長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

塗り壁で表現する「魅せる建築」 とは

塗り壁で表現する「魅せる建築」 とは

皆さん、オシャレ好きですか?

何を唐突に...と言われるかもしれない。

オシャレに縁遠い僕でも、
「めっちゃオシャレして街を歩くとテンションが上がる!」
という心理は理解できる。

今日はそんな「オシャレ」について話をしてみたい。
...大丈夫!ご覧のブログは、ちゃんと生コンブログである(笑)

オシャレと建設業のイメージ

建築業と聞くと、オシャレとは程遠いイメージを持つだろうか?

「なんかお堅そう」
「作業着とかヘルメットとか、汗かきそう」

......みたいな?
最近はそうでもないかもしれない。

有名建築家の建物を見学して回ったり、
インフラツーリズム』なんて言葉も登場して
土木構造物を見学して巡る楽しみを持った人も現れている。

これまで一般にそれほど馴染みのなかった建設も、
少しずつ身近な存在になってきたんだなぁと実感できる一つだ。

機能性だけではない『魅せる建築』


僕たちは生コン、つまり機能材を製造販売しているもんだから
縁遠いように思うけれど、『魅せる建築』と聞くと僕が思うイメージは

「僕たちの生コン(構造物)に綺麗でオシャレなお洋服を着せている」ような感じ。

その「綺麗でオシャレなお洋服」を成すのが『仕上げ』という工程だ。

毎年恒例のイベントになりつつある『フッコー』さんの
「ワインを飲みながら壁材を観賞しよう」の会へ参加してきました。

S__30818325.jpg


S__30818323.jpg※老舗壁材メーカー『株式会社フッコー』の新製品「MORART」のテクスチャ
 (期待の新人 深澤さんが開発ディレクター)


S__30818324.jpg※作品と表現してもいいくらい素敵な展示品の数々


「馬子にも衣裳」なんて言葉もあるけれど、
『塗り壁』はその建物の印象をがらりと変える。

建物の顔といってもいい。

それでいて主張しすぎないところがまた良い。

「ここに壁あるよ!!!」

なんて風に前面に押し出てこない。
常にわき役に徹している。
まるで素晴らしい絵画の額縁のような存在。


老舗壁材メーカー『フッコー』のイベント、「MORART」
本日11月17日金曜日まで無料開放となっている。

毎年毎年オシャレな雰囲気を居酒屋に変えるべく(?)参加させてもらっている。

『塗り壁』というものに興味がある方がいらっしゃれば、ぜひ足を運んでみてほしい。
家を建てる人や、家をリフォームしようとする人にもオススメだ。

普段あまり意識に上ることのない『塗り壁』という存在。
それをとことん追求し続けている老舗メーカー『フッコー』の歴史に触れる。

職人さんたちの情熱に触れる。
そんな素敵な機会になると思う。

(※フッコーの皆さん毎度ごちそうさまでした!)


宮本充也
(2018年7月18日 三浦 編集)

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/11/17

あわせて読むなら!

  • 「もっと勉強しときゃよかった」 ENI・石油・有機汚染土・リサイクル・ヘドロ・浚渫

    「もっと勉強しときゃよかった」 ENI・石油・有機汚染土・リサイクル・ヘドロ・浚渫

    「ヘドロ」その正体は産業廃棄物などを指し、黒くて異臭を放っている。溜まっているヘドロを見るのは気持ちよく思えるものではない。公害問題にも発展しかねない「ヘドロ」だが、確率された処理方法がなく、環境問...

    詳しく見る

  • 生コンの後片付けはこれで安心!『フュージョン』登場

    生コンの後片付けはこれで安心!『フュージョン』登場

    『フュージョン』は3~4か月ペースでドラム内部に塗布(テフロン加工のようなもの)することで、我々生コン工場最悪の重労働である『はつり作業』から解放してくれる夢のような製品だ。(もちろん終業時の通常の水...

    詳しく見る

  • 祝!『エコセメント』を標準化

    祝!『エコセメント』を標準化

    「生コンは人を守る」これを信条に、僕たちはさらに新たなセメント『エコセメント』を標準化することで地球環境にも優しい生コン屋を目指します! 『エコセメント』を標準化した事例はGBRCにとっては初! 皆さ...

    詳しく見る

  • 「流動化材のイノベーション!|新型流動化材」

    「流動化材のイノベーション!|新型流動化材」

    従来の流動化材の使用は先立ちベースコンクリートの調整が必要だったことが懸念材料となっていた。フローリック社から発売された新材料はベースコンクリートの調整をせず、さらに可使時間を長く設定できるという効果...

    詳しく見る

  • 「World Trend of Concrete Admixtures|GNN長野」

    「World Trend of Concrete Admixtures|GNN長野」

    SCMs(Supplementary Cementious Materials)は混和材のこと。高炉スラグ微粉末やフライアッシュなどを使うことのメリットとデメリットはよく知られている。それらデメリット...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ