長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「昔はドラムの中に人入ってたらしいよ|全自動はつり」

「昔はドラムの中に人入ってたらしいよ|全自動はつり」

言うまでもないこと。

ドラム内部はつり作業はこの世の中からなくなった方がいい

誰も否定しないと思う。

経験したことのある方ならわかる。

僕にもわかる。

定期的にやっている人はもしかしたら無感動になっているかもしれない。

生コン車のドラムの内部の固着コンクリートのはつり作業。

なけりゃいいに決まっている。

けどなくならない。

なくそう

そのように実際に考えたり行動に移した人はどれほどだろうか。

岡山の生コン工場。

白石建設は動いた。

国内大手トップメーカースギノマシンの共感を得て。

作り上げた。

ドラム内部はつり作業はこの世の中からなくなった方がいい

願うだけじゃなくて実現させた。

形にした。

前回のGNN四国でそのプレゼンが行われた。


3E3D6258-7177-4D6B-8B63-C3848E06FAB2.jpeg

※全自動はつりマシンの外観


7AB44328-21BC-4748-A911-73FB8318F0B9.jpeg

※詳細図面(スギノマシン提供)

EFFBA777-25E0-4F58-A592-0C7D54B5A43B.jpeg

※先端から高水圧が噴射され固着コンクリートを切断(はつり)する


90FEE7F0-FF8E-486F-9EC4-BCBB9EE4CF17.jpeg

※施工風景の写真。ドラム内部で高水圧がコンクリートをはつり取っている


B70682F1-6201-4E06-8C49-428A6F5465C3.jpeg

※無人で「あっ」と言う間にあの「はつり作業」が完了しちゃう


前回GNN22回ではその概要が示された。

次回GNN23回長野ではその姿がお披露目予定。

これまでみんなに忌み嫌われながらも、

誰もが行動に移さなかった分野。

生コン産業の闇

ドラム内部のはつり作業

もう、なくなる。

将来の生コンパーソンは、

「昔はドラムの中に人が入ってたらしいよ?」

そんな風に話題になっているのかもしれない。

昔は電気や水道がなかったのと同じように。


ただただ糊口をしのぐため。

生きていくため。

いやいや仕事をする。

お金稼ぐため。

そんな仕事生産性は高くなるはずがない。

やっぱやるからには挑戦したい。

社会貢献したい。

誰かの役に立ちたい。


このプロジェクトを見ているとそんな仕事の原点を思い出させられる。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/04/01

あわせて読むなら!

  • 「土質試験場としての生コン工場【Don't Buy This RMC #2】

    「土質試験場としての生コン工場【Don't Buy This RMC #2】

    「生コンを買わないでください」。こう言える生コン工場を目指す道のりとして、岡山県真庭市にある竹藤建設の磯田さんを訪ねた。同社は地方の生コン工場の御多分に洩れず出荷量の激減にさらされている。土質試験場と...

    詳しく見る

  • 「生コンを買わないでください【Don't Buy this RMC #1】」

    「生コンを買わないでください【Don't Buy this RMC #1】」

    ※https://www.gizmodo.jp/2016/03/20160307nhon.htmlより引用 この200年異常値とも言える成長を遂げたグローバル社会は地球環境を激変させてしまった。これか...

    詳しく見る

  • 「都心部の生コンを変えようとしている【横山産業】」

    「都心部の生コンを変えようとしている【横山産業】」

    生コン記念日(2018/11/15)。埼玉県でも都心寄りに複数工場展開する生コングループ横山産業。長濱さんの強いリードにより、今都心部の生コンは変化しようとしている。自動はつりマシンの見学で見せる生コ...

    詳しく見る

  • 「生コンはこの衝撃に耐えられるか?|流動化技術 その5」

    「生コンはこの衝撃に耐えられるか?|流動化技術 その5」

    磁性体による生コン性状のコントロールは可能なのか?生コンポータル(長岡さくら工場)で実施された各種実験もいよいよ大詰めを迎える。インターネットの時代、いいも悪いも全てが詳らかにされる時代。北九州の偉人...

    詳しく見る

  • 「生コンはこの衝撃に耐えられるか?|流動化技術 その4」

    「生コンはこの衝撃に耐えられるか?|流動化技術 その4」

    【その3までのあらすじ】北九州からやってきた平峰茂氏は生コンポータル上(月間PV10万)や有名ゼネコンの一流どころの前で「磁性体で生コンの流動性はコントロール可能です」と豪語した。いよいよ長岡さくら工...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ