長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

2020/02/14

【気持ちも背骨も曲げずに上げたい・続 舗装コン 曲げ4.5】

【気持ちも背骨も曲げずに上げたい・続 舗装コン 曲げ4.5】

供試体の作成をすると、基本、翌日脱型をする。
作成→脱型、作成→脱型の流れを、日々繰り返している。

そこで再び「曲げ4.5」、枠(29.1㎏)と中身(28.8㎏・乾燥時)、
合わせて58㎏が鎮座して、翌朝 待ち構えているという現実。

翌朝、目が覚めたら、脱型→清掃→水槽投入まで終わっていた⁉
なんて話は、グリム童話だけで通じる夢物語。

しっかりと、60㎏が 1週・4週×6体分と転がっている。
360㎏のこのボリューム、深呼吸して取り組みたい。

IMG_9306.jpg

さて、身体に違和感を覚えつつも、重量物取り扱いについて調べてみる。
他の業種では、こういう重いものをどう取り扱っているのだろう...?

すると、「労働基準法」にて、
「職場における腰痛予防対策指針」というものが出されているではありませんか。

それによると、
「18歳以上の男性が機械を使わず取り扱える重さの制限は55㎏以下」となっている。

さらに、「厚生労働省」では、
「腰痛予防対策」を以下のように提示している。

「満18歳以上の男子労働者が人力のみにより取扱う物の重量は、
 体重の概ね40%以下、女性は男性の60%くらいまでとなるよう努めること」

back_ache.jpg

厚生労働省 HPより抜粋

...まったく、「曲げ4.5」ってやつぁ...
55㎏以下でもなければ、自重の40%でもないときた。

この業界、若手の従事者、女性の活躍する場として、おススメできるのか?
この現状、如何なもんでしょう。(いかんいかん、身体が歪むと言葉も歪む...)

NR試験室 二見

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら