長岡生コンクリート
古紙を粉砕することによってできるリサイクルパウダー「セルドロン」
セルロースが水分を吸収することによって新しい可能性がうまれます。
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「お高く留まっておくべき」 乾燥ばっ気・浚渫・残コン・泥土・環境・減容化

「お高く留まっておくべき」 乾燥ばっ気・浚渫・残コン・泥土・環境・減容化


粉塵さえなければ。

日本中どこでも利用できるようになるだろう。

ただ、日本中どこでも利用される必要はないと思う。

そんなに爆発的に普及してしまうと、

供給が間に合わない

目に見えているのだ。

2月22日にとある県(まだ名を伏せる)で正式に認定製品となり、

公共物件にスペックインが進むことになる。

さらに、

以前より除染などで用いられてきた福島でも使用が進んでいる。

この時点で供給(製造)が不安になっている。

つまり、いつまでたっても汎用品たりえない。

そんな製品。

だから、最も付加価値の高い場所に適用されるべき。

そんじょそこらの土壌改質につかったらもったいないのだ。

言葉は悪いが「お高く留まっておくべき」製品なのだ。


土壌(アルカリ)汚染が許されない

ばっ気(乾燥させる)のためのスペースが確保できない

すぐに固化させる必要がある


絶対無二の状況にこそ利用されるべき価値。

そんじょそこらの普通の案件にひょいひょい利用されると逆に価値がさがる。

最近そんな風にさえ思う。


今回採用された現場は静岡県伊豆の国市。

灌漑用水のため池の浚渫(どぶさらい)に採用された。

灌漑用水なわけだからもちろんアルカリ汚染は許されない。

さらった泥土(ヘドロ)を乾燥ばっ気するだけの時間的猶予もない。

困った発注機関から白羽の矢が立った。

セルドロンで改質

乾燥ばっ気に要する2週間とか4週間の時間を白い粉で置き換える。

その白い粉はセルロースが主成分だからアルカリ汚染はない。

映像にもあるように瞬時にさらさらな乾燥土に変容する。

(JIN、正治組)


このところハウスメーカーからの熱視線が寄せられている。

住宅建設現場で発生するセメントやモルタルの混入した泥土。

これらの処理は杜撰(ずさん)である場合がある。

統制が取れていない。

六価クロムなど世間の環境に対する目は年々厳しくなる。

そこに、セルドロン。

これまで適正に処理した場合とコストの面でも10分の1以下まで圧縮。

その場でさらさらに取り扱いのしやすい状態に変容させることができる。

路盤として建設現場内で還元することもできる。

小量の使用であるため粉塵も問題にならない。


粉塵さえなければ。

そんなコメントは売れない理由でしかない。

売れない営業マンはそうした目だけは早い。

セルドロンが輝く場所は確実にある。

逆に言うと、その場所ではセルドロンしか輝けない。

お高く留まりつつ、謙虚に。

この価値の普及に貢献したい。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/02/07

あわせて読むなら!

  • 「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン 」

    「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン 」

    人気番組「鉄腕ダッシュ」に取り上げられることが内定していた瞬間吸水材「セルドロン 」。関係者一同色めき立っていたところにとんでもないある事件が?http://www.gpgp.tokyo/_src/...

    詳しく見る

  • JICAとJSTの共同事業に採択!『セルドロン』

    JICAとJSTの共同事業に採択!『セルドロン』

    平成30年度、JICAとJSTの共同事業『地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)』の防災分野において、共同研究者の京都大学大学院・木村亮教授が代表者の研究課題が採択された。当該事...

    詳しく見る

  • 「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン  」

    「幻の鉄腕ダッシュ|セルドロン 」

    人気番組「鉄腕ダッシュ」に取り上げられることが内定していた瞬間吸水材「セルドロン 」。関係者一同色めき立っていたところにとんでもないある事件が?http://www.gpgp.tokyo/_src/s...

    詳しく見る

  • 「ティッシュを探します|緊急地盤改良」

    「ティッシュを探します|緊急地盤改良」

    ぬかるみは困る。特に雪解けのぬかるみは積雪が常に水を供給し続けるためいつまでたってもぬかるみは乾かず建設作業も捗らない。そんな分野にソリューションが示された。 春の訪れを喜ぶ人たちばかりではない。 ぬ...

    詳しく見る

  • 「建設汚泥が数百円で砕石になる」 ポンプ・残コン・先行モルタル

    「建設汚泥が数百円で砕石になる」 ポンプ・残コン・先行モルタル

    セメントなどとは明らかに違うため、 「セメントより高いじゃん」 というのは筋違いな比較である。 そもそも、 ・瞬時に 流動体を固体に変える技術はこれの他にない。 あるなら、教えてほしいくらいだ。 ない...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ