長岡生コンクリート
内外ともに美しいコンクリート
最新鋭をご家庭に

「コンクリートで不幸になる人を0にする」 土間・コンクリート・足跡・擦り跡・トップコート・補修・緊急・価格

「コンクリートで不幸になる人を0にする」 土間・コンクリート・足跡・擦り跡・トップコート・補修・緊急・価格

竣工引き渡し後に顧客から指摘された床面の足跡や擦り跡。トップコートをそのまま施工しているのでけずるしかないが、削ってトップコートを塗っても削った痕が目立ってしまう。施工業者に聞いても直せるかわからないとのことだった。工場の土間。


やばい。

そんな心理だったろう。

建設現場というのはいわばアリ塚。

本社・協力業者・設計・管理者・施主

などの構成要因との調整をしながら、

建設工事の安全や技術の進捗の責任を持つ現場代理人。

想定外をいかに想定内に収めてきちんと進めるか。

現場代理人はサラリーマンかもしれないが、

やってることは中小企業のおやじとほぼ同じ。


経験を積めば積むほどいろいろなアクシデントに対しての耐性はつく。

ただ、それでも想定外は起きる。


十人十色という言葉があるように、

毎回同じってことはやっぱりない。

中でも、

コンクリート打ち肌(壁・土間)に関するトラブル

は特に問題の重要度と緊急度は高いものだろう。


今回の現場もそのうちの一つ。

19179296_1441929892564046_2000810468_o.jpg

Before


竣工後お施主さんからのご指摘。

無数にある足跡や擦り跡。

「使ってるうちに汚くなりますから」

そんな言葉が口元まで出かかって飲み込む。


竣工引き渡し後に顧客から指摘された床面の足跡や擦り跡。トップコートをそのまま施工しているのでけずるしかないが、削ってトップコートを塗っても削った痕が目立ってしまう。施工業者に聞いても直せるかわからないとのことだった。工場の土間。


建設現場はアリ塚。

情報は無限に入るようでいて、

実は制限された情報の中で意思決定を下さなければならない。


本社・協力業者・設計・管理者・施主


あらゆる関係者に相談したが、

「できない」

という答えが返ってくる。


19197533_1441929919230710_1571813436_o.jpg

After


僕たちの価値は、

建設業界の情報の流動性を高めることによって、

本当に困っている人を笑顔にすること。


僕たちのもとにたどり着いていただいて、

現場調査を依頼した時の回答、

「できますよ」

を信じてサンプル施工をご依頼いただいた。

(※お打合せの末、規模から100,000円をご提示)

実際はサンプル施工の範囲内ですべてきれいになってしまい、

お施主さんの笑顔も勝ち取ることができた。


「きれいにわからなくなってびっくりした」


僕たちの価値はただきれいに打ち肌を補修するというものじゃない。

情報が限られているこの建設業界に新たな水平脈、

情報の流動性を高める

をもたらして無駄に困っている人にHappyを届ける。

「コンクリートで不幸になる人を0にする」

そんな気持ちでやっています。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    「充也のインストラクターデビュー|打ち放し色合わせ体験」

    全国主要6都市その他で毎月10回開催されている「生コンでいいこと」セミナー(http://www.nr-mix.co.jp/calendar/index.html/)では、「打ち放し色合わせ体験」をプ...

    詳しく見る

  • 「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「『濡れる』はコンクリート補修のイノベーション|月刊色合わせ補修 Vol.14」

    「顔が見える地元のすごいコンクリート色合わせ補修」と「顔が見えないどこかのよくわからないコンクリート色合わせ補修」。型枠を外して現れた各種施工不良をすぐに治したい時、どっちに依頼する? 10年以上の歴...

    詳しく見る

  • 「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「近くと遠くどっちがいいの?|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    頼むなら「地元の専門家」が望ましい。最初から補修ありきではない。常に急を要する。型枠を外してゾッとする、ジャンカ、ピンホール、コールドジョイント、ひび割れetc。日頃から親しい業者さんがいないのが通常...

    詳しく見る

  • 「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「ついに登場『濡れる』塗料|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「世の中から土間コンの色むらという問題が消滅する」。専門家なら誰もが志向していた「濡れる」塗料。打ち放しコンクリート色合わせ補修の弱点とも言っていい、「塗料は濡れない」ため、雨天時色合わせ補修箇所(ト...

    詳しく見る

  • 「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    「誰も興味ない事業戦略について|打ち放しコンクリート色合わせ補修」

    生コンポータルでは10年以上取り組んでいる色合わせ補修という事業。事業戦略を構成するのは「誰」に「何」を「どうやって」とよく言われるが、もっと大切なものがあることに気づく 「何」を「誰」に「どうやって...

    詳しく見る

生コン屋さんとコンクリート補修については
こちらをご覧ください。

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ