長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「社員教育をどのように位置付けてますか?|残コンスラッジ」

「社員教育をどのように位置付けてますか?|残コンスラッジ」

※残コン再生骨材を利用した生コンクリート(ECON)排出の様子。


地域によってまだら模様の残コン問題。「来て良かったです」そうコメントしてくれただけでも嬉しい。お伝えできるのは技術ではなくて、中小企業間連携というリアル。命をかけて事業をしている僕たちだからこそ一流のシステムが構築される



JIS品ばかりじゃない。

世の中にはJISで規定されている、

またはさらに高度な場合には大臣認定されている。

そんな生コンクリートだけが流通しているわけじゃない。

住宅外構やカーポート、

あぜ道の舗装や区画の仕切りに用いられる擁壁。

そんな分野でも生コンは流通される。

「配合は?」

「固まればいい」

そんな分野に高度な製品知識は必要だろうか?

そもそも「高度」ってなんだ?

僕たちは求められるものを提供することが使命としてある。

求められていないことで高度とか良質とかって論じても意味がない。

「固まればいい」

そんな生コンだってあるはず。



「そんないい加減な生コンは練れません」

残コン再生骨材コンクリートを導入しようとした時、

QMRを務める工場長柳川さんは反対した。

JIXを守る立場として規格も整備されていない、

よく素性のわからないイタリアのメーカーの混和剤で作られた、

造粒された骨材。

そんな得体の知れないものを貯蔵ビンに入れること自体抵抗がある。

不満や憤りをあらわにした。

気持ちはわかる。

守るべきものを守って来た立場からは当然の反応。

「いいからやってください。責任は全部ぼくが取ります」

一方的に言い渡し残コン再生骨材コンクリートの事業を開始した。

もちろん、大歓迎というわけにはいかない。

不承不承。

そうですか、じゃあ、やってやりますよ。やりゃいいんでしょ?

そんな感じだ。



41FDC885-ACF9-42B0-B280-489459BA941A.jpeg

※四国は徳島からGNNを通じで親しくさせていただいている工場の方の往訪。主な見学テーマとしては残コンスラッジ処理



「来て良かったです」

当たり前のことだけど生コンは地場産業。

90分

1時間半の壁の中で決められた商流に生コンを届ける。

その外で起きていることは直接的には関係ない。

だから自然と情報も入りにくくなってしまう。

今では当たり前になってしまったけど、

90分の外の人、

例えば徳島県の生コン工場の人との交流は考えられない。

ITとはいえタダじゃない。

朝早く起きて飛行機に乗って片田舎の長岡生コンを訪ねる。

もちろん、仕事中。

会社には穴が開く。

誰かがその埋め合わせをする。

負担は大きい。

それでも、90分の外に出る。

そのことで何かが生まれる。



今回は事前に多くの質問を寄せてもらっていた。

とことん隅々まで質問してもらった。

「社員教育をどのように位置付けてますか?」

改めてこの質門の答えを考えていた時に、

最大の教育は、

社内じゃなくて、

ましてや90分の中じゃなく、

その外にいる生コンに真剣な人との交流が一番の教育になる。

椅子に座って誰かの話を一方的に聞かされるんじゃない。

生コンに真剣な人との交流。

命がけの人との交流。

それがそのまま僕たちの血となり肉となる。

その振り返った集積に感謝している。


90分の外に出よう。

そこには僕たち生コン業にとってとても大切なものが転がっている。

僕たちも日頃感じていること。

来てくださった方に同じように思ってもらえること。

このことがとても嬉しい。


生コンでいいこと。


そんな交流の先に社会貢献ができたらこんなに嬉しいことはない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    「どうして僕たちは生コンを続けるのか?」

    未来についてわかっている唯一のこと、それは現在とは違うと言うことだ。未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、後ろを見ながら田舎道を運転するようなものだ。未来を予測する最善の方法は、それを作...

    詳しく見る

  • 「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    「最近工場長として着任した女性が起こした奇跡|週刊生コン 2018/09/10」

    2018/09/10は全国的に雨降りの1週間の始まり。週末に英気を養い全力で駆け抜ける1週間。雨の日には雨の日にできることを、晴れの日には押し寄せる目の前の出来事に心を乱されないように、全力でこの1週...

    詳しく見る

  • 「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    「生コンに従事している人で地元が嫌いな人は不幸だ」

    生コン工場は地域に経済がなければ存在を許されない。地元が末永く存続するためには、地元の経済が潤う必要がある。この美しい伊豆の自然が世界に認知される最初で最後のチャンス、2020五輪自転車競技開催は伊豆...

    詳しく見る

  • 「生コンでいいこと見学会配布資料」

    「生コンでいいこと見学会配布資料」

    生コンでいいこと見学会にご来場くださいましてまことにありがとうございます。短いお時間ではありますが有意義な機会としていただけるよう全力でご案内いたしますので何事も遠慮なくお尋ねください。http://...

    詳しく見る

  • 「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    「AIJ2018アワードは廣藤さんに決定!|生コンICT」

    2018年9月4日〜3日間の日程で開かれているAIJ2018年大会。大会プログラムの中でもひときわ注目を集めたテーマ「ICTによるコンクリート生産革命」。プログラムの一番最初に紹介され、会場は満員御礼...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ