長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「超絶ごいすーの自動はつり機見学会」 岡山・はつり・見学会

「超絶ごいすーの自動はつり機見学会」 岡山・はつり・見学会

生コン産業の闇とも言える「はつり」作業。経験したことがある人ならわかる。ハッチから身をちじこませて入り込みドラム内部に固着したカチカチのコンクリートを除去する作業。そんな現実にInnovationがもたらされた。


※参考「昔はドラムの中に入ってたらしいよ」 http://www.nr-mix.co.jp/new_nama/blog/post_79.html



超絶ごいすー。

僕はこの感動を言葉にできない。

小学生だったころ、

すごさ

を表現するために競ったことはないだろうか?

すごいの100万倍

と僕が言えば友達は、

すごいの1兆倍

と応戦し、

それではと、

すごいの無量大数倍

といえば、

すごいの無限倍

となり、

すごいの無限倍かける無限倍無量大数・・・・、すごいの宇宙の神様倍・・・・、

小学生の張り合いは果てしない様相をおびえていたわけだが、

僕はこの技術のすごさの言葉としての表現方法を想像できないのだ。


超絶ごいすー

ただ、「すごい」、といっていては小学生と変わらないので、

ごいすー

とひねってみた。

ごいすーだけだとなんとなく寂しい感じが否めないため、

なにか修飾語で武装したいところだが、

下手な修飾語だと単なる蛇足となってしまうため、

超絶

としてみた。

どうぞ、お楽しみください。

生コンブログの始まりである。


24726244_2079679622275016_524363171_o.jpg

※岡山県の白石建設に設置されている自動はつり機の威力


24463483_2080173682225610_2070452674_o.jpg

※大量のドラム内付着残コン


これ見てなんとも思わないだろうか?

生コン工場または生コン関係従事者で、

この写真をみて何も思わない人がいたとしたら、

ぜひ会ってみたい。

なんか「ぐっ」とこないだろうか。

当事者としてそこに自分がいないことに、

口惜しさというか、

心が熱くなる感動というか。

<広告>広がる残コンの問題。いつまで犯罪犯すの?


はつり

僕がこの業界に入って、

「ないな、これ。」

と正直思った商習慣の一つに、

はつり

がある。

残コンもそうだけど、

僕たちがこんな習慣を続けていれば、

今後の産業を担うであろう、

若者や女性は、

「ないな、この業界。」

と僕たちを選んでくれない事だろう。


12月18日(月)自動はつり機見学会

なんか熱い有志達がいつの間にか18日に集まることになっている。

もう、自然発生的にというか。

誰かが主催したわけじゃなく。

なんとなくいつのまにか18日に会いましょうってことになっている。

白石建設の夢に共感した仲間たちだ。


当事者になろう。

業界の低迷を憂いているだけじゃなく。

自ら一歩行動しよう。

なにかをしよう。

なんでもいい。

講釈垂れてるだけじゃ何もしていないのと一緒。

決めて実行する。

なんでもいい。

間違ってもいい。

そんな当たり前の大切なことに気付くことができる。

そんな18日になるだろう。

※見学会の連絡先;白石建設 担当斎藤(086-243-5066)


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/07

あわせて読むなら!

  • 「もっと勉強しときゃよかった」 ENI・石油・有機汚染土・リサイクル・ヘドロ・浚渫

    「もっと勉強しときゃよかった」 ENI・石油・有機汚染土・リサイクル・ヘドロ・浚渫

    「ヘドロ」その正体は産業廃棄物などを指し、黒くて異臭を放っている。溜まっているヘドロを見るのは気持ちよく思えるものではない。公害問題にも発展しかねない「ヘドロ」だが、確率された処理方法がなく、環境問...

    詳しく見る

  • 生コンの後片付けはこれで安心!『フュージョン』登場

    生コンの後片付けはこれで安心!『フュージョン』登場

    『フュージョン』は3~4か月ペースでドラム内部に塗布(テフロン加工のようなもの)することで、我々生コン工場最悪の重労働である『はつり作業』から解放してくれる夢のような製品だ。(もちろん終業時の通常の水...

    詳しく見る

  • 祝!『エコセメント』を標準化

    祝!『エコセメント』を標準化

    「生コンは人を守る」これを信条に、僕たちはさらに新たなセメント『エコセメント』を標準化することで地球環境にも優しい生コン屋を目指します! 『エコセメント』を標準化した事例はGBRCにとっては初! 皆さ...

    詳しく見る

  • 「流動化材のイノベーション!|新型流動化材」

    「流動化材のイノベーション!|新型流動化材」

    従来の流動化材の使用は先立ちベースコンクリートの調整が必要だったことが懸念材料となっていた。フローリック社から発売された新材料はベースコンクリートの調整をせず、さらに可使時間を長く設定できるという効果...

    詳しく見る

  • 「World Trend of Concrete Admixtures|GNN長野」

    「World Trend of Concrete Admixtures|GNN長野」

    SCMs(Supplementary Cementious Materials)は混和材のこと。高炉スラグ微粉末やフライアッシュなどを使うことのメリットとデメリットはよく知られている。それらデメリット...

    詳しく見る

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ