長岡生コンクリート
コンクリートに関するよくある質問
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

コンクリート打設後の雨が心配

基礎コンクリート打設してから雨がふりました。問題ないのでしょうか?

土曜日15時基礎のコンクリート打設完了し、日曜日11時頃雨がどしゃ降りにふりました。コンクリートに染み込んで、強度に影響がでないのか心配です。ちなみに基礎はベタ基礎です。

土曜日のコンクリート打設時に、現場監督に日曜日雨降るけど大丈夫?防水シートかぶせないのか?と聞いたところ、心配ないとの事なのですが、今日、別のハウスメーカー現場に行ったら、ブルーの養生シートがかぶってました。

本当大丈夫なのでしょうか?有識者のご回答宜しくお願いいたします。現在も雨が降っており心配です。

補足コンクリート打設完了してから20時間たって雨どしゃ降りです。スランプは21です。

回答・コメント(3)

そんなに経過していたらむしろ表面は硬化してますよね。
ですから、ドシャブリの雨で削れなければ大丈夫です。

削れてしまえば硬化不足ですから強度不足につながりますが硬化していたのであれば内部にしみこむ事はありませんのでジワジワと28日掛けて80%程度まで固まります。

その後3年掛けて95%~100%近く硬化していきます。

表面が急激に乾燥するとヒビ割れが起こります。
コンクリートは水の中でも空気中でも固まります。
水の中の方が安定していますから雨で削れなければ別に問題ありません。

打設後数時間以内の雨や雪なら駄目ですがそうでなければ大丈夫です。
その時間だけ避ける事が出来れば雨であっても雪であっても晴れていても問題ありません。

但し、表面の乾燥とかに注意して頂ければ問題ありません。

恵みの雨でしたね。コンクリート打設後20時間で雨、最高です。
コンクリートはセメントと水が水和反応をおこし硬化するのですが、どうしても表面は蒸散してしまう分もあります。それが雨で濡れることで防げますのでありがたいことです。
ちなみに硬化時間とスランプは無関係とは言いませんが、関係が薄い数値です。
スランプとは硬化前のコンクリートの粘度的な指標です。数値が高かろうが低かろうが、真冬の厳冬期でも20時間あれば降雨で表面が荒らされることはないでしょう。
打設直後に雨が降るといった場合を除き、シートを張るのは保湿・保温が目的です。

大丈夫だと思います。
基本的に構造物(ここでは基礎部分)を打設した直後の雨でも、表面だけで中身に関しては問題ありません。
ですが、スランプ21と言う事を考えると、いくら20時間たったとは言え、どしゃ降りだと表面がやられる可能性がありますね。
降雨が前もって分かってるのであれば、養生はして欲しいですよね。
こういうちょっとした気遣いが出来るのと出来ないのでは、その後の進捗状況が気にはなります。
最近は低価格の建て売りが人気ですが、安いのは安いなりの仕事しかしないと思います。
まぁ、全部が全部ではないでしょうが。

回答・コメントフォーム

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ