長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

「伝説はまだまだ始まったばかりだ」

「伝説はまだまだ始まったばかりだ」

世界企業MAPEIにとっても新たな分野、

「残コン」


弊社でいうならばNR Timesのように、

例えばブログとか社内報とか、

会社で定例に発行することが決まっている情報活動。

近年の変化の中、

「情報発信」

の重要性は高まっている。

この情報活動。

1回2回発信したからといって何にもならない。

1か月、1年、10年と続けることで、

その威力はますます広がっていく。

それは大変なことなのだけれど。

継続は力なり。

そう感じたことのある人は多いはずだ。


MAPEI Realta

mapeirealta.PNG

世界企業MAPEI

当社としては7年前にご縁にあずかった世界企業。

世界70か国以上に拠点を有し、

商いは3,000億円の巨大企業。

Giorgio Squinzi氏が率いる巨大企業は、

「イタリア工業会の奇跡」

とも言われている。

そんな企業も定期的に情報活動をしている。


WithAlbertF2.jpg

WithAlbertoF.jpg

withGiorgioF.jpg

WithGsqall.jpg

withGiorgiosq.jpg

※MAPEI中興の祖、Giorgio Squinzi氏(右)

thankyoumapei.jpg


次回MAPEI Realtaの記事に、

当社長岡生コン(および日本の生コン関係者GNN他)との歴史が特集される。

Giorgioさんからそれに使える写真を提供してほしいということで、

昨晩懐かしみながら過去の写真を漁って探し出した。

なんとも懐かしい。


混和剤メーカーという顔も持つMAPEI。

共同で開発した残コンソリューション。

その販売に関して難航が予想された当初。

地方の生コン屋に過ぎない長岡生コンとパートナーシップを結び、

規模は大きくないながらも、

「残コン」

という市場は確実に我が国に根付き始めている。


残コンという市場

偶発的に発生する残コンは市場としてとらえることなど難しい。

その扉を今確実に開けようとしている。

この取り組みは数年に及ぶ国内外の前向きな関係企業との連携による。

そして、その情報発信によるところが大きい。


世界企業MAPEIにとっても新たな分野、

「残コン」

少しずつだが確実に一歩一歩市場が拡大してきている。

そのきっかけをつくることができた、

MAPEIにとってのパートナーはほんの小さな田舎の生コン工場。


mapeiopening.jpg

※80年前の創業当時のMAPEI


将来を臨むとき。

できることは、

今をどうするか?

以外にない。

今をどのようにしたかの結果が将来につながる。


現在押しも押されぬ国際企業として発展を続けるMAPEIにも、

80年前には写真のような時代があった。

その当時の一つ一つが今に脈々とつながっていること。

想像しづらいがこれも事実だ。


今僕たちがテーマとして取り上げている残コン。

年間100億立方メートルの生コンの5%で

5億立方メートルの残コン

自分たちとその巨大さのギャップを思うに立ち眩みを覚える。

ただ、こうしてMAPEIの成長を振り返る機会を得て、

自分たちの成長にも思いを寄せるとき。


仲間がいて、

情熱があって、

常に夢に顔を向けながら、

毎日毎日一歩一歩着実に進める先に、

必ずその現実があるということがわかる。

偉人たちの功績を前に、

自分の至らなさを痛感するとともに、

まだまだ努力してまだまだ貢献すべきだと思う。


残コンについての伝説はまだまだ始まったばかりだ。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「7.10横浜を朱く染めろ|金子コンクリート社長新任記念イベント」

    「7.10横浜を朱く染めろ|金子コンクリート社長新任記念イベント」

    「スラモル」でお馴染み、横浜市の金子コンクリートの金子敬祐氏(39)はお父様の後をついでいよいよ代表取締役に就任した。激流の生コン業界に立ち向かう若き生コン工場社長の就任を祝うべく、7月10日横浜で【...

    詳しく見る

  • 「あるようで無かったを作り出す理由|週刊生コン 2018/06/04」

    「あるようで無かったを作り出す理由|週刊生コン 2018/06/04」

    ※双頭蓮(そうとうれん)と呼ばれる100年に一度開花するといわれる吉兆 「あるようで無かった」例えば今周囲を見渡して見て、電気、ヘルメット、ペットボトル、バッグ、ホウキetc。それらは「無かった時代が...

    詳しく見る

  • 「生コン需要が10分の1になる|集約化」

    「生コン需要が10分の1になる|集約化」

    生コン工場のトレンド「2個1」「ジョイントベンチャー」。需要がピーク時の3分の1(場所によっては10分の1)にまで低迷している生コン業界の一つのあり方。僕たち「長岡さくら」の歴史は13年目に突入してい...

    詳しく見る

  • 「たった1件の気まぐれな問い合わせ|生コン×IT」

    「たった1件の気まぐれな問い合わせ|生コン×IT」

    5月末時点での成績:月間80,000PV(目標100,000PV)。WEBサイトに注力し始めてから27ヶ月経過。生コン屋さんのIT戦略進捗報告と所感をまとめるhttp://www.nr-mix.co....

    詳しく見る

  • 「交換出荷はどうなるの?|生コン・セメント」

    「交換出荷はどうなるの?|生コン・セメント」

    「基準満たさぬ生コン出荷」。朝日新聞でも取り上げられたこの事件。一方、長年続く「交換出荷」という商習慣がある。メーカーの異なるセメントが商売の都合で取引されている事実。一度0ベースにしてやり直せないも...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ