長岡生コンクリート
リサイクルパウダー「セルドロン」
古紙を粉砕することによってできるリサイクルパウダー「セルドロン」
セルロースが水分を吸収することによって新しい可能性がうまれます。

「日本全国の天井の泥水風船」 浚渫・農業用水・灌漑・アルカリ汚染・ため池

「日本全国の天井の泥水風船」 浚渫・農業用水・灌漑・アルカリ汚染・ため池

土木は人知れず仕事がされる。だから普段あまり「ありがとう」といってもらうことがない。災害が起きた時に救援に携わる仕事は派手だし目立つ。だから、かっこいい、ありがとう、なんて言われる。でも、本当にかっこいいのは、その災害を未然に防ぐ土木業者。


沢山の水風船が天井から吊り下がっている。

あなたはその部屋で生活をしなければならない。

なにかの拍子でぱつんと割れて、

中の水があなたに襲い掛かる。

デートの前で一張羅を身にまとったあなたに、

濁った風船の中の水が降ってくるのだ。

きれいな水じゃない。

沼の底から掬ったような濁った水。

濡れるだけならまだしも、

悪臭を放ったその水が洋服を汚染する。

そんな生活をしたいだろうか?

生コンブログの始まりである。


いや、事実、僕たちはそんな生活をしている。

何言っちゃってんの?

こいつきもいんですけど(事実きもいですが)。

わけわかんない。

そんな水風船が天井から吊り下がってるわけないじゃん。

莫迦じゃないの。

意味わからないんですけどー。

と思うかもしれない。

否、事実、

水風船が天井で割れる以上に、

僕たちの生活は危険にさらされていることを紹介したいと思う。


ため池

国土強靭化計画の中にため池に関する予算がついている。

ご存じだろうか?

ため池に国土強靭化計画?

一般にはあまり知られていないのだろうなあ。

ため池が今危ない。


ため池クライシス

冒頭に紹介したように、

天井から泥水風船が吊り下がっている状態で僕たちは暮らしている。

ため池。

最近洪水が増えた感じがしないだろうか?

この程度の雨であんな激甚災害?

そんなふうに。


指針によるとため池は3分の1以上の容積をヘドロなどが占めてしまうと、

決壊の恐れがある。

専門家の間では常識。

そのため池。

定期的に浚渫を施さなければならない。

少しずつ少しずつヘドロは底にたまっていく。

やがてそのヘドロはため池の容積の3分の1を超過する。

あまり知られていないがすでに3分の1を超過した、

決壊の恐れのあるため池が全国には無数にある。

だから、国土強靭化計画には、ため池の維持管理が盛り込まれている。

洪水被害から僕たちの暮らしを守るためだ。


灌漑用水のため池の浚渫

いわゆるどぶさらい。

これからどぶさらいが全国的に発注されることになる。

そのさらったヘドロ。

通常乾燥ばっ気やセメント系固化材で固化させる。

(QC200以上という指定性能がある)

この固化。

農業用用水などの場合セメント系固化材の使用が禁止される場合がある。

(アルカリ汚染が問題となるからだ)

それならば乾燥ばっ気(天日干し)でいけるか?

現場の条件によってはそんなスペースを確保できない場合もあるし、

固化するまで時間がかかるためNGなケースもある。


25075327_1110784655690532_1443541020_o.jpg

※静岡県伊豆の国市で発注された農業用水ため池浚渫の現場


セルロース系固化材の利用

当サイトでは主に残コン用途で紹介してきた、

セルドロン。

古紙を原料としていてその内容の大半はセルロース。

これが、農業用水のため池浚渫に効果的であることが分かった。

セルロースが成分であるためアルカリ汚染の心配はない。

瞬時に水を吸収するという特徴をもっているためすぐに固化することができる。

周辺環境に対する悪影響もない。

いわば農業用水ため池のためにあるような製品。


伊豆の国市にて発注され地元ジェイ・アイ・エヌさん(お客様)にてご採用いただいた。

今後こうした採用実績は日本全国いたるところで生み出されるだろう。

日本全国の天井の泥水風船。

いつそれが破裂するとも知れない。

ため池の決壊。

僕たちはそんな脆弱な世界で生きている。

土木は人知れず仕事がされる。

だから普段あまり「ありがとう」といってもらうことがない。

災害が起きた時に救援に携わる仕事は派手だし目立つ。

だから、かっこいい、ありがとう、なんて言われる。

でも、本当にかっこいいのは、

その災害を未然に防ぐ土木業者。

僕はそう信じている。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/12/09

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「仕事は辛いもんという嘘|セルドロン」 先送りモルタル・東洋建設

    「仕事は辛いもんという嘘|セルドロン」 先送りモルタル・東洋建設

    東洋建設が発明したイノベーション ※瞬時に流動体の流動性を除去するセルドロンの応用 ※モルタルはもはや流動性を失い今後コンクリートのように硬化することもない "ヒトは自分が何が欲しいかすらわからない生...

    詳しく見る

  • 「日本全国の天井の泥水風船」 浚渫・農業用水・灌漑・アルカリ汚染・ため池

    「日本全国の天井の泥水風船」 浚渫・農業用水・灌漑・アルカリ汚染・ため池

    土木は人知れず仕事がされる。だから普段あまり「ありがとう」といってもらうことがない。災害が起きた時に救援に携わる仕事は派手だし目立つ。だから、かっこいい、ありがとう、なんて言われる。でも、本当にかっこ...

    詳しく見る

  • 「グラウトポンプで打った後|セルドロン」 残コン・処理・残材

    「グラウトポンプで打った後|セルドロン」 残コン・処理・残材

    無収縮モルタルをグラウトポンプで打った後、ホースを洗うために水送りする。その洗い水の処理に検討。流動性がなくなって、土のうに詰めて運べればOK つづけるということはそれだけで価値なんだなあ。 みつを。...

    詳しく見る

  • 「本当にちゃんと処理していますか?」 残コン・現場・処理

    「本当にちゃんと処理していますか?」 残コン・現場・処理

    本当にちゃんと処理していますか? モルタル0.5 東洋建設さんの建築現場でこの度セルドロンが採用された。 モルタル0.5をきちんと処理せねばなるまい。 生コン車に背負わせて帰ってもらう。 それができ...

    詳しく見る

  • 「じゃ、セメント買ってくださいよ、僕から」 セルドロン

    「じゃ、セメント買ってくださいよ、僕から」 セルドロン

    岐阜県の丸河興業に向かっている。 調べによると我が町から5時間はかかる(電車)。 出張の多い仕事ではあるけれど、 移動時間が5時間を超えると、 「なかなか手ごたえあるじゃん」 と感じるものだ。 朝靄の...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ