長岡生コンクリート
新生
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

「高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー」 海外・生コン

「高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー」 海外・生コン

高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー


生コン工場の可能性。

いろいろあると思う。

生コン工場の貢献の仕方。

培ってきたノウハウをどう活かすか。

生コン工場従事者であれば常にそれを考えているだろうし。

実際にそうしなければならないと思う。

ただただ生コンを漫然と生産していれば、

先々の見通しは険しい。

だって、中長期的な生コンの見通しがひどいことくらい、

誰だって異論のないはずだ。

生コンブログの始まりである。


bikennogazou.jpg


広島に本拠地を置く美建工業。

GNN元気な生コンネットワークを通じて数年来親しくさせていただいている。

社長の高田浩平氏は全国生コンクリート青年部協議会の会長。

生コン青年のリーダー。

イケメン。

同氏によれば特にマッチョな男性に大変もてるそうだ。

その、美建。

多くの特徴があるだろうけれど、

ベトナムに生コン出店を果たしている

というのも大きな特徴だと思う。


日本市場を考えた場合、

生コン製造販売

確実に低迷をしていく。

その現実に臨んでできることは限られていく。

その一つに海外出店があるだろう。


20771578_1482786635101224_1279910533_o.jpg

※同氏によれば特にマッチョな男性に大変もてるそうだ


先日高田社長とある会合でご一緒していた際の話。

「ぜひ、美建ベトナムに見学に伺いたいのですが」

「それなら来年2月ツアーにしちゃおう」

ということで、さすがイケメン高田社長のお計らい。

やります。

やらせてください。


高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー


を企画することになった。

寒い時期である。

日本にいたら凍えてしまう。

高田社長の人肌が恋しくなる時期だろう。

それなら行こうよ、ベトナム。

ホーチミン。

美建ベトナム!!!


今の生コン業界で夢を語るのは簡単ではない。

客観的に見ればきっと斜陽産業なのだろう。

けれど、僕たちは社会インフラを担っている誇りがある。

そんな僕たちが上を向かなければこの国はやばい。

上を向くためのヒント。

いろいろとあるだろうけど。

その一つ、海外出店。

その先進事例をその目で見に行く。

日程など詳細は今後関係者と詰めていくことになる。

改めて案内配信を予定しています。


宮本充也

宮本 充也

著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「スリップフォームコンクリート」 需要喚起・生コン

    「スリップフォームコンクリート」 需要喚起・生コン

    アスファルト VS 生コン 95 : 5 ブログって素晴らしい習慣だ。 仕事で見たり聞いたりしたことを、 自分なりの言葉で表現する。 まとめる。 より深く物事を理解することにもつながるし、 考え方をま...

    詳しく見る

  • 「高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー」 海外・生コン

    「高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー」 海外・生コン

    高田社長と行く!美建ベトナム視察ツアー 生コン工場の可能性。 いろいろあると思う。 生コン工場の貢献の仕方。 培ってきたノウハウをどう活かすか。 生コン工場従事者であれば常にそれを考えているだろうし。...

    詳しく見る

  • 「やるじゃん、経産省。」 新市場創造型標準化制度・JIS・経産省

    「やるじゃん、経産省。」 新市場創造型標準化制度・JIS・経産省

    日本工業標準調査会(工業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会)は、中堅・中小企業等から提案のあったテーマについて、「新市場創造型標準化制度」を活用して標準化を行うことを決定しました。今後...

    詳しく見る

  • 「NETISない?」 国交省・NETIS・新技術・残コン・R2・IWAシステム

    「NETISない?」 国交省・NETIS・新技術・残コン・R2・IWAシステム

    国交省の現場で発生する廃棄物(残コン)が場外搬出されている事実があるのだから(廃掃法・道交法において問題視されている)。 NETISという制度がある。 建設に携わる人ならご存じな人も多いと思う。 NE...

    詳しく見る

  • 「Innovationが起きるための必須要件」 建設応援マガジン Vol.45

    「Innovationが起きるための必須要件」 建設応援マガジン Vol.45

    ※本稿はインターウェーブ社の「建設応援マガジン」にコラムとして寄稿したものです。 干されたかと思った。 いよいよ真衣ちゃんに嫌われたかと思った。 44回も続けた連載コラム。 建設応援マガジン。 誰が一...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ