長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「内村航平を抑えて生コン堂々の1位|コブラ生コン事件」

「内村航平を抑えて生コン堂々の1位|コブラ生コン事件」

長くやっていると驚くことがある。

検索順位はいつも気にしている。

前回は辻元清美議員だった。

たまに生コンが話題になることがある。

生コンの適性な理解を推進する。

もって生コンにかかわる市場を豊かにし、

そこに従事する僕たちの仕事に誇りを持つ。

多少そんな目的も寄せつつ毎日せっせと記事を更新している。


h&l.PNG

いやはや、またもや当サイト「生コン」が1位の座を譲った。

非常に気になったので内容を見てみると、


namakonngoumonn.PNG


生コンを拷問に使うということで大変話題になっているようだ。


前回は政治献金、

今回は拷問か。


まあ、何にせよ話題になるということは悪くない。


しかし、この生コン食べたらどうなりますかというインタビューおもろい。

そもそも食べられないのだから。

普通生コンを使った拷問を考えた場合、

生コンで全身を固めて身動きできなくする

みたいなのが一般的(?)なはずだが、

その生コンを食べさせるというのだから。


念のため解説を加えておくと、

生コンは砂・砂利・セメント・水を主要成分としていて、

砂利は大体20~25㎜ほどの大きさとなっている。

食べられるだろうか?


生コンブログ。

決してネタがないわけじゃない。

グロースパートナーズの土井さん(セルドロン)が、

「ブログネタにどうぞ!」

ということでメッセンジャーで知らせてくれた。

一応、ありがとう。


なぞは深まるばかりだが、

秋が深まることと何らかの関係があるのかもしれない。

各位、決して生コンを飲まないように。

お酒も飲みすぎないように。

というわけで生コンブログ次回もお楽しみに。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    未来についてわかっている唯一のこと、それは現在とは違うと言うことだ。未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、後ろを見ながら田舎道を運転するようなものだ。未来を予測する最善の方法は、それを作...

    詳しく見る

  • 「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    2018/09/10は全国的に雨降りの1週間の始まり。週末に英気を養い全力で駆け抜ける1週間。雨の日には雨の日にできることを、晴れの日には押し寄せる目の前の出来事に心を乱されないように、全力でこの1週...

    詳しく見る

  • 「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    生コン工場は地域に経済がなければ存在を許されない。地元が末永く存続するためには、地元の経済が潤う必要がある。この美しい伊豆の自然が世界に認知される最初で最後のチャンス、2020五輪自転車競技開催は伊豆...

    詳しく見る

  • 「生コンでいいこと見学会配布資料」

    「生コンでいいこと見学会配布資料」

    生コンでいいこと見学会にご来場くださいましてまことにありがとうございます。短いお時間ではありますが有意義な機会としていただけるよう全力でご案内いたしますので何事も遠慮なくお尋ねください。http://...

    詳しく見る

  • 「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    2018年9月4日〜3日間の日程で開かれているAIJ2018年大会。大会プログラムの中でもひときわ注目を集めたテーマ「ICTによるコンクリート生産革命」。プログラムの一番最初に紹介され、会場は満員御礼...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ