長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「海外でも行けんじゃね?」 沖縄・色合わせ・体験会・コンクリート打ち放し・

「海外でも行けんじゃね?」 沖縄・色合わせ・体験会・コンクリート打ち放し・

やっぱり沖縄だった。

まず、寒くない。

現地の富永さんはダウンジャケットをまとって、

「寒い、寒い」

と連呼していたが、

僕は心の中で「あちぃ」と連呼していた。

比較的温暖な伊豆から比べても超暖かい。

やっぱり、沖縄。

そして、

コンクリート色合わせ補修に対してのリアクション。

熱い。

こちらも、やはり沖縄、というべきだろう。

実に沖縄的なリアクションだった。

生コンブログの始まりである。


※沖縄の皆さんご協力ありがとうございます。


前段の透水性コンクリートセミナーの来場者の皆さん全員出席

沖縄の建物はコンクリート打ち放しが多い。

以前からの印象としてそう思っていた。

きっと色合わせセミナーにも多くご来場があるだろう。

そんな風に思っていたのだが、

「沖縄の塗装に対する環境は酷烈」

「塗装がすぐにダメになる」

それは本当のようだった。

その所為なのかやはり沖縄には打ち放しコンクリートが多い。


施工して半年経過してからひび割れ

そんな現象も比較的多く、

コンクリート補修そのものの市場も大きいようだった。

それだけに参加者の姿勢は他の地区に比べても非常に好意的だった。


25400705_1115213725247625_1782375484_o.jpg

※南陽土建の比嘉専務も飛び入り参加で誰よりも大きく「生コンニチハ」とご挨拶(笑)


25400910_1115213698580961_1540804510_o.jpg

※基本をお伝えしてそれぞれに施工をしてみる


25435548_1115213715247626_1101674448_o.jpg

※色合わせの構成を説明をするのは最近少し痩せた小松担当


ここで習得できるのは技術だけじゃない

もちろん色合わせ補修の序論、いろはのい。

そこに立っていただくこともできる。

ただ、それ以上に価値のあるのは、

ネットワークに接続するということ。

全国で展開されるこの色合わせ体験会。

そこで生み出される技能者との交流。

ネットワーク。

伊喜さんをはじめ既存のエキスパートを中心として、

全国の技能者がネットワークでつながる。

実はこれがお届けできる一番の価値。


もちろん、明日から色合わせ補修を事業スタートいただける。

最初から高度な色合わせはできない。

ただ、少しずつネットワークとの実体験(実施工)の中で、

その技能を磨き込んでいただくことができる。

少しずつ高度な技能も習得できる。

スターターキットをはじめ、

色合わせの道具や材料ももちろん手にすることができるし、

それらを使って自力で練習もできるけど、

何よりも先輩たちとの交流が一番。


沖縄の方々との交流で改めてそれを感じた。

今回感じたのは、

「海外でも行けんじゃね?」

ということ。

25400904_1115213758580955_497918258_o.jpg

※色合わせセミナーキットをごろごろと転がす最近痩せた小松担当


コンクリート色合わせの需要は日本だけだろうか?

もちろんそんなことはない。

確かに日本では打ち放しコンクリートがとても好まれる。

ただ、それは文化として広げていくことができるはずだ。

グローバル化する市場で僕たちの強みを発揮することだってできるのではないか?

コンクリート色合わせ体験会はまだまだ続く。


グローバル化の玄関になりうる沖縄で、

僕たちが考えていたことはおおむねそんなことだった。

(この終わり方がなんとなく落ち着いた感じで僕は好きだ)


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2017/12/15

あわせて読むなら!

  • 「現場で体験できる!実際の道具と材料に触れる!!|打ち放し色合わせ」

    「現場で体験できる!実際の道具と材料に触れる!!|打ち放し色合わせ」

    好評を博している打ち放し色合わせ体験プログラム(http://www.nr-mix.co.jp/topics/post_281.html)。実際体験してみたけど、スターターキット手に入れてみたけれど、...

    詳しく見る

  • 「補修費用の不透明さを解決|打ち放し色合わせ」

    「補修費用の不透明さを解決|打ち放し色合わせ」

    設計には「杉板型枠」がスペックされているけれど、現場の経験から絶対補修が必須になる。それも、「いくらかかるかわからない」が本音。それなら最初から完璧を期待できる「色合わせ」による普通コンクリート表面へ...

    詳しく見る

  • 「顔の見える全国ネットワーク|打ち放し色合わせ」

    「顔の見える全国ネットワーク|打ち放し色合わせ」

    「とにかく急いでる!ジャンカを治して!!」型枠を外してみたらコンクリート表面に深刻なジャンカ。慌ててWEB検索色合わせ補修の存在を知る。下地をモルタル補修施工して発生3日後に完了(本当は翌日施工をご希...

    詳しく見る

  • 「土間コン端部の割れ|色合わせ補修」

    「土間コン端部の割れ|色合わせ補修」

    コンクリート土間駐車場の端部(写真)が車両の重量により欠ける(クラック)。リフォーム工事などでモルタル補修を施工するもその部分だけ目立ってしまう。左官と色合わせを施工。一式60,000円 よく見かける...

    詳しく見る

  • 「『やってみなければわからないなぁ』 プロの仕事とは?|月刊打ち放し色合わせ Vol.13」

    「『やってみなければわからないなぁ』 プロの仕事とは?|月刊打ち放し色合わせ Vol.13」

    不安を抱えていない人はいないはずだ。不安とは「わからないこと」に起因する精神状態。半製品生コンクリートの取り扱いは数多くの変数の影響にさらされる。型枠を外した時に表出する結果。それがさらにどうなってい...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ