長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

「再生生コンどんなところに使えるの?」かさ上げコンクリート

「再生生コンどんなところに使えるの?」かさ上げコンクリート

よくある質問。大地を削らない再生(回収)生コンを使いたいんだけど、どんなところに使えるの?例えば、こんなところ。かさ上げコンクリート。



かさ上げコンクリート

10A5521E-4D2A-46CD-868D-155C1FDE06CF.jpeg

例えばこんな風に既存の土間コンクリートのレベル(高さ)を上げたい時に使われるコンクリート(かさ上げコンクリート)には再生生コン。



再生(回収)生コンの適応箇所は非構造体

配合は?

なんて聞かれて、内心「なんだっていいや」と思ったら再生生コン。

「固まればいいや」

とか、

「嵩が上がればいいや」

みたいなコンクリートは意外とある。

もちろん、コンクリート。

土の床と違って簡単には削れない。

そして、生コン工場が配合している。

施工しやすさ(たとえばスランプとか)だって担保されている。

一見するに通常の生コンとなんら遜色ない。

強度だって調整できる。

無いのはJISマークだけ(それも「現在は」だ)。



持ちたいのは、自然を破壊しているという意識。

いつも何気なく使っている生コンはあなたの大好きな自然を削って作られている。

骨材もセメントもそうだ。


再生(回収)生コンは解体ガラや残コンからできている。

自然を削らないだけじゃ無い。

廃棄物を減らすことによって大地を汚さない。

水を汚さない。


実は製造している工場が増えている。

再生回収生コン。

もっと身近に。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/07/15

このページのトップへ

お問い合わせはこちら