長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

「塗るだけでコンクリートを守る」塗料メーカーとしての【MAPEI】の紹介

「塗るだけでコンクリートを守る」塗料メーカーとしての【MAPEI】の紹介

世界企業MAPEIの主力製品ライン塗料の紹介を受ける。コンクリート構造物を保護する意味でも、強靭でしなやかな耐久性を有する製品群は興味深い。Elastocolorシリーズ。



塗るだけでコンクリート構造物を守るMAPEIの塗料

167C72B1-FEE5-4187-A7F6-FC1CC9BA32DD.jpeg

発泡スチロールにMAPEIの塗料Elastocolorを塗布したもの。想定外の応力をかけてもヒビができない。この強靭な性能が構造物を守る。

鉄球を落としても下地の発泡スチロールは凹むものの塗料そのものはひび割れずしなやかに下地を覆っている。


D63FA45D-E255-4940-A4D6-BD4C3406DA0F.jpeg

なんて事のないコンクリート片かと思いきや水に浸すと濡れない箇所「MAPEI」が浮き出るというデモンストレーション。透明な塗料がこちらもコンクリート構造物を守る。


AE7BAA75-1D5F-4C42-96C7-8474EC108F85.jpeg

こちらは耐候性試験の説明。10年間陽の光にさらされた時にどれだけ塗料の色が褪せるかを予測可能な技術。


91042354-1D75-4222-92AF-D36B10906080.jpeg

MAPEI本社(ミラノ)受付にて。世界70カ国に支店展開を果たし、9,000人以上の雇用を生み出すグローバル企業。



MAPEIと生コンポータル(長岡生コン)のご縁も9年目に突入。

主に化学混和剤をテーマとした島国の生コン工場と世界企業の取り組み。

日本におけるコンクリート分野での認知は順調に進んだMAPEI。

実はそのMAPEIは接着剤や塗料・仕上げ材の大手メーカーという素顔を持つ。

日本で紹介されてきた技術はほんの1部だった。

もちろん、コンクリートから離れるわけにはいかないけれど、こうしたMAPEIの錚々たる製品群を紹介しないのはもったいない。

これからはMAPEIが保有する技術を折に触れて紹介していきたいと思う。

日本がいかに島国で閉鎖的な流通構造で機会損失をどれだけ生み出しているか。

世界に目を向け、世界で仕事をすることできっとわかることがあるはずだ。

そんな取り組みも生コンでいいことにつながることを願う。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/04/14

このページのトップへ

お問い合わせはこちら