長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「色合わせした箇所だけ濡れ色にならない|打ち放し色合わせ」

「色合わせした箇所だけ濡れ色にならない|打ち放し色合わせ」

コンクリートは濡れるもの。石材など自然なものは水に濡れれば「濡れ色現象」を起こすのが自然。しかし、エフロ対策や打ち放し色合わせ補修の施工などひとたび表面を保護してしまうと「水を弾く」。「水に濡れなければコンクリートじゃない!」そんな分野のイノベーションが齎された
http://www.nr-mix.co.jp/rc/



とある革新的な技術がある。

セメントは無機質。

一方、多くの塗料は有機質。

セメントはガラスとか石材の仲間。

塗料は輪ゴムとかアスファルトの仲間。

ざっくりそんな感じ。

セメントを原料に作られるコンクリートはもちろん、

無機質。

石材の仲間。

雨が降ればコンクリートは濡れ色に染まる。

一方、塗装は膜を張っていて水を弾く。

濡れ色にならず元来の色をそのまま保つ。



これまでの色合わせの限界

32C4FB5E-CF87-4CF6-864B-CE7742CA0342.jpeg

※色合わせ前


0F1748CA-1A8F-4902-86E3-B22FA3174F5A.jpeg

※色合わせ後



色合わせはつまり打ち放しコンクリートの打ち肌の品質を損なうことなく不良箇所(落書き部分)を綺麗に塗装して隠す技術

写真のように雨がかからない場所で壁面(垂直面)ならいいけど、

普段から雨がかかる、

例えば水平面

土間コン

の色むらを補修した後にはこの色合わせ技術は問題を孕む。


所詮、塗装

という問題。

別に塗装を悪くいうわけではなくて、

本来コンクリートは水に濡れるもの。

通り雨がコンクリートを染めていくのさ

なんて歌詞もあったくらい。

コンクリートは濡れ色に染まる。

情緒がある。

色合わせをするとそのコンクリートがまるで濡れずに白く光る。

情緒もクソも無くなってしまう。

これが、これまでの打ち放し色合わせの限界だった。


069CEA5D-3C1B-48AC-B933-9DB9FEB2745B.jpeg

※某社が開発した完全無機(液体セメント)による色合わせ材料の試験施工



完全にセメントの塗料

ということは硬化してから水がかかればもちろん濡れる。

濡れ色になる。

色合わせをした箇所だけ濡れ色にならない

そんな現象はもう起きない。

これ、結構イノベーションだと思ってる。

長年コンクリート補修という分野に携わっていて、

誰もブレイクスルーできなかったこの分野。

神ってる。


バージョンアップした生コンポータルの、

打ち放し色合わせ技術

さらに多くの人たちをハッピーにできる。

確信しています。


生コンでいいこと。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/05/18

あわせて読むなら!

  • 「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    全国主要6都市その他で毎月10回開催されている「生コンでいいこと」セミナー(http://www.nr-mix.co.jp/calendar/index.html/)では、「打ち放し色合わせ体験」をプ...

    詳しく見る

  • 「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「顔が見える地元のすごいコンクリート色合わせ補修」と「顔が見えないどこかのよくわからないコンクリート色合わせ補修」。型枠を外して現れた各種施工不良をすぐに治したい時、どっちに依頼する? 10年以上の歴...

    詳しく見る

  • 「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    頼むなら「地元の専門家」が望ましい。最初から補修ありきではない。常に急を要する。型枠を外してゾッとする、ジャンカ、ピンホール、コールドジョイント、ひび割れetc。日頃から親しい業者さんがいないのが通常...

    詳しく見る

  • 「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「世の中から土間コンの色むらという問題が消滅する」。専門家なら誰もが志向していた「濡れる」塗料。打ち放しコンクリート色合わせ補修の弱点とも言っていい、「塗料は濡れない」ため、雨天時色合わせ補修箇所(ト...

    詳しく見る

  • 「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    生コンポータルでは10年以上取り組んでいる色合わせ補修という事業。事業戦略を構成するのは「誰」に「何」を「どうやって」とよく言われるが、もっと大切なものがあることに気づく 「何」を「誰」に「どうやって...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ