長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「はい!生コンポータル小松です!」

「はい!生コンポータル小松です!」

※お問い合わせくださったお客様に対応する様子(担当小松さん)



「はい!生コンポータル小松です!」

恐る恐る見知らぬ会社に連絡をしてくださるお客様。

できるだけストレスを取り外して対応いたしたい。

できるだけ明るい声で、

気持ちのいい対応をこころがけたい。

そんな気持ちでやってます。


「はい!長岡生コン小松です」

そんな電話口の対応が今や、

「生コンポータル」

先月くらいからだろうか。

長岡生コンだと地域の外からご連絡くださる人たちになじまない。

もっとユーザーフレンドリーに。

ということで、

社名を宣言せずに、

生コンポータル

に統一。

あっという間に板に着く。

どうも、生コンポータル宮本です。

9C001BC3-B8CF-46C6-B58D-3C471C9B9EFB.jpeg

※当社内部用管理シート。各製品別の問い合わせ数を記録している


なんと、12日現在で30件以上ものWEB経由の問い合わせをいただいている。

30件だ。

ていうか、毎日2〜3件なかんじだ。

ありがとうございます!

全然心配ありませんから全然連絡下さいね❤️


87746D15-388F-4860-9926-CD3FA500DCDD.jpeg

※担当者小松さん



そんな生コンポータルは生コン工場の中にあります。

生コン工場。

「何やってるかわからない工場」

箱みたいな、

そこからすべり台みたいなのがにょきっと出てて(傾斜ベルコン)

そこでは社会の土台である生コンクリートを製造して、

日々地域社会にお届けしています。

そんな生コン工場が運営主体です。


はい!生コンポータル小松です!


いろいろな生コンでいいこと発信中。


はい!生コンポータル小松です!


生コンでいいこと。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「1日に『ありがとう』と言われる/叱られる どっちが多い?|生コンでいいこと」

    「1日に『ありがとう』と言われる/叱られる どっちが多い?|生コンでいいこと」

    2016年3月1日から力を入れ始めた「生コンポータル」は現在月間PVを80,000台にまで乗せた。「生コンでいいこと」をよりわかりやすく生コン需要家にお届けする。7月よりサイトデザインを一新。過去のア...

    詳しく見る

  • 「変化を選びたい|週刊生コン 2018/07/02」

    「変化を選びたい|週刊生コン 2018/07/02」

    いよいよ梅雨があけ、7月が幕を開ける。多くのことが変化にさらされていく。建設・生コン業界でもひと時も停滞することはない。常に変化は巻き起こっている。 http://www.nr-mix.co.jp/e...

    詳しく見る

  • 「管理する人される人 どっちになりたい?|長岡生コン」

    「管理する人される人 どっちになりたい?|長岡生コン」

    月初めはNN(野村マテリアルプロダクツと長岡生コン)の全体朝礼。今回からしゃべる人が一斉に前に並んで、その他の人は聞く側に回るというあり方を一新した。「この組織・事業所の中で個人が変えられないものは何...

    詳しく見る

  • 「生コン 現金で買ってない?|生コン購入(全国)」

    「生コン 現金で買ってない?|生コン購入(全国)」

    今年から始めた全国生コン購入サービス(http://www.nr-mix.co.jp/topics/fax.html)は順調にアカウント登録者を増やし、不測の事態(例えば生コンを手配していなかった等)...

    詳しく見る

  • 「時代はクラウド生コン|長岡生コン」

    「時代はクラウド生コン|長岡生コン」

    組織の中に知識の巨塔を作らない施策。「誰それがいるから」は中小企業にとって呪いのことば。標準業務は徹底的に標準化して、人はよりクリエイティブな仕事に没頭すべきだ。 時代はクラウド生コン なんてことはな...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ