長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「手書きと紙媒体の価値」

「手書きと紙媒体の価値」

年賀状


携帯やらSNSやらmailやらLINEやらと、

通信手段は信じられないくらい多様化した。

なにかを伝えたいと思ったら24時間いつでも送り付けることができる。

この時代になると受信する側に工夫が求められる。

よほど主体的な生き方をしていないと、

それこそ外部から襲ってくるそれら通信に、

その日一日振り回されることにだってなりかねない。


携帯電話

というやつはずいぶん失礼な道具だと思っていたことがある。

例えばスケジュールに、

何月何日何時からは誰それさんと打ち合わせ

と決めてあったとしても、

携帯電話はお構いなしにけたたましい音で襲い掛かる。

こちらの都合などお構いなし。

もちろん電話している人だって悪気はない。

普及当初はとても便利なものだと思われていたかもしれないが、

これほどまでに通信手段が多様化した今では、

携帯で相手の都合構わず呼びつける

という行為は結構慎重に使わなければならない手段だろう。

生コンブログの始まりである。


そこで、年賀状

なんて謙虚な通信手段なのだ。

1年に1回だけです。

旧年中のお礼と新年1年またよろしくお願いします。

簡素なメッセージを寄せて届けられる謙虚なはがき。

当社ではNR Times創刊以降年始のご挨拶(年賀状)は廃止してしまった。

だから少し寂しい気もするしまた復活させたいなんて気もあるけれど、

この時期出社すると分厚い年賀状の束を見つけることになる。

「あ、また今年も来てるのね」

という感じで1枚1枚入念に差出人とメッセージの有無をチェックする。


どうせ年賀状を送るなら手書きメッセージは効果的

印刷だけしたものをただお贈りするよりも、

年に1度だからということで手書きでメッセージを添える。

その向こう側にある努力というか手間というか。

新年早々大変感動することになった。

年賀状を書く時期というのはたいてい年末ということになるわけだから、

ぶっちゃけ年賀状どころじゃないくらい忙しい中を、

なんとか時間を割いて送り先のことを考えながら、

丹念に筆を滑らせる。

なんともありがたいことであり、

今回改めて当社長岡生コンにそんなお気持ちをお届けいただいたことに感謝しております。

本来は即刻はがきでお応えすべきところですが、

メッセージをお寄せいただきました皆様。

今度出張先で気に入ったものを選びお贈りさせていただきます。

まことにありがとうございました。


ITが急成長したころから既存の印刷物のプレゼンスは低下した。

これが大方の見方だったと思う。

出版業界とりわけ雑誌も印刷部数はピークの半分以下だそうだ。

(塩田武最新作「騙し絵の牙」をこのところ読んでいて知った)

そういう意味では生コン業もピークの3分の1に迫る勢いなのだけど。

それでは、生コンはなくなってしまうのだろうか?

理論の飛躍っぽくもあるが、

生コンの必要性は当面なくならないのと同じように、

紙媒体も旧現象は不可避でありながらも当面はなくならない。

むしろこの低成長の時代こそ紙媒体の王様ともいえる、

年賀状

の贈られた相手に対しての深い印象は目を見張るものがある。

(逆にただ顧客リストに入れてルーティーン化された年賀状の魅力も半減)


青山学院の原監督も選手に手書きの目標を書かせている。

4連覇という快挙を成し遂げたチーム青学の監督。

その指導方法もよく取り上げられているところだけれど、

そこにも、

「手書き」

というものもたらす価値を見ることができる。

ブログなんぞを書いている僕が偉そうに言えないが。

(実際えんぴつを持たなさ過ぎて持つと手が震える。アル中ではない)

IT絶頂の時代だからこそ、

手書き、紙媒体のアプローチも改めて再認識すべきなのかもしれない。


かさねて、

多くの年賀状をお寄せくださいまして誠にありがとうございました。

どうぞ本年も長岡生コンクリートをよろしくお願い申し上げます。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    未来についてわかっている唯一のこと、それは現在とは違うと言うことだ。未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、後ろを見ながら田舎道を運転するようなものだ。未来を予測する最善の方法は、それを作...

    詳しく見る

  • 「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    2018/09/10は全国的に雨降りの1週間の始まり。週末に英気を養い全力で駆け抜ける1週間。雨の日には雨の日にできることを、晴れの日には押し寄せる目の前の出来事に心を乱されないように、全力でこの1週...

    詳しく見る

  • 「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    生コン工場は地域に経済がなければ存在を許されない。地元が末永く存続するためには、地元の経済が潤う必要がある。この美しい伊豆の自然が世界に認知される最初で最後のチャンス、2020五輪自転車競技開催は伊豆...

    詳しく見る

  • 「生コンでいいこと見学会配布資料」

    「生コンでいいこと見学会配布資料」

    生コンでいいこと見学会にご来場くださいましてまことにありがとうございます。短いお時間ではありますが有意義な機会としていただけるよう全力でご案内いたしますので何事も遠慮なくお尋ねください。http://...

    詳しく見る

  • 「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    2018年9月4日〜3日間の日程で開かれているAIJ2018年大会。大会プログラムの中でもひときわ注目を集めたテーマ「ICTによるコンクリート生産革命」。プログラムの一番最初に紹介され、会場は満員御礼...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ