長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

「再生生コンどんなところに使えるの?」室内土間コンクリート

「再生生コンどんなところに使えるの?」室内土間コンクリート

普段何も考えずに注文している生コンクリートが大地を削らず汚さなければもっといいよね?再生回収生コンって一体どんなところに使えるのか?室内土間コンクリート。



室内土間コンクリート

0C0FDAA6-2BC4-46A9-9013-AA5FF02FAC66.jpeg

リフォームや改修工事でよくある土間コンクリートの施工は再生回収の出番。



低強度域では骨材はあまり強度に関係ない。

再生回収骨材を使った再生回収生コン。

残コンを由来とした骨材。

天然砂利や砕石に比べて粗悪品?

各種試験データが示すのは全く遜色のない性能。


「でも、残コンが由来でしょ?いろんな配合の残コン(低強度、洗い水が多く入ったものetc)が骨材になるのだから出来上がる再生生コンの郷土がばらつきそう」


そんなもっともな由来を述べる方もいらっしゃる。

でも実は18N〜21N/mm2程度の低強度域では骨材の及ぼす影響はほとんどない。

コンクリートの硬さは水セメント比といって、水とセメントの比率でほぼ決まると言っていい。

だから、極端なこと言えば、

「低強度域なら骨材はなんだっていい(強度に関して)」

ということができる。


例えば室内の土間コンクリートにかかる荷重は知れている。

大型車両がバンバン往来するなんてことはない。

夫婦喧嘩なんかコンクリートにとっては蚊みたいなもんだ。

削れる心配だってない。


安心して使おう。

再生回収骨材は大地を削らず汚さない。

生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2019/07/15

このページのトップへ

お問い合わせはこちら