期=コスト

工期=人手


それが業界の常識。
その常識が今、元気で前向きな生コン工場の力で変化しようとしている。


全国には喜んでこの材料を出荷する工場が多くある。
きっといつか全国で当たり前と思われていた土間コンの常識が変化していくことになるだろう。

すでに当工場長岡さくら工場ではそれが現実になりつつある。

「メッシュの要らない土間コン打設」

次世代の土間コンによって、僕たちの景色は少しずつ変化しつつある。


宮本充也
(2018年7月10日 三浦 編集)

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/07/10

メッシュの要らない土間コン「筋生」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

お問い合わせはこちら