長岡生コンクリート
生コン屋さんとコンクリート補修
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「WEBからの問い合わせすごいっすわ」 SEO対策・コンクリート・色合わせ・補修・杉板・ジャンカ・ピンホール・コールドジョイント

「WEBからの問い合わせすごいっすわ」 SEO対策・コンクリート・色合わせ・補修・杉板・ジャンカ・ピンホール・コールドジョイント

楽して成功する。

そんな悪魔のささやきみたいなの。

無理せず楽しくダイエット。

できるわけない。

そう思っていた。

「なんで私が東大に?」

みたいな。

そういった宣伝文句はまやかしだと思っていた。

その考え方を修正せざるを得ないのかもしれない。

そう考えさせられる事件があったのだ。


ponnkotsutaisi.jpg

※ぽんこつの愛称でおなじみの伊藤大司さん(36)


ぽんこつとはつまりぽんこつ。

会の主催をすれば見事来場者0

なにをやってもぽんこつ。

それが、ぽんこつのぽんこつたるゆえん。


そのぽんこつがこのところWEBに力を入れ始めた。

それこそここ2か月のことだ。


「WEBからの問い合わせすごいっすわ」

この点については異論をはさむ余地がない。

「この間小松君に色合わせ補修の仕事投げたっすわ」

だいぶ偉そうに言われて多少かちんときたものの、

事実なので一応感謝を述べる。

「コミッションのルールとか設定してもらいたいっすわ」

つまり、彼はこう言いたいのだろう。

その会社が努力して引き合いを得たのであれば、

その努力に対してきちんと報酬を設定すべきだ、と。

「そうすれば努力のし甲斐があると思うんすわ」

この点についても異論はない。

ただ、ちょっとしゃべり方がむかつくということを除けば。


20641328_1877456185614450_749322970_o.png


このチャートを見てほしい。

伊藤商店社のWEBサイトの閲覧者数の分析結果だ。

6月中旬に明らかな変化が見て取れると思う。

青い線は直近の閲覧数の状況。

6月中旬を境に突如閲覧数が増加している。


事実このタイミングからコンクリート打ち放し色合わせ補修に関する引き合いが増えている。

特に7月下旬の1週間の伸びは顕著だ。

ぽんこつの言葉を借りれば、

「WEBからの問い合わせすごいっすわ」

となる。


何が原因か?

実はこの6月の中旬からぽんこつはあることを始めた。

「みつやさん、ブログをそのまま使わせてもらいますわ」

つまり、

コピペ

である。


SEO対策の常套手段に、

「更新頻度を高める」

というのがある。

どんなに素晴らしい記事を月に1回書いたとしても、

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

がSEO対策の真理として知られている。

普通の感覚であれば、

「文章書くのは苦手だけど、頑張ろう」

ということになるはずなのだがぽんこつは違った。

「みつやさん、ブログをそのまま使わせてもらいますわ」

「コミッションのルールとか設定してもらいたいっすわ」

「そうすれば努力のし甲斐があると思うんすわ」


ぽんこつにとっての「努力」とはつまりコピペのことだったそうだ。


楽して成功する。

そんなものはまやかしだと思っていた。

しかし今回はぽんこつに100:0で敗れた感じだ。

堂々とコピペしてSEO対策に成果を上げている。

しかもである。

以前のブログでも紹介したように、

SEO対策は人口の多い地域であればあるほど効果が高い

という真理がある。

つまり、コピペだろうとなんだろうと検索順位が高ければ、

その会社の所在地が人口密集地である場合、

コンバージョンといって問い合わせの数もそれだけ増えるということになる。


理屈ではそうなるということがわかっていたとしても。

ぽんこつにものの見事に成功されると手放しに納得できない。

なんとなくむかつくのである。


ただ、見方を変えれば、コピペほどあからさまではないにしても、

複数の企業グループが同じ検索キーワード、

例えば、色合わせ・コンクリート・補修・打ち放し・ジャンカ・ピンホール・コールドジョイント・杉板etc

のようなものを利用して定期的に記事を更新することは、

個社にとっても企業グループ全体にとっても有効なSEO対策

ということにつながる。


この時代、情報発信は確実に求められる中小企業の機能となる。

その意味で、ぽんこつの今回の快挙(?)は無視できない。

ぽんこつでもやればできる。

情報戦略は奥深い。


宮本充也

宮本 充也

主な著者宮本 充也

1級土木施工管理技士・コンクリート診断士・コンクリート主任技士

趣味:ランニング

他、小松英樹、二見武馬

2017/08/06

この記事を読んだ人は、こんな記事を読んでいます。

  • 「施工の際に様々なトラブル」 色合わせ・体験会・愛知・打ち放し・補修

    「施工の際に様々なトラブル」 色合わせ・体験会・愛知・打ち放し・補修

    建設を営む上でコンクリートは絶対必須の材料そのコンクリートの大半は地元の生コン屋さんから調達する。調達された生コンクリートは半製品。だから施工の際に様々なトラブルに見舞われる。 続いて開催されたのは、...

    詳しく見る

  • 「横浜でも打ち放し色合わせ」 体験会・横浜・コンクリート・補修

    「横浜でも打ち放し色合わせ」 体験会・横浜・コンクリート・補修

    本質的に言えばスタートアップのお手伝いということになる。 全国で開催している、 コンクリート色合わせ補修体験会 技能は聞いたことあるけれど、 実際にどのように打ち放しコンクリートの表情を再現するのか。...

    詳しく見る

  • 「打ち放しが好きになる|CI」

    「打ち放しが好きになる|CI」

    当サイトの想定閲覧者は(小規模)建設事業者。 その人たちに届く言葉を選んで情報発信。 CI(Corporate Identity)といって、 このところ統一感のある情報発信を心がけている。 統一感のな...

    詳しく見る

  • 「2018年のコンクリート補修(診断)」

    「2018年のコンクリート補修(診断)」

    新年早々低迷する生コン産業についてご挨拶申し上げた。 (年頭のブログ) 巨艦の中で真面目にこつこつ生コン実務者としての役割を果たしていたとしてもその巨艦は数年後巨岩に衝突して沈没してしまう。 そのよう...

    詳しく見る

  • 「コンクリート色合わせ補修の事業領域」 愛知・コンクリート打ち放し・色合わせ・体験会

    「コンクリート色合わせ補修の事業領域」 愛知・コンクリート打ち放し・色合わせ・体験会

    今年から始まった一番大きな出来事。 生コン工場と一緒に勉強会。 対象は生コン工場の周りの小規模建設事業者。 予め生コン工場の名前を主催に記したFAXDMを撒いておく。 これを僕たちは空爆と呼んでいる。...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

ご意見・コメント

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ