MAPEI社がいよいよ日本上陸!最新の商品・技術が3割安くなる?

更新日:2019年 06月 14日

MAPEI社がいよいよ日本上陸!最新の商品・技術が3割安くなる?

生コンポータル元記事:http://www.nr-mix.co.jp/new_nama/blog/3mapei.html



MAPEI社がいよいよ日本上陸!商品が3割安くなる?

 

MAPEI社と連携してきて感じたこと

 

イタリア・ミラノを本拠地としている企業があります。企業名は「MAPEI」。

MAPEI社は、3,000億円の売り上げがあり、9,000名を雇用している大企業で、73もの国と地域で建設資材を販売しています。

 

このような大企業と10年、共に仕事をしてきて実感したことは、日本の市場構造の閉鎖性です。日本では、製品が消費者の所にくるまでに、多くの段階を経ています。メーカーから卸売店・卸売店から小売店・小売店から消費者という感じで。しかも、卸売店が1つとは限らず、卸売店から別の卸売店という場合もあり、流通が複雑になっていることも。

このように、段階の多い流通構造になっているので、場合によっては、製品が消費者に届くまでに50%もコストがかかることもあるのです。

この市場構造が、諸外国の参入を拒絶してきました。

多段階の市場を通さないと製品は安くなる

今ある流通にとらわれず、新しい流通を行っている企業もあります。

事業者向けの通信販売をしている株式会社MonotaRoさんは、製品をメーカーや海外から直接仕入れていて、たくさんの種類をECサイトで販売しています。エクステリアの販売と工事の株式会社エクスショップさんも、メーカーから直接仕入れていて、ECサイトで見積りや注文等が出来ます。

 

ネット販売では、メーカーから直接仕入れを行ったり、製品を流通する過程で段階を経る回数を減らせるので、流通がスムーズになり、製品の価格を安くすることが出来るのです。

MAPEI社が日本へ

 

MAPEI社がITで日本上陸となりました。もちろん多くの段階を経ることもなく、直接に海外製品が安く届きます。生コンはしがらみがないため、既にある流通構造を気にすることはないのです。

 

製品が安く届けば庭の工事費も安くなる

庭コンは、15年前に透水性コンクリートの普及を始めてから、ITを駆使して透水性コンクリートを紹介や販売、お施主さんと施工業者が直接連絡を取れるお手伝いを行ってきました。そして、お施主さんや施工業者さんにコストがかからない価値を届け、笑顔になってくれるのが最適と考えています。

 

「安ければ買う」という普段から使用している製品はどんなものでしょうか?

コストがなるべく抑えられれば、庭の新築やリフォームで使う材料も安くなり、工事費も安くなります。

 

 





庭コンへの支払いはありません。

庭コンでは紹介料・手数料・マージン・仲介料・広告料等、一切いただいていません。問合せてみたら「お金がかかります」なんてことはありません。安心してお問合せください。近隣の登録施工業者が御連絡の上、現地訪問・無料見積もりをします。
施工箇所 エクステリア・外構・建設工事
施工地域 全国
施工種別 すべて
施工金額 お問い合わせください
仕様製品 ドライテック
製造工場 全国
施工業者 登録施工業者 その他の業者を探す
紹介料・手数料・マージン・仲介料・広告料すべてゼロの庭コンへの問合せはこちら