長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

MagorTherm施工実演会2019/07/09報告

MagorTherm施工実演会2019/07/09報告

多数の見学者を集めて開催されたMagorTherm施工実演会で示されたいくつかの性能。



MagorTherm施工実演会2019/07/09

3EBB5C97-3F57-44FB-B6AB-5C1747C35E01.jpeg

生コンポータル試験室(長岡さくら工場)で開催された見学会。


7C970831-F561-402D-BB0F-15799614191E.jpeg

さあ、いよいよ施工実演開始。


4ECFD1A1-33BA-4875-B6A8-9802241319CA.jpeg

コテを持ったことのない人たちもその作業性を体感。とにかく、軽い。


FEDBAEEA-64F9-4863-B576-5CFA2FA2CFBE.jpeg

難燃性の実演。


FD2C6C1E-030F-463F-BA9A-3F3DD2108394.jpeg

外断熱に採用されているEPS(左)は跡形もなく燃え尽きた。

そして、MagorTherm。岩月さん(25)をかわいがりしているのではない。



いろんな性能。いろんな価値。

MagorThermの価値を以下に列挙したい。

・軽い

施工性が非常によく(しかも、打ち重ね問題ない)、

・燃えない

ため、外断熱材の弱みだった「火災の時の延焼」が避けられる。

・コンクリート

だから、強度があり、構造体にも適応可能で、もちろん、

・高耐久性

はコンクリートの特徴の1つ。さらに、

・撥水

のため、経年で性能が劣化することもない。水蒸気の透過性も備えている。そして、当然ながら、

・断熱性

があるため、屋根や壁に塗っておけば熱効率が改善される。

・遮音性

は、EPS、気泡を多く含んでいるため吸音効果によるもの。夫婦喧嘩の怒鳴り声も消えるかも?


多数のギャラリーを集めていよいよ発信したMagorTherm。

諸外国ではMAPEIやPidiliteなど有数のパートナーと連携するMagorThermはなんと日本では直営のMagorTherm Japanが本格始動する。

コンクリートの常識が変わる。

建設現場の常識が変わる。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/07/10

このページのトップへ

お問い合わせはこちら