長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
お名前
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「スマホで生コン無線とGPS」

「スマホで生コン無線とGPS」

時代はここまできたかという感がある。

当社には定期的に見学者が訪れる。

僕はその2倍から3倍よその工場に訪れている。

生コン工場は自分の工場にいるよりもよその工場にいた方が勉強になる。

僕の持論だ。

そして自分の工場が変化・成長していく。

そこに見学者が訪れる。

人脈は広がり、さらに色々な工場を見学する機会が増える。

そして、自分の工場ももっともっと成長する。


9C4EE087-D882-499F-BE74-AF0AA86D8F97.jpeg

※横川セメント横川社長。今回は息子さんも同行でお立ち寄りいただいた。

804025DB-BA35-4731-B5B5-522503E79D8F.jpeg

※もうおひと組様は福井県から協立生コン御一行さま。主な用向きは長岡生コンで実装されている、4層式残コン・スラッジ処理システムの導入に向けた視察


時代はついにここまで来たかという感じがする。

僕の入ったばかりの生コン工場は、

手書きの伝票をびりっと破ってドライバーさんに渡す。

相沢さんがタバコでしわがれた声で注文を受ける。

地図は頭の中に全部入っている。

ドライバーも其の辺は心得ていて、

地図が頭の中に入ってて早く現場に到着することがかっこよかった。

スマホだとか電子機器が介在する余地なんてないように思えた。

それが今やどうだろう。

スマホがGPSとなりどこに誰がいて通行状況がどうなっているか。

聞くまでもない。

全てが画面上に映し出されているのだから。

※利便性を語る配車担当の横田さん。


生コンの注文は全てクラウドで管理され、

誰でもその内容を眺めることができるようになっている。

注文を受けた人間が都度そのクラウド上の情報を操作し、

常に新しい情報が表示されている。


無線もスマホ。

葛城山におったっている電波塔をつかったアナログ無線じゃない。

スマホのアプリが無線機能を持っている。

アナログの無線よりもクリアに。

電波が飛んでいるところであれば確実に。

E70463CE-4129-4702-826C-F7AB9BFC23E5.jpeg

※昔を知る池上さんもご満悦の表情


E966E859-FBE4-462B-84E0-3D4BFCF456BA.jpeg

※スマホの無線機能


そして、もちろん電話にもなる。

通常のアプリだって入れることができる。

待機時間中に調べ物やゲームに興じることだってできるだろう。

いつだって世界とつながっている。

いつだってあらゆる情報を手にすることができる。


5A4E6B78-DD67-4424-B63A-76E5DFDEAD3E.jpeg

※関係者に力説するGNNマシナリージャパンの毛利さん


何もかもアナログだった生コン。

長岡生コン。

それが今はどうだ。

相沢さんが生き返って今の長岡生コンにきたらどう思うだろう。

「マウスを動かしてください」

初めてpcを導入した時に相沢さんにレクチャーをした時のこと。

マウスをむんずと持ち上げて動かした時に、

なるほどIT化の道は険しいぞ、

誰もが思ったのも今は懐かしい。

地図なんか印刷しなくなった。

到着見込み時間も正確なアナウンスが可能になった。

蕎麦屋の出前と叱られることもない。

全てが見える。


そして、生コン情報の電子化


反対・妨害する向きも随分多いようだが、

そうしてくれればしてくれるほど、

ぼくたちがやろうとしている価値が上がる。


隠しても、守っても、時代は変化する。

ぼくが生コン業に入ってから足掛け18年の変化をみれば、

誰だって納得する。

時代の変化はさらにスピード感を増す。


生コンでいいこと。


もっともっとみんなにハッピーを届けられる生コン業を目指す。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/03/10

あわせて読むなら!

  • 「流動化材のイノベーション!|新型流動化材」

    「流動化材のイノベーション!|新型流動化材」

    従来の流動化材の使用は先立ちベースコンクリートの調整が必要だったことが懸念材料となっていた。フローリック社から発売された新材料はベースコンクリートの調整をせず、さらに可使時間を長く設定できるという効果...

    詳しく見る

  • 「World Trend of Concrete Admixtures|GNN長野」

    「World Trend of Concrete Admixtures|GNN長野」

    SCMs(Supplementary Cementious Materials)は混和材のこと。高炉スラグ微粉末やフライアッシュなどを使うことのメリットとデメリットはよく知られている。それらデメリット...

    詳しく見る

  • 「FAやスラグを50%使用した生コン|MAPEI」

    「FAやスラグを50%使用した生コン|MAPEI」

    今週末6月9日に迫るGNN長野「ピタゴラスイッチ」(http://genki-namakon.net/information/info/world_of_concrete23gnn.html)。海外か...

    詳しく見る

  • 「壊せば3倍、揉めても地獄|土間コン色むら」

    「壊せば3倍、揉めても地獄|土間コン色むら」

    建設現場で最もトラブルを起こしやすいコンクリート工事。生コン(モルタル)という半製品を現場で施工するため、色むらやクラックなど補修(色合わせ)対象となりやすい。困った時の技術(商品)情報や販売価格、さ...

    詳しく見る

  • 「生コン車ドラム内手ばつりという悪習」

    「生コン車ドラム内手ばつりという悪習」

    ワークショップは2日目。岡山の白石建設で開発された「全自動はつり機」の実演。業界の闇ともいうべき「ドラム内手ばつり」という習慣。人を想う気持ちが形になっていく。共感を呼ぶ 生コン車ドラム内手ばつりとい...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ