長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「やれることから一歩一歩着実に|週刊生コン 2018.03.12」

「やれることから一歩一歩着実に|週刊生コン 2018.03.12」

3月12日の朝、新しい一週間が始まる。

このところ全国セミナーの開催のおかげで自宅の枕で目を覚ますことことが少なくなった。

昨年に引き続き、

特に今年1年は全国セミナーに力に入れていく。

主要都市:札幌・仙台・東京・名古屋・広島・博多

では、毎月セミナーを開催する予定で、

「生コンでいいことセミナー」

ならびに、

「生コンポータル」

の知名度を向上させることが狙いとなっている。


「なのに、滋賀、0」

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_246.html

はじめてだ。

誰からも反応のない生コンでいいことセミナー。

愕然とした。

お隣京都での開催は結構反応があったというのに、

滋賀県は0

その後に続く、

和歌山、奈良、も非常に薄い反応となった。

生コンに関しては閉鎖的・保守的な地域というのもあるのかもしれない。

こうしたこともやってみなければわからない。

WEBを使った情報戦略を開始してから25ヶ月目となる。

誰もやったことのない経験知のない取り組み。

疲れるけれど、

やればやるほど財産になっていく実感がある。


「生コンイノベーションのジレンマ」

http://www.nr-mix.co.jp/topics/post_286.html

全国あちらこちらを巡回していると考える時間がある。

もちろん訪ねる先は生コン工場または関係企業が多い。

生コンがどうして必要とされたのか。

そして、今のような業界秩序や産業構造が、

どのようにして形成されたのか。

そのことをしっかりと考えておかなければ、

新しい秩序を作るプロセスには移行できない。

生コンを取り巻く社会情勢や要求は変化した。

変化した環境条件に応じた新しい業界秩序。

その構築が求められていると実感している。


だからこそ、

「やれることから少しずつやってみよう」

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_247.html

という姿勢が大切なんだと思う。

まず、やってみなければ、何も動かない。

やらない理由はいくらでも作り出せる。

一歩足を前に勧めた稲村生コンさんは、

少しずつ残コンひいてはスラッジの問題を解消していくことになる。

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/4.html

※沖縄から富永さん

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_248.html

※長野から横川セメントさん、福井から協立生コンさん

一歩一歩着実に前に。

その姿勢が何事も快方へと向けさせる。

何もやらないと精神衛生上もあまりよくないしね。

「三重県|排出時に所有権移転」

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_249.html

残コン周りの動きは安穏としていられる状況ではない。

いよいよ決定的な変化が三重県で発生している。

残コンは汚泥です。

当たり前のことが当たり前に喧伝されるようになっている。


IT革命以来時代の変化はすさまじい。

生コンとて部外者ではない。

当事者なのだ。

残コン問題はその一つの象徴的現れ。

その脈動を日々感じている。

生コンが動き出している。

変化にさらされようとしている。

生コン産業が70年目を迎えるのは奇しくも2020年。

記念すべき五輪イヤー。

需要に湧くだけではなく、

1日1日無駄にしないでAfter2020、

変化する生コン産業の中でどんな形が求められているのか。

僕たち一人一人は冷静に考えて実行に移していかなければならない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    未来についてわかっている唯一のこと、それは現在とは違うと言うことだ。未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、後ろを見ながら田舎道を運転するようなものだ。未来を予測する最善の方法は、それを作...

    詳しく見る

  • 「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    2018/09/10は全国的に雨降りの1週間の始まり。週末に英気を養い全力で駆け抜ける1週間。雨の日には雨の日にできることを、晴れの日には押し寄せる目の前の出来事に心を乱されないように、全力でこの1週...

    詳しく見る

  • 「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    生コン工場は地域に経済がなければ存在を許されない。地元が末永く存続するためには、地元の経済が潤う必要がある。この美しい伊豆の自然が世界に認知される最初で最後のチャンス、2020五輪自転車競技開催は伊豆...

    詳しく見る

  • 「生コンでいいこと見学会配布資料」

    「生コンでいいこと見学会配布資料」

    生コンでいいこと見学会にご来場くださいましてまことにありがとうございます。短いお時間ではありますが有意義な機会としていただけるよう全力でご案内いたしますので何事も遠慮なくお尋ねください。http://...

    詳しく見る

  • 「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    2018年9月4日〜3日間の日程で開かれているAIJ2018年大会。大会プログラムの中でもひときわ注目を集めたテーマ「ICTによるコンクリート生産革命」。プログラムの一番最初に紹介され、会場は満員御礼...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ