長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「敷地ギリギリまで家を配置することだって可能」 L型擁壁・施工不良・コンクリート補修・打ち放し・ブロック・CBRC・省スペース・工期短縮

「敷地ギリギリまで家を配置することだって可能」 L型擁壁・施工不良・コンクリート補修・打ち放し・ブロック・CBRC・省スペース・工期短縮

隣地敷地との境界ギリギリに建築される住宅基礎施工。実際擁壁(L型など)を土地の中に施工するのは技術的に難しい。費用を抑えて隣地ギリギリにL型擁壁を配置可能な、打ち放しコンクリート色合わせの技術に迫る!


【生コンでいいこと】下地はなんでも?打ち放しの表面をどこでも再現





最低1週間はかかる工程が、

早ければたった2日。

色むらとか施工不良が絶対にない


自分の家にいる時間よりも、

新幹線に乗っている時間の方が長いのではないか。

よく睡眠は人生の3分の1

だから質を高めましょう。

そんなことを耳にすることがある。

僕の場合新幹線で過ごす時間が非常に長い。

であれば新幹線に乗っているその時間を、

とても有意義で豊かなものにすること。

それが目指すべき道筋なのかもしれない。

生コンブログの始まりである。


22117748_1543078545782513_1804270797_o.jpg

Before

22117924_1543078552449179_59819931_o.jpg

After


これは住宅外構の土留め擁壁(L型擁壁)

住宅エクステリアではよく見かけるもの。

土留め、つまり、土を留めておくための構造物だから、

きちんとコンクリートである必要がある。


22119324_1543078535782514_1872439518_n.jpg

Before

22127370_1543078532449181_804955725_n.jpg

After


こちらはブロック塀の表面を下地処理(Before)した上に、

コンクリートの打ち肌風の加工を施したもの。

まるで、L型擁壁のように見えると思う。

けど、実はブロック塀ってやつ。


これ、何がすごいって、

コンクリート打設をしないから仕事が早い

L型擁壁をガチで作ろうとしたら、

1.配筋を組む

2.型枠を組む

3.生コン打設

4.養生

5.型枠撤去

6.完成(色むらや施工不良がある場合もある)

最低1週間はかかる工程が、

1.ブロックを積む

2.下地を作る

3.打ち放し面を表面に描く

早ければ2日間で終わってしまって、

しかも、

色むらとか施工不良が絶対にない

ということになる。


さらに。

L型擁壁

lgatayouheki.PNG

断面はこんな感じなわけだけれども、

ご覧の通り、見えない土の中は結構スペースを要している。

だから、敷地ギリギリまで家を配置したいとなった場合、

このLの下の部分が邪魔になる。

という問題点がある。

ブロックの場合はその点省スペース

敷地ギリギリまで家を配置することだって可能。


お分かりいただけただろうか。


ところで、今日は真剣に眠い。

理由は昨日呑みすぎたからだ。

お酒いっぱい飲むって幸せなことだ。

ちょっと何か書きたいのかわからなくなってきた。

今後ともよろしくお願いします。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/10/01

あわせて読むなら!

  • 「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    全国主要6都市その他で毎月10回開催されている「生コンでいいこと」セミナー(http://www.nr-mix.co.jp/calendar/index.html/)では、「打ち放し色合わせ体験」をプ...

    詳しく見る

  • 「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「顔が見える地元のすごいコンクリート色合わせ補修」と「顔が見えないどこかのよくわからないコンクリート色合わせ補修」。型枠を外して現れた各種施工不良をすぐに治したい時、どっちに依頼する? 10年以上の歴...

    詳しく見る

  • 「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    頼むなら「地元の専門家」が望ましい。最初から補修ありきではない。常に急を要する。型枠を外してゾッとする、ジャンカ、ピンホール、コールドジョイント、ひび割れetc。日頃から親しい業者さんがいないのが通常...

    詳しく見る

  • 「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「世の中から土間コンの色むらという問題が消滅する」。専門家なら誰もが志向していた「濡れる」塗料。打ち放しコンクリート色合わせ補修の弱点とも言っていい、「塗料は濡れない」ため、雨天時色合わせ補修箇所(ト...

    詳しく見る

  • 「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    生コンポータルでは10年以上取り組んでいる色合わせ補修という事業。事業戦略を構成するのは「誰」に「何」を「どうやって」とよく言われるが、もっと大切なものがあることに気づく 「何」を「誰」に「どうやって...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ