長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「10年後の真実」 コンクリート打ち放し・耐久性・美観

「10年後の真実」 コンクリート打ち放し・耐久性・美観

仕上げの無い「打ち放しコンクリート」には憧れるけど、結露やジャンカも心配だし、特殊で専門性も高いので価格も含めて誰に相談していいかわからない。将来その姿はどうなっていくのか?きちんと処置を施しておくことで打ち肌はまるで違う。打ち放し色合わせ(補修)最新の技術



きちんと前始末しておく。

打ち放しコンクリートほど、

このことが大切なことは多くないだろう。

10年目の真実

思い出深い。

コンクリート補修創成期。

三島駅前のランドマーク。

目玉物件。

打ち放し。

絶対に受注したい。

背伸びして受注した壱番町マンション。


22323552_1061813063921025_2139709308_o.jpg

22292399_1061813060587692_1008558956_o.jpg

22281219_1061813043921027_1814800330_o.jpg

22292402_1061813047254360_1895889435_o.jpg

22281434_1061813053921026_1914915463_o.jpg

22281425_1061813050587693_529878165_o.jpg

(※設計施工 平成建設)

竣工直後の写真ではない。

ちょうど10年経過した点検に立ち会って撮影されたもの。


「10年経ってもきれいだよ」


お施主さんにも建設会社さんにもご評価いただいた。

ちょっと胸キュンだ。

【生コンでいいこと】型枠を外してゾッとしたことがある?



同時期に建設された近隣の打ち放し建築。

前始末。

事前処理をきちんと施していないコンクリート打ち放し。

専門的知識もなく打ち肌が取り扱われた結果。

その打ち放しコンクリートは今どうなっているか。


あこがれて決断した打ち放しコンクリート。

10年が経過し現実が姿を現す。

見るも無残な打ち肌に立ちすくみ、

コーキング打ち変えなどメンテナンス工事のついでに、

外装材を前面吹き付け。

よくある話だ。


こちらの現場。

その後当社のコンクリート補修事業は順調に成長した。

今では会社を強く支える柱の事業となっている。

それだけ思い入れが深い。

10年目の今。

「10年経ってもきれいだよ」

この評価が真実を示しているのだと思う。


生コン屋さんのコンクリート補修


専門的知識のある僕たちが提供する価値。

コンクリート打ち放し。

かかわるすべての相談にお応えできる。


次の10年も。

打ち放しコンクリートを選んでよかった。

そう思ってもらえるように。

これからも成長していきたいと思う。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/10/06

あわせて読むなら!

  • 「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    全国主要6都市その他で毎月10回開催されている「生コンでいいこと」セミナー(http://www.nr-mix.co.jp/calendar/index.html/)では、「打ち放し色合わせ体験」をプ...

    詳しく見る

  • 「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「顔が見える地元のすごいコンクリート色合わせ補修」と「顔が見えないどこかのよくわからないコンクリート色合わせ補修」。型枠を外して現れた各種施工不良をすぐに治したい時、どっちに依頼する? 10年以上の歴...

    詳しく見る

  • 「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    頼むなら「地元の専門家」が望ましい。最初から補修ありきではない。常に急を要する。型枠を外してゾッとする、ジャンカ、ピンホール、コールドジョイント、ひび割れetc。日頃から親しい業者さんがいないのが通常...

    詳しく見る

  • 「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「世の中から土間コンの色むらという問題が消滅する」。専門家なら誰もが志向していた「濡れる」塗料。打ち放しコンクリート色合わせ補修の弱点とも言っていい、「塗料は濡れない」ため、雨天時色合わせ補修箇所(ト...

    詳しく見る

  • 「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    生コンポータルでは10年以上取り組んでいる色合わせ補修という事業。事業戦略を構成するのは「誰」に「何」を「どうやって」とよく言われるが、もっと大切なものがあることに気づく 「何」を「誰」に「どうやって...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ