長岡生コンクリート
古紙を粉砕することによってできるリサイクルパウダー「セルドロン」
セルロースが水分を吸収することによって新しい可能性がうまれます。

「連帯責任者だ、同じ船の乗組員だ」 浚渫・流用土・セルドロン・自然・公園

「連帯責任者だ、同じ船の乗組員だ」 浚渫・流用土・セルドロン・自然・公園

佃公園

都内には、佃公園のように多くの公園がある。

仕事でよく都内にいる田舎者の僕にはよくわかる。

コンクリートメーカーの僕が言うのもあれですが、

コンクリートジャングルに息が詰まりそうになる。

だから、当然ながら、都民は自然を求める。

そんな癒しを提供するのが佃公園をはじめ、

都内にある多くの公園ということになっている。


富士植木

という江戸時代から続く植木・造園の会社がある。

僕が営業駆け出しのころから通っている企業。

植物を扱っている人たちは建設の中でもとてもあたたかい。

飛び込み営業ですさんだ心をいやすために(?)、

僕は富士植木さんへの訪問は絶やしたことはない。

営業の原点ともいえる大切な顧客の一つだ。


そんな富士植木さんのような会社は営業マンのすさんだ気持ちだけじゃなく、

都民のすさんだ心もいやすお手伝いをなさっている。

つまり、こうゆうことだ。

tsukuda9.jpg

どこでも見れる公園の普通の風景

tsukuda7.jpg

水を抜くとそこにたまっているのは・・・・

tsukuda6.jpg

前回のブログでも紹介した、産業廃棄物の王様「汚泥」がたっぷりたまっている

tsukuda5.jpg

tsukuda1.jpg※グロースパートナーズ土井さん(永遠の弟キャラ)撮影


この、汚泥。

そのまま放置しているとどうなるか?

もちろん、たまりにたまって、最後には、

堀や池が水をためられなくなってしまう。

水があふれてしまう。

ということになる。


この汚泥は前述ブログでも説明しているように、

処理がとっても大変。

だけど、目を背けていたら、都民の安らぎを提供できなくなる。

今回の案件で富士植木さんはセルドロン(瞬間吸水材)の採用に踏み切った。


従来の処理方法を紹介しておく。

・セメント固化材処理

泥土に含まれる水と水和反応を起こし硬化されダンプトラックで搬出可能な状態になり、それらは産業廃棄物として処理をされる。デメリットは1~2日硬化を待たなくてはならないことと、セメント投入により産業廃棄物化されてしまうという欠点がある。

・乾燥ばっ気

専門用語で恐縮だが、ようは単純に天日干ししておいて、乾いたら搬出する。上記セメント固化に比べるとさらに時間を要するという欠点があり、特に都内のようにばっ気乾燥用の場所の確保に窮する場合は向かない。ただし、コストは最も安くなる

・バキュームカーでの搬送

ようは、どろどろの状態でも構わずバキュームカーで吸引してしまって、産廃処理施設にまで運んで片づけてしまう。これは最も費用が掛かるものの、時間は大幅に短縮可能


・セルドロン

まさに、瞬間的に液状の汚泥を乾いた土のように固化することができ、セメントと違ってアルカリ分を含まない(水和反応ではない)ため、産業廃棄物にならない(汚染されない)というメリットがある。つまり、現場で流用(自然体系にある土壌として植栽などに利用)が可能。バキュームカーの速さと、乾燥ばっ気の安全性が両面で得られる、まさにニューマテリアルとなっている。

※参考動画を貼っておく


誰しもが花と緑は好きだろう。

「1日中コンクリートの壁と向き合っていてください」

という指示と、

「1日中草花と触れ合っていてください」

どちらがうれしいかって言ったら、

僕ですら、「花です!」である。


生コンの原料、セメント。

もちろん、これまでも泥土処理のフィールドでたくさん活躍してきた。

ただ、化学組成上残念ながらそのまま自然に戻すことができない。

セルドロンはもともとがパルプ(木)

そのまま土に戻しちゃっても全然かまわない。

そんな偶然生み出されたマテリアルは、

これから都会に住む人たちの安らぎを提供するのにも役立っていく。


そもそもが、コンクリートの分野の技術革新としての、

セルドロン

こう考えると、分野を超えても、いろいろな共同の可能性が浮かび上がってくる。

サンテグジュペリの言葉に、

「なぜ憎しみ合うのか?僕らは同じ地球によって運ばれる連帯責任者だ、同じ船の乗組員だ」

という言葉がある。


コンクリートの専門馬鹿、

パルプの専門馬鹿、

セメントの専門馬鹿、

なんちゃらの専門馬鹿、


そういった近視眼的な発想に陥らずに、

全体最適を優先し滅私奉公を考えた仕事。

そんな仕事を理想としたい。

今の生コン業ではなかなか難しいことだけど。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/03/01

あわせて読むなら!

  • 「JICAとJSTの共同事業に採択|セルドロン 」

    「JICAとJSTの共同事業に採択|セルドロン 」

    「平成30年度、JICAとJSTの共同事業『地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)』」の防災分野において、共同研究者の京都大学大学院・木村亮教授が代表者の研究課題が採択された。当...

    詳しく見る

  • 「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン  」

    「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン 」

    人気番組「鉄腕ダッシュ」に取り上げられることが内定していた瞬間吸水材「セルドロン 」。関係者一同色めき立っていたところにとんでもないある事件が?http://www.gpgp.tokyo/_src/s...

    詳しく見る

  • 「ティッシュを探します|緊急地盤改良」

    「ティッシュを探します|緊急地盤改良」

    ぬかるみは困る。特に雪解けのぬかるみは積雪が常に水を供給し続けるためいつまでたってもぬかるみは乾かず建設作業も捗らない。そんな分野にソリューションが示された。 春の訪れを喜ぶ人たちばかりではない。 ぬ...

    詳しく見る

  • 「建設汚泥が数百円で砕石になる」 ポンプ・残コン・先行モルタル

    「建設汚泥が数百円で砕石になる」 ポンプ・残コン・先行モルタル

    セメントなどとは明らかに違うため、 「セメントより高いじゃん」 というのは筋違いな比較である。 そもそも、 ・瞬時に 流動体を固体に変える技術はこれの他にない。 あるなら、教えてほしいくらいだ。 ない...

    詳しく見る

  • 「130万人を感動させたすごいEco技術」 愛媛・セルドロン

    「130万人を感動させたすごいEco技術」 愛媛・セルドロン

    関係者に聞くとこのスゴeco認定は新技術の登竜門となっているらしい。お笑い芸人にとってのM1とったみたいな感じか。ここで認定されれば県の公共工事に設計スペックされることが約束される。様々なシーンで活用...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ