長岡生コンクリート
最新情報
生コンポータルサイトブログ&FAQ 最新情報

生コンでいいことコンクリートで不幸になる人を0に

サービス 見積依頼 コメント
お 名 前 メール 購入希望 担当者からの連絡を希望しない
  • 「どこかの地域の特別な材料なんかじゃない!|透水性コンクリート」

    2018/07/21「どこかの地域の特別な材料なんかじゃない!|透水性コンクリート」水たまりのない駐車場

    リピーターのお客様。きっかけはセミナーと見学会参加。植木の撤去と駐車場整備において「水はけ」が問題となった。一度施工は経験されているため採用に躊躇はなかった。集水桝を天端より低く設置してその上に透水性...

    詳しく見る

  • 「絶対変だよ! 土間コンのサンプル|透水性コンクリート」

    2018/07/21「絶対変だよ! 土間コンのサンプル|透水性コンクリート」水たまりのない駐車場

    「サンプルください」これが口癖になってしまっている。建築材料の常で提供が当たり前になっている「サンプル」という存在。壁材などの意匠系製品ならまだしも「土間コン」のサンプルってある?後を絶たないサンプル...

    詳しく見る

  • 「250億円の市場が生まれる|残コンスラッジ」

    2018/07/21「250億円の市場が生まれる|残コンスラッジ」残コンリサイクル

    生コン工場は生コンを作る存在。骨材メーカーは骨材を、セメントはセメントを、そして、残コンスラッジは・・・。饅頭屋があんこをつくるようなもの?残コンスラッジはそれだけで専業化すべきなのか?http://...

    詳しく見る

  • 「富永健作じゃん!! ベンチャー支援対象決定のテーマは?」

    2018/07/20「富永健作じゃん!! ベンチャー支援対象決定のテーマは?」残コンリサイクル

    数年前のある日突然見知らぬ沖縄出身の人(富永さん)から長文の熱いメールをもらったことを思い出す。時空を超えて彼の起業したリプルは今ベンチャー支援対象のビジネスモデルとして採択された。 散々慰留したビジ...

    詳しく見る

  • 「目的?手段? GNNってなんだっけ?」

    2018/07/20「目的?手段? GNNってなんだっけ?」生コンブログ

    GNN(http://genki-namakon.net/)を通して親交の深い横浜東伸コーポレーション(廣藤社長)のプラントデザインリニューアルに駆けつける。GNNが生コン産業にもたらしたこと。そして...

    詳しく見る

  • 「60t級やトレーラーが載っても問題のない透水性コンクリート」

    2018/07/20「60t級やトレーラーが載っても問題のない透水性コンクリート」水たまりのない駐車場

    よくある質問に「車両はどのくらいまでOKなの?」。コンクリート舗装の常識として曲げ強度よりも版厚が重要。これまで25cmの厚みの実績もあるが、このほど新築リニューアル72期目を迎える老舗小泉木材エント...

    詳しく見る

  • 「いくらかかるの?出張見学会|透水性コンクリート」

    2018/07/19「いくらかかるの?出張見学会|透水性コンクリート」水たまりのない駐車場

    生コンポータルでは毎月10回以上(目標は25回毎日)全国のどこかで透水性コンクリートの見学会を開催している。「うちの展示場に透水性コンクリートを施工したいんだけど」そんな時には出張見学会がおすすめ!実...

    詳しく見る

  • 「今日は富士宮、明日は埼玉、来週は茨城と三重|透水性コンクリート見学会」

    2018/07/19「今日は富士宮、明日は埼玉、来週は茨城と三重|透水性コンクリート見学会」水たまりのない駐車場

    今日は富士宮、明日は埼玉県、来週は茨城県と三重。止まらない透水性コンクリート見学会の嵐。見学会開催希望も受け付けている。まさつぐ(見学会担当)をめちゃくちゃにして!一度体験すればわかる透水性コンクリー...

    詳しく見る

  • 「よくある質問FAQ|透水性コンクリート」

    2018/07/19「よくある質問FAQ|透水性コンクリート」水たまりのない駐車場

    ①デメリットに挙げてある「表面がザラザラ」とはどの程度なのでしょうか?②土ぼこりがすごいのですが土がついた場合はどうなのでしょうか?③浸透した水によって土台が柔らかくなったりしないのでしょうか? 表面...

    詳しく見る

  • 「砂漠の祈祷師とブロック塀診断士」

    2018/07/18「砂漠の祈祷師とブロック塀診断士」生コンブログ

    大阪北部地震で改めて注目されているブロック塀の危険。日本はいつもそうだが「問題が起こってから慌てる」文化は治りそうもない。身の回りにいる人が日頃から訴える主張に耳を傾けてみよう 砂漠の祈祷師とブロック...

    詳しく見る

このページのトップへ