長岡生コンクリート
古紙を粉砕することによってできるリサイクルパウダー「セルドロン」
セルロースが水分を吸収することによって新しい可能性がうまれます。
お名前
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「さすがだね、福島。」 残コン・生コン・セルドロン

「さすがだね、福島。」 残コン・生コン・セルドロン

さすがだね、福島。

いや、何って、セルドロンが県内である程度認知されている。


今、全国区で残コン技術フォーラムというものを開催している。

昨日で14カ所目の北海道・札幌。

今日は、15カ所目の沖縄県。


目的は残コンという問題を直視してきちんと解決を目指しましょう。


残コンを解決できうる手段(技術)の一つに、

ご存じ、セルドロン、がある。

4年前に開発されて、

GP(グロースパートナーズ)藤井さんをはじめ、

多くの関係者の協力もあり現在普及が進んでいる。

今、注目のマテリアル。


何度も紹介してきたが改めて性能を説明すると、


「瞬間吸水性」


という性能があげられる。


主な用途としては浚渫土などヘドロ等への適用となるけれど、


「流動性を瞬時に失わせる」


という性能はもちろん流動性のある残コンへの適用も可能としている。


この材料、冒頭にも書いたが、

さすが、福島。

実は、セルドロン、除染用途として福島で数多くの実績を挙げている。

その立役者は丸仲建設遊佐代表。

ご当地で行政をはじめとする関係先への周知活動をけん引した。


この度、金堀重機さんが残コン技術フォーラムに共感いただき、

残コン文脈においてセルドロンを福島県の生コン関係者に案内することになった。

以下は県内の建設関連新聞の記事。


20623383_1018572234911775_252881390_o.jpg


さすが、福島。

いろいろ残コン技術のソリューションがあるのに、

それらはさておきすでに認知が進んでいるセルドロンを大々的に報じている。

さすがだね、福島。


それにしても、建設製品の普及に10年以上携わっていると、

いろいろ思うところが多い。

製品・用途は限定してはならない

そんな風に思う。


このセルドロンなんてわかりやすくて、

「これは残コンを改質するための製品です」

という風に限定してしまえば、

除染やヘドロ改質などへの可能性を自ら摘んでしまうこととなる。


製品や技術というのは必要に対して手段として存在する。

だから、自ら可能性を決めつけて消してしまうのではなくて、

顧客が何を求めているかを真剣に見詰めて考えて、

自分ができること(手段)の中でどの機能がそのニーズを満足できるか。

このような考え方が必要なんだと。

(マーケットインなどと言ったりする)


そう考えると、

生コン

70年近く産業としては反映し、

水の次に流通する材料

等といわれ汎用性が認められている材料。


生コン屋は生コンを練ってりゃいい。

もしかしたら、その考え方も見直さないとならないのかもしれない。

生コン屋が持っている機能を適正に認識し、

社会・時代が要請していることを見極める。

すると、新しい僕たちの可能性が浮かび出てくるのかもしれない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/08/03

あわせて読むなら!

  • 「JICAとJSTの共同事業に採択|セルドロン 」

    「JICAとJSTの共同事業に採択|セルドロン 」

    「平成30年度、JICAとJSTの共同事業『地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)』」の防災分野において、共同研究者の京都大学大学院・木村亮教授が代表者の研究課題が採択された。当...

    詳しく見る

  • 「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン  」

    「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン 」

    人気番組「鉄腕ダッシュ」に取り上げられることが内定していた瞬間吸水材「セルドロン 」。関係者一同色めき立っていたところにとんでもないある事件が?http://www.gpgp.tokyo/_src/s...

    詳しく見る

  • 「ティッシュを探します|緊急地盤改良」

    「ティッシュを探します|緊急地盤改良」

    ぬかるみは困る。特に雪解けのぬかるみは積雪が常に水を供給し続けるためいつまでたってもぬかるみは乾かず建設作業も捗らない。そんな分野にソリューションが示された。 春の訪れを喜ぶ人たちばかりではない。 ぬ...

    詳しく見る

  • 「建設汚泥が数百円で砕石になる」 ポンプ・残コン・先行モルタル

    「建設汚泥が数百円で砕石になる」 ポンプ・残コン・先行モルタル

    セメントなどとは明らかに違うため、 「セメントより高いじゃん」 というのは筋違いな比較である。 そもそも、 ・瞬時に 流動体を固体に変える技術はこれの他にない。 あるなら、教えてほしいくらいだ。 ない...

    詳しく見る

  • 「130万人を感動させたすごいEco技術」 愛媛・セルドロン

    「130万人を感動させたすごいEco技術」 愛媛・セルドロン

    関係者に聞くとこのスゴeco認定は新技術の登竜門となっているらしい。お笑い芸人にとってのM1とったみたいな感じか。ここで認定されれば県の公共工事に設計スペックされることが約束される。様々なシーンで活用...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ