長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

2020/02/13

【脊髄クラッシャー・舗装コン 曲げ4.5】

【脊髄クラッシャー・舗装コン 曲げ4.5】

世の中には「重いもの」と「重そうなもの」がある。
またその中には、人が「持てるもの」と「持てそうなもの」がある。

これをマトリクス化して、一番厄介なものはどれか。

・重くても、持てそうなもの?(→別の方法を考えます)
・重くて、持てそうにないもの?(→何か作戦を構じます)
・重そうで、持てないもの?(→一旦、策を練ります)

私的には、この「重そうだけど、持てそうなもの」が一番タチが悪い。
そしてその代表格が、この供試体「舗装コンクリート・曲げ4.5」

供試体サイズが、
150㎜×150㎜×530㎜ ⁉

鋼製型枠の重さだけで、いったい何キロあるんだ?
試みに測ってみると、何と 29.1㎏ ⁉
(重たい!持ってくるだけで重労働×3体)

さらに、これに生コンが詰まる。
脱型後の供試体を、試みに測ってみると、28.8㎏ ⁉
(重たい!脱型するだけで重労働×3体)

IMG_9428.jpg

この供試体を試験機に設置する時が、また危険。
不自然な姿勢で、この重量物をセット。

これは身体を壊してもおかしくない行為...
仕事でなければ、真っ先に遠慮したい試験である。

IMG_9350.jpg

この「曲げ強度試験用供試体の作り方」
JIS A1132で規定されている。(1963制定)

60年近い年月、この供試体が生コン工場試験員によって作られてきた。
はたしてこいつが、どれだけの人間の腰を潰してきたのだろうかしらん...

そろそろ他の代替策、発案してもらえませんか。
あぁ、腰に違和感がやってくる...

NR試験室 二見

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら