長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

「AIで生コン性状判定」鹿島・初期欠陥のリスク排除(コンクリート新聞)

ICT、そしてAIの波が建設、生コンにも押し寄せる。スーパーゼネコンの一角鹿島建設が発表した「AIで生コン性状判定」。



コンクリート・アイで生コン全工程可視化

312C400A-75B9-48A7-84BC-57D8846EEE64.png

(出典:コンクリート新聞)



動画像を分析。IoTとの接続は?

動画像の分析といえば昨年太平洋セメントがリリースした技術が記憶に新しい。

71D44AE6-7604-4D6C-918C-418CF83C6B57.jpeg

(出典:https://www.taiheiyo-cement.co.jp/news/news/pdf/190523.pdf


いわゆる、AIによるいわゆる「パターン認識」という機能を活用した技術。

成否を占うのは教師データと呼ばれる、

「これは、犬ですよ」

「この場合は、猫です」

「耳が長い場合はウサギです」

といった動画像のパターンと、それぞれの「犬」「猫」「ウサギ」といった答え(教師データ)を何万通りも紐付ける作業だ。


カメラに映し出されたその生コン。

「これは、スランプ18cmですよ」

「この場合は、8cmです」

「これは21cmです」

上述のようにそれぞれの動画像と実際のスランプ(あるいはRI水分計の示す値)と何万通りも紐づける。

そうすることでさながら熟練の技術者が目視で「これちょっとやわらかいな」と判断できるように、カメラを通してAIがその生コンの品質を適宜判断する。

これが、AIによる生コンパターン認識という技術。

鹿島は2024年全工程可視化を目標にコンクリート・アイというシステム構築に向けて舵を切った。


誌面からは詳細は不明だが太平洋セメントとの協業はあるのだろうか。

はたまた、教師データの提供という意味ではCommand Alkonのセンサーも有力な協業が模索できるはずだ。

29914FF1-27F4-413C-9D0A-1E6472CF530B.jpeg

(出典:https://www.taiheiyo-cement.co.jp/news/news/pdf/190523.pdf

適時生コンのボリュームとスランプ、温度などのデータが取得され蓄積される。

上述コンクリート・アイとの組み合わせでドラム内部生コンの可視化も進むことが期待される。



こうした技術が敷衍する鍵。

あらゆる技術がそうであるように、こうしたICT×生コンといった技術も普及の成否は関係諸団体の協力にある。

つまり、生コン産業の協力だ。


今回新聞発表された内容はあくまで現場で生コンサイドの協力無くカメラで計測されるといったもの。

つまり、ゼネコンの自主的な努力。

今後原材料の管理工程から、製造、運搬、荷下ろし、打設、養生といった全ての工程にICTを導入するとなった場合ゼネコンの自主的な努力だけではプロセスは完成しない。

いつも主張していることだが技術単品では全体最適は完成しない。

プロセスに立ち会う全ての当事者の認識が同一のベクトルに向く。

パラダイムシフトが鍵となる。



そうはいっても、点での技術革新はとても重要だ。

プロセス全体が動くためにはそれぞれの点における技術革新があって、それらが集積された上で起きるパラダイムシフト(産業の再定義)があってこそ次のステージに移行することができる。

生コン産業を眺めていると、

「伝票の電子化なんか二度手間だ!」

「国交省の口車(i-Construction)には乗せられないぞ!」

と惨憺たる状況が見受けられる。

ただ、そうした向きもあと10年もすればご勇退。


それほど多くはないもののWEB上や業界内に散らばっている若く意識の高い技術者たちの発信を仄聞するに、今最も大切なのはその時が来るまであきらめず点である一人一人が技術革新を継続することだと改めて思う。


こうした技術がプロセス全体、そしてラストマイル一人一人に喜び(時短や手間のカット)をもたらすはず。

新しいトレンドに常に敏感でいたい。



宮本充也

【富山】「残コンソリューションの統合が拓く新市場」生コン屋さんのジェットコン

富山のあづまコンクリート工業では世界中の残コンソリューションが集結し「生コン屋さんのジェットコン」という新たな取り組みが創造されている。単一の技術ではなく、テクノロジー群が拓く新市場。



残コンソリューションの統合が可能にする「生コン屋さんのジェットコン」

B0DC6499-D416-4D3A-9020-1629D7662943.jpeg

あづまコンクリート墨田さんからのメッセンジャーグループでの共有。


⚫︎アクアセッタークリーン(粘性除去材)

⚫︎Mapeclean Recycler(付着モルタル安定剤)

⚫︎Re-con ZERO Evo(残コン改質材)

⚫︎Re-con ZERO Spray(化学混和材)

⚫︎その他残コンに関する全ての技術


今、富山県には国内外問わず、「残コン」に関する技術(ノウハウ)や製品が集結している。

それらテクノロジー群を背景に生コン屋さんのジェットコンのテストバッチは繰り返される。



なぜ、生コン屋さんでジェットコンが練れないのか?

1m3あたり15万とか20万とかすごくうらやましい生コンのように見える。

通常の生コンは15,000〜20,000円とか。

それを10倍の金額でも買っていただける。

なぜ、生コン屋さんがそれを仕事にしないのか。

車も製造設備もあるのに勿体無い。

自分たちでも練ってみよう。

スタート地点だった。


北陸でこの取り組みの実現に最も近い生コン工場。

あづまコンクリート工業では長年ファセットの製造販売に協力してきたノウハウがある。

この工場、何事にも前向き。

毛利専務のリーダーシップを協力に支える墨田さんをはじめとした職員の皆さん。

通常の生コン工場では、


「なんかめんどくさそう」

「組合が物件振ってくれるのになんでそんな無理するの?」


という反応が予想される中、あづまは違う。

常にその瞳は可能性の方を向いている。

6時間で24Nのファセットができたんだ。

3時間で24Nのジェットコンだって生コン工場で製造・出荷できるはず。


試験練り後の水洗浄の様子。



鍵は残コン(ドラム内付着モルタル)の処理となる。

何故、生コン工場だとこれまで製造されてこなかったのか。

その理由をあづまコンクリートは「残コン」と見ている。

製造と運搬まではできる。

そして、荷下ろし後さながら「つるべ落とし」のように猛スピードで硬化してしまう。

そして、3時間で24Nの強度発現。

工場に戻ったときにはカチンコチン。

これが生コン工場でジェットコンを製造できない(とされている)理由。


今やITは世界中の生コンラストマイルを適時結びつける時代。

国籍を問わず関心を持つ技術者は即時適時情報を共有できる。

そして、「生コン屋さんのジェットコン」についても。

この取り組みにあらゆる知恵が寄り添っている。

「生コン屋さんでジェットコン練れたらいいよね」

共感する全ての人がつながる。

集団的知性と実践が始まる。


1ヶ月にたった100m3製造しただけで2,000万円の売り上げになる。

普通の生コンで2,000万円の売り上げを創るには大変な時間がかかる。

人口は急減し大都市は別として地方の生コンはますます冷え込む。

今立ち上がらなければ生コンはますます求められない閉鎖的で縮こまった産業になってしまうだろう。

それはラストマイルにいる僕たちにモロに影響する。

当事者は僕たちだ。

そんな1であるあづまコンクリート工業の挑戦は1月31日に実寸大で実験されることになる。



宮本充也

「誤解してない?冬場の超流動生コンのこと」ブリーディング・水セメント比

冬を迎えて今年秋にリリースした超流動生コンの出荷がひと頃よりも落ち着いた。関係者一同「?」だったところに意外な現場からのご意見「柔らかいと水引きが遅くなりそうで躊躇しちゃう」。ちがうちがう!それって完全な誤解です!!冬場でも変わらない超流動生コンの真実。



超流動生コンの配合について

驚異的な流動性で作業手間を飛躍的に圧縮する超流動生コン。

誰もが喜ぶ生コン大革命と大いなる期待を寄せられたこの技術。

冬場を迎え関係者一同頭をひねるほど出荷が落ち着いてしまった。

なぜ?

それは、この動画にもわかるようにその驚異的な流動性が施工者に与えるイメージにあった。



「高流動=水がいっぱい入ってそう」という誤解。

今でこそ現場での加水はなくなってしまった。

昔は現場に届いた生コンが固い(スランプ)と現場作業員から、

「水を飲ませろ」

とジェスチャーをされたものだ。

これじゃ、作業が大変になる。

時間がかかる。

という理屈だ。

(構造物に用いられる生コンに加水することは禁止となっている)


実際、施工はプロでも生コンに関してはプロじゃない施工者各位のイメージは、

高流動=水がいっぱい入ってそう

のイメージを脱することはない。

蜂蜜もそうだ。

餡蜜もそう。

水をたくさん入れれば流動性が高くなる。

その理屈で考えれば「超流動生コンもたくさん水がはいってるんだろうな」となってしまうのもしかたない。



冬の生コン水がたくさん入ってるとどうなるの?

現場作業員を悩ませる生コン特有の現象に「ブリーディング」というのがある。

生コンが施工されしばらく経つと密度の小さな余剰水が表面に浮いてくる。

作業はこのブリーディングが落ち着く(乾く)まで中断をせざるを得ない。

特に冬場、このブリーディングはなかなか乾かない。

つまり、手待ちを発生させ、作業員の帰宅を遅らせる。

深夜なんてこともザラだ。

この作業員のDNAにまで刻まれている過酷な経験が、

「超流動=冬場やばい」

というイメージに繋がっているという仮説が生まれた。

なるほど、そうかもしれない。

それならばきちんと説明しなければなるまい。



超流動でも水セメント比は固定。だから、水は多くならずブリーディングが増えたりなんかしない。

生コンのプロにとっては常識。

期待される強度を満足させるためには、水セメント比で管理する。

つまり、超流動だろうが普通生コンだろうが、期待される強度を満足させるために生コンに配合していい水の量は変わらない。


超流動を発現させるのは、特殊な化学混和剤(界面活性剤)。

水の仕業ではないのだ。

だから、水の量に変化はない。


だから、作業する人は超流動の恩恵に預かり同時にブリーディングが増えるという問題からも回避できる。



とまあ、こうしてブログで説明したところでなかなかこの辺のイメージ払拭は難しかろう。

出来上がってしまった常識を覆すのはなかなか手強いのだ。

1人が一生かかって1つか2つ常識を覆せればいいのではないか。

それでも、諦めない。

現場に「生コンでいいこと」をお届けするために。

今日も、明日も、休みも、関係なく。

生コンポータルは情報発信を続けます。



宮本充也

【静岡】「水中不分離コンクリートの出荷」長岡さくら工場

静岡県伊豆に操業する長岡さくらさくら工場では毎日特殊コンクリートが出荷されている。特殊コンクリートも毎日出荷すれば特殊ではなくなる。生コン多品種少量生産時代に向けて。



生コン多品種少量生産時代「水中不分離コンクリート」

EBD4BFC1-533E-4581-9A60-CDDA6B805AF1.jpeg

こいつが「アクアセッター」セルロース系の混和剤を水に溶いて生コンに投入する。


5837D50B-63E1-485F-BE4E-C0FEA2668A40.jpeg

プラント下で製造の様子。

大量の水でとく。

どろりとした液体となり、それが不分離の秘密となる。


ドロリドロドロの生コン。

左手を突っ込んでグーパーグーパーしてみるとその驚異の粘性に驚く。


1465EBA7-8454-4B2A-83D3-415AC2285FB4.jpeg

フレッシュ性状はフローで管理される。



運転手さんの正直コメント「正直いやです笑」。

立ち会いに来ていた土佐谷組さんの管理者の方も笑いながらその大変さに理解を示す。

ドロドロなのだ。

べったべた。

サラサラとシュートから降りてくれるような通常の生コンじゃない。

その理由は水流の中でも打設できる生コンだから。

水の中で雲散霧消してしまうような生コンでは困る。

水流の中でも頑固にそこにとどまっていなければならない。

つまり、「簡単に洗われない」ってことは、仕事が終わった後の生コン車の洗浄も超大変。

通常の何倍も大変てことになる。

じゃなきゃ、生コンとして困るってことになるからだ。



アクアセッタークリーンという粘性除去剤もある。

そもそもがマニアックな生コンに、さらにマニアックな製品が続く。

ニッチだ。

粘性除去剤というそんなちょうねばねばの生コンを荷下ろしした後に生コン車に使って洗浄をしやすくするための混和剤ってのもある。

それを用いてドロドロねばねばを除去しその後の洗浄を簡易にする。

実に現場に寄り添った素晴らしい配慮だ。



そんな、いろんな人の知恵と工夫で特殊コンクリートは世の中に出荷されている。

長岡さくら工場ではそんな知恵と工夫に基づき毎日のように特殊コンクリートが出荷されている。

それはもはや特殊ではなくなっている。

生コン多品種少量生産へ。

今日もそんな特殊コンクリートは出荷されている。



宮本充也

「ハチドリのひとしづくが激流に変化する時代に生きている」(週刊生コン 2019/11/25)

IT以前、社会における「ハチドリのひとしづく」は目に見えない壁に阻まれひとしづくでしかなかったかもしれない。飛躍的に流動性が高まり高通気性社会となった現代これまで埋もれてきた「ハチドリのひとしづく」は共感を呼び「激流に変化する」可能性を孕んでいる。



【岡山】「ハチドリのひとしづく」ミナモト建築工房

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_896.html

住宅建設。

生コン。

土地に縛られてて操業する業態。

その業態に土地という檻を超えて外の世界に駆け出す必要性はなかった。

IT以降、そんな産業構造に変化が起きている。

枠組みや地域を超えてそんな建設が見出されるようになってきている。

岡山の源建築工房を訪ねる。

冒頭、「ハチドリのひとしづく」という物語に触れた。

確かにこれまでは「ハチドリのひとしづく」だったかもしれない。

ただ、そんなひとしづくに共感を寄せる同業他社や周辺企業が増えつつある。

自分知らない地域で起きていること。

それが、自分の地域に関係のある時代。

IT革命が拓いた新しい産業はそんなひとしづくが激流に変わっていく可能性を孕んでいる。



【静岡】「再生骨材コンクリートのリスクと現場の努力」残コン舞台裏

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_432.html

それは企業にとって都合のいいことにとどまらない。

都合の悪いこと。

できれば隠蔽しておきたいことにも当てはまる。

失敗はなるべく知られたくない。

IT以前はその心理を実践することができたかもしれない。

相次ぐ企業の不正。

隠蔽工作。

それらが明るみとなり自然治癒に向かう社会機能もITのなせる貢献だ。

この時代、失敗も成功も隠さない。

隠せない。

社会を欺く意図は必ず社会に欺かれる。

大切な姿勢はいいこともわるいこともラストマイルで起きているすべてのことを社会(産業)と共有すること。

痛みをきちんと見つめることでしか痛みを克服することはできない。



「やりました!NETIS登録。他にも残コン技術続々申請へ!」グロースパートナーズ、セルドロン、残コン協議会

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/netis_2.html

苦節6年。

1日1日は地味。

変化がないように見える。

そのひとしづくひとしづくが絶え間なく岩盤に滴る。

ぽたぽた、ぽたぽた、毎日毎日、既存産業構造という分厚い岩盤にしたたる。

そして、6年。

「やりました!NETIS登録」

国の公式文書に「残コン」という文字が踊る。

岩盤が穿たれた祝うべき瞬間だ。

そして、このひとしづくは残コンという問題が世界的に見出されるきっかけとなる。



「ストーリーとしての生コン戦略」環境生コン先進国(その6)

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/6.html

急速に動き出そうとしている産業や社会の意図を感じる。

グローバル化。

IT革命。

生コンには関係ないように感じられた波がいよいよ迫る。

突然の中国生コン実力者の来日。

それに呼応したイタリアからの合流。

日本を中心に活性化する残コンの議論は瞬時に国際的にシェアされる。

それらは個別具体的にそれぞれの地域で流れとなりさらにまた日本にフィードバックされる。

世界中が互いに無関係ではいられない時代。

特定の全体構想ではなく自律分散型の産業への推移。

志を持つそれぞれの個人が自己組織的に反応を繰り返す。

エコシステムが活性化する。


どこかの地域の「ひとしづく」が今「激流」に変化しようとしている。

これはラストマイル(ものづくりの最前線)にいるすべての人たちが世界に招かれ必要とされている証拠だ。

上を向こう。

前に進もう。

挫折ではなく、超越を選ぼう。

僕たちは今、ハチドリのひとしづくが激流に変化する時代に生きているのだから。



宮本充也

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら