長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「現場で体験できる!実際の道具と材料に触れる!!|打ち放し色合わせ」

「現場で体験できる!実際の道具と材料に触れる!!|打ち放し色合わせ」

好評を博している打ち放し色合わせ体験プログラム(http://www.nr-mix.co.jp/topics/post_281.html)。実際体験してみたけど、スターターキット手に入れてみたけれど、実際仕事として受注するにはちょっと抵抗ある。毎日動いている実際の現場で一流のプロと一緒に「色合わせを体験できます!」
http://www.nr-mix.co.jp/rc/



現場で実際の道具と材料をつかって「色合わせ」

建設現場、特に打ち放しコンクリートがある現場でみたことありませんか?

ブルーシートとかホロで隠してこそこそ作業している。

打ち放しコンクリートの色合わせ補修

特殊で秘伝で門外不出。

なんか中ですごそうなことやってそう。

僕自身はみたことはないけれど、

建設現場経験の長い人の中にはそんな光景を見たことがあると聞く。

ぶっちゃけさせてもらうと、

「隠すようなもんは大したことないんです」

事実、そんな彼らがやっている程度のことは、

逆にいうと「簡単に盗まれる」ということの証拠。

つまり、それほど大した技術ではないという生きた証拠。

一方、僕たちが日頃お世話になっている伊喜さんをはじめ、

一流の技能者は隠さない。

見せても真似できない技術まで高めているからだ。

(杉板やラーチ合板など特殊な型枠の打ち肌だって再現しちゃう)

7DA51F54-692E-4680-9BE0-A43D3ACB2874.jpeg

※この分野の超一流クリエイター伊喜さんの仕事の様子



本当の価値があるから「隠さない」色合わせ

中には「隠す」を前提にした商売が成り立っているようだ。

「この技術を修得するとあれこれたくさん売り上げがあがるんです。なので、契約金で数十万・数百万まずはお支払いください」

みたいなw

そうした閉鎖的・保守的な業界構造を伊喜さんは嗤う。

実力があれば隠さず堂々としていればいい。

本当の実力とは多くの評価にさらされ日々研鑽されるもの。

この分野に携わって長く、

もちろんそれだけの才能と努力があったからこその高みにいる。

そうしたものは一朝一夕にして修得できるようなまがいものではない。

そんな一流の技能者を含む実際に現場で色合わせをしている人たちとの交流。

「朱に交われば赤くなる」

ということわざもあるくらい。

きっと参加する人たちにとって貴重な体験になることは想像に難くない。



打ち放し色合わせスタートの背中を押す

体験プログラム(セミナー)で経験できるのは、

いわゆる打ち放し色合わせの初歩の初歩の技能。

その初歩の技能を持っているからってすぐに現場を受注するほど自信がない。

当然のことかもしれない。

もちろん生コンポータルではそんな人たちのために派遣制度も用意している。

それでも、ちょっとたじろいでしまう。

今まで経験したことないことを始めることは誰にだって苦痛を伴うことだ。

変化はそれだけ勇気がいるもの。


毎日、色合わせという価値を社会にお届けしている生コンポータル。

そんな勇気を持っている人たちをバックアップしたい。

顔の見えるネットワーク。

隠さない色合わせ集団。

きっと新しいワクワクを手に入れることができると信じています。


生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

2018/06/04

あわせて読むなら!

  • 「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    全国主要6都市その他で毎月10回開催されている「生コンでいいこと」セミナー(http://www.nr-mix.co.jp/calendar/index.html/)では、「打ち放し色合わせ体験」をプ...

    詳しく見る

  • 「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「顔が見える地元のすごいコンクリート色合わせ補修」と「顔が見えないどこかのよくわからないコンクリート色合わせ補修」。型枠を外して現れた各種施工不良をすぐに治したい時、どっちに依頼する? 10年以上の歴...

    詳しく見る

  • 「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    頼むなら「地元の専門家」が望ましい。最初から補修ありきではない。常に急を要する。型枠を外してゾッとする、ジャンカ、ピンホール、コールドジョイント、ひび割れetc。日頃から親しい業者さんがいないのが通常...

    詳しく見る

  • 「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「世の中から土間コンの色むらという問題が消滅する」。専門家なら誰もが志向していた「濡れる」塗料。打ち放しコンクリート色合わせ補修の弱点とも言っていい、「塗料は濡れない」ため、雨天時色合わせ補修箇所(ト...

    詳しく見る

  • 「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    生コンポータルでは10年以上取り組んでいる色合わせ補修という事業。事業戦略を構成するのは「誰」に「何」を「どうやって」とよく言われるが、もっと大切なものがあることに気づく 「何」を「誰」に「どうやって...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ