長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「2018年のコンクリート補修(診断)」

「2018年のコンクリート補修(診断)」

新年早々低迷する生コン産業についてご挨拶申し上げた。

年頭のブログ

巨艦の中で真面目にこつこつ生コン実務者としての役割を果たしていたとしてもその巨艦は数年後巨岩に衝突して沈没してしまう。

そのような趣旨のことを書かせてもらった。

実際的にそのような市場環境の中で、

僕たちは役割を果たし終えるのだろうか。

生コンは必要最低限、

大手資本がその役割を全うする。

僕たちの様な中小零細企業が経営する生コンは、

市場から消えてしまう。

それが未来予想図なのだろうか?

生コンブログの始まりである。


下りの放物線で期待できる成長カーブ

言葉でいうのは至極簡単なのだけど、

実際にそれを起こすとなるとかなりのエネルギーが必要になる。

ただし、そこを見つめ育てていかなければ、

本当に僕たち中小生コン工場は役割を終えることになるだろう。

チャンスはどこにあるか?


建設産業でも成長している分野がある。

維持管理

の分野だ。

時代はスクラップ&ビルドを終え、

サステイナブル社会に移行して久しい。

生コンにかかわるノウハウとこの維持管理が重なる領域はどこか?

コンクリート診断そしてそこに発生する補修・補強


結果論だ。

当社は15年ほど前から生コンにかかわる新規事業を多数こなしてきた。

手あたり次第寄せられた事業機会に手を染めた。

小さなものを数えれば数十に上る新規事業に手を出してきたことになる。

どれに対しても誠心誠意思い切り打ち込んだ自信がある。

ただ、結果的に残ったものと消えていったものとがある。

順調に成長し今後も成長できる分野。

その一つに、

コンクリート打ち放し補修(診断)

があった。

結果論で申せば、

「維持管理・サステナブル社会の文脈に当てはまるよね」

偉そうに講釈を垂れることはできる。

ただ、当事者としてそんな風に客観的には考えていなかった。

ただがむしゃらにやり続けていたら、

今その事業が残っていますって感じだ。


2018年のコンクリート補修(診断)

さあ、ますます過酷になる市場環境。

後ろから崖が崩れてくる。

それも猛スピードで僕たちに追いついてくる。

そんな状況の中で安穏とこれまでと同じように事業を進捗していていいわけがない。

指数関数的な成長。

シフトチェンジした成長を遂げなければ、

強烈に低迷する生コン産業に飲みこまれ事業の将来も危うい。

猛烈なスピード感で生コン産業に新風を巻き起こさなければならない。

そのシーズが2017年に生まれたと僕は思っている。

全国の生コン工場が最も身近なコンクリートの専門家

このように低迷し減少する生コン工場を再定義すること。

巨大プロジェクトの橋やビルの補修や診断ではなくて、

ほんと身近なコンクリート構造物のひび割れの診断。

病院に例えるならば、

大学病院ではなくて町医者的なポジション。

としての生コン工場。


この文脈にすべてをささげる2018年を過ごす。

小規模なコンクリート構造物とはいえ、

こつこつ一つ一つ足し算していけば巨大なコンクリートストック。

これらが市場。

生コンをつくるだけが生コン工場の役割です。

そんなことをしていたら、

本当に破たんするだろう。

僕たち生コン産業は。


全国の小規模コンクリート構造物

その市場にもっとも近い生コン工場という存在。

まだない流通脈。

2017年にちょっとだけ見出すことができた、

シーズとしての事業機会。

ただ、このシーズが順調に成長すれば、

建設産業で唯一成長している分野・市場が目の前に開かれることになる。

バブル・リーマン以降低迷に慣れきってしまった僕たち生コン業。

ただ、破たんを待つだけのようにも見える生コン産業。

その中で安定的に成長していく市場が目の前にある。

リスクをとって一歩前進するのもとどまるのも、

僕たち生コン実務者の判断次第。


僕たちは前進します。新たな市場で生コン工場の新たな役割を生み出すために。必ず達成します。


コンクリート補修(診断)事業に関する、

年頭の決意をしたためさせていただいた。

本年も引き続き格別のご高配をいただけますよう、

どうぞよろしくお願い申し上げます。


2018年元旦


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/01/01

あわせて読むなら!

  • 「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    全国主要6都市その他で毎月10回開催されている「生コンでいいこと」セミナー(http://www.nr-mix.co.jp/calendar/index.html/)では、「打ち放し色合わせ体験」をプ...

    詳しく見る

  • 「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「顔が見える地元のすごいコンクリート色合わせ補修」と「顔が見えないどこかのよくわからないコンクリート色合わせ補修」。型枠を外して現れた各種施工不良をすぐに治したい時、どっちに依頼する? 10年以上の歴...

    詳しく見る

  • 「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    頼むなら「地元の専門家」が望ましい。最初から補修ありきではない。常に急を要する。型枠を外してゾッとする、ジャンカ、ピンホール、コールドジョイント、ひび割れetc。日頃から親しい業者さんがいないのが通常...

    詳しく見る

  • 「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「世の中から土間コンの色むらという問題が消滅する」。専門家なら誰もが志向していた「濡れる」塗料。打ち放しコンクリート色合わせ補修の弱点とも言っていい、「塗料は濡れない」ため、雨天時色合わせ補修箇所(ト...

    詳しく見る

  • 「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    生コンポータルでは10年以上取り組んでいる色合わせ補修という事業。事業戦略を構成するのは「誰」に「何」を「どうやって」とよく言われるが、もっと大切なものがあることに気づく 「何」を「誰」に「どうやって...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ