長岡生コンクリート
リサイクルパウダー「セルドロン」
古紙を粉砕することによってできるリサイクルパウダー「セルドロン」
セルロースが水分を吸収することによって新しい可能性がうまれます。

「イットじゃないの!いっ・・・!」 セルドロン・四国・地盤調査・地盤改良

「イットじゃないの!いっ・・・!」 セルドロン・四国・地盤調査・地盤改良

本当に新聞回りがざわついている。

まるで映画もののけ姫の一場面のように。

新聞回りがざわついているのである。

何言ってるかわからないかもしれない。

何を隠そう僕自身が何を書いているのかわからないのだ。

生コンブログの始まりである。


やったぜ、セルドロン。

快挙だね。

四国最大手

である。

四国といえば、死国である。

逆打ちである。

ではない。

愛媛、徳島、高知、香川をまとめた地方のことを四国と呼んでいる。

そこで一番大きな地盤調査・地盤改良の最大手だ。

知らないで会話してた。

失礼があったらその節はすんません。


まじ、なんか、これ、すごくない?


四国最大手がセルドロンを取り扱うと堂々と新聞が報じているのである。

四国最大手ってことは、

四天王と何らかの因果関係があるのだろうか。

おそらくないだろう。

話を進める。

以前紹介したように、

セルドロン

愛媛県の県産品登録が発表された。

つまりこの材料を利用すると県から褒めてもらえるのだ。

すごい。


東昇商事

チェック、イット、アウトだ。


ちなみに今市営プールの待合所でブログを書いている。

隣の母子が英語の勉強をめっちゃしている。

お母さんめっちゃこわい。

小学校4年生くらいだろうか。

英語の発音が悪いといってめっちゃ叱られている。

これじゃやる気なくすだろうと少し心配だ。

「イットじゃないの!いっ・・!(テキストで表現しづらい)」

「あんたは舌が長いから特に気をつけなきゃいけないの!」

「なんでわからないの!!」

あーあ、きっとこの子は英語が嫌いになるだろう。

かわいそうなことだ。


ついつい別の話題にそれてしまうのは、

僕が今日夏バテであることと何らかの因果関係があるだろう。


本当に新聞回りがざわついている。

今度は四国最大手の地盤調査・地盤改良会社だというではないか。

きてるね、セルドロン。

やったね、セルドロン。

もう、止まらないね。

いっちゃえ!

そういえば、メーカーGPの社長は英語ぺらぺらだったな。

どうでもいいけど。

それではこの辺で、セルドロンいたします(最近はやり始めた)。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/08/24

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「グラウトポンプで打った後|セルドロン」 残コン・処理・残材

    「グラウトポンプで打った後|セルドロン」 残コン・処理・残材

    無収縮モルタルをグラウトポンプで打った後、ホースを洗うために水送りする。その洗い水の処理に検討。流動性がなくなって、土のうに詰めて運べればOK つづけるということはそれだけで価値なんだなあ。 みつを。...

    詳しく見る

  • 「本当にちゃんと処理していますか?」 残コン・現場・処理

    「本当にちゃんと処理していますか?」 残コン・現場・処理

    本当にちゃんと処理していますか? モルタル0.5 東洋建設さんの建築現場でこの度セルドロンが採用された。 モルタル0.5をきちんと処理せねばなるまい。 生コン車に背負わせて帰ってもらう。 それができ...

    詳しく見る

  • 「じゃ、セメント買ってくださいよ、僕から」 セルドロン

    「じゃ、セメント買ってくださいよ、僕から」 セルドロン

    岐阜県の丸河興業に向かっている。 調べによると我が町から5時間はかかる(電車)。 出張の多い仕事ではあるけれど、 移動時間が5時間を超えると、 「なかなか手ごたえあるじゃん」 と感じるものだ。 朝靄の...

    詳しく見る

  • 「今年度が残コン元年」 AIJ・残コン・セルドロン

    「今年度が残コン元年」 AIJ・残コン・セルドロン

    しかしなんというか日曜日くらい休ませてくれよ。 という声が聞こえてきそうな今年のAIJ大会。 なんと、4日間のプログラムの最終が土日。 聞いたことない。 生コンブログの始まりである。 ※3日目の昨日は...

    詳しく見る

  • 「イットじゃないの!いっ・・・!」 セルドロン・四国・地盤調査・地盤改良

    「イットじゃないの!いっ・・・!」 セルドロン・四国・地盤調査・地盤改良

    本当に新聞回りがざわついている。 まるで映画もののけ姫の一場面のように。 新聞回りがざわついているのである。 何言ってるかわからないかもしれない。 何を隠そう僕自身が何を書いているのかわからないのだ。...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ