長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「ついでにかっこいい庭を|CBRC工法」

「ついでにかっこいい庭を|CBRC工法」

ドライテックと一括受注、「ついでにかっこいい庭を」。ブロック積みを杉板模様にするCBRC工法。約40㎡のブロック積み上げから仕上げまでで約100万円。「きれいに仕上がったとのお言葉を頂いています」。茅ヶ崎。



ついでにかっこいい庭を

もともとは透水性コンクリートの引き合い。

ネットで生コンポータルがヒット。

水勾配のない駐車場

きっかけはそっちだった。


8BCEFF66-F101-4132-A88F-7D1D2C6B7B7D.jpeg

※以前ブログでも紹介した茅ヶ崎の現場の透水性コンクリート完成写真。当時はまだ擁壁はブロック塀をモルタルで塗った状態だった。http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/case/post_459.html



「ついでにかっこいい庭を」

一生に一度の買い物。

妥協はしたくない。

光栄なことだが、生コンポータルをあれこれお調べいただいたそうだ。

そこで今回の採用。


C814B463-9A61-4F6E-AA7D-2F20FC9D0E17.jpeg

※Before 手前は透水性コンクリートが見える。以前と変わらずブロック塀にモルタルが塗ってある(下地生成)


C1728DD0-B25F-47AA-ABBA-2427F29AAB66.jpeg

※After 杉板打ち放しではないと断じることのできる人は皆無。叩いた質感だって完全に打ち放し擁壁のそれ


供給した僕たちが申し上げるのも手前味噌だが、

一般家庭に望むべくもない高級感溢れるエクステリアシリーズだと思う。

とても美しい。



図らずもこちらのお宅は生コンポータルの技術の粋を極めた仕様となった。

これまで一般家庭の建設に望めなかったこと。

生コンの高級品。

・透水性コンクリート

・杉板打ち放し擁壁

そのどちらもが一般的になりつつある。

生コンでいいことが広がっている。


この秘密は生コン工場のアライアンスにある。

中小企業の共感をベースとした連携にある。


時代は大きく変化する。

大手企業や大資本だけが楽しめる高級ではない。

もっと身近に、

僕たちの連携があればそれが実現できるはずだ。

もっと、生コンでいいこと。

生コンポータルの使命です。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/08/28

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ