長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

「生コン使うだけで地球環境に貢献|エコセメント標準化」

「生コン使うだけで地球環境に貢献|エコセメント標準化」

長岡生コンではエコセメント標準化を行いました。つきましては、18Nの生コンより順次普通ポルトランドセメント(N)から普通エコセメント(E)に変更させていただきたくご案内いたします。



出荷伝票の表示が、N(普通ポルトランド)→E(普通エコセメント)へと変わります。


18ー18ー25(E)

そんな配合が当社の標準となる。

普通生コン屋さんの伝票を見るとわかるように、

18ー18ー25(N)

などの記載がされている。

(N)

とは、普通ポルトランドセメントを使っています、という意味の表示。

そこに、

(E)

という表示がされるのは、

長岡生コンの呼び強度18の生コンはエコセメントを使っているということを示す。



エコセメント

読んで字のごとくなのだが、

エコなセメントである。

我が国では2001年から製造が開始され、

JIS規格に制定されている。

2003年にはグリーン調達法の特定調達品目にしていされている。



18DF9CF5-C737-4781-872E-BA73704DEEC2.png

※エコマーク



生コン使うだけで地球環境に貢献。


当生コンポータルでは、

「生コンでいいこと」を標榜している。

生コンは基本的に「使わなければならない」ネガティブなもの。

家を建てる時、

橋を作る時。

好む好まざるにかかわらず、

生コンを買わなければならない。

そんな、義務感満載の生コンをつかうことで、

いいことを体験できる。



どうせ注文するその生コン。

同じ品質、同じサービス、同じ値段なら。

地球環境に優しい生コンをお勧めします。


生コンでいいことはさりげなく。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「顧客も生コン工場もWin-Win|生コン購入(全国)」

    「顧客も生コン工場もWin-Win|生コン購入(全国)」

    生コンポータルの生コン掛けで買ってポイントがつくサービス。顧客メリットだけでなく、実は生コン工場にもメリットが多い。生コン全国購入(販売)その実力に迫るhttp://www.nr-mix.co.jp/...

    詳しく見る

  • 「生コン使うだけで地球環境に貢献|エコセメント標準化」

    「生コン使うだけで地球環境に貢献|エコセメント標準化」

    長岡生コンではエコセメント標準化を行いました。つきましては、18Nの生コンより順次普通ポルトランドセメント(N)から普通エコセメント(E)に変更させていただきたくご案内いたします。 出荷伝票の表示が、...

    詳しく見る

  • 「生コンポータルで検索♪|ニッポン放送」

    「生コンポータルで検索♪|ニッポン放送」

    今年から力を入れ始めたマーケティング。CMという手法がある。いよいよ生コンポータルもラジオCMにデビュー。「生コンの困ったは生コンポータルを検索♪」 現場に向かうトラックの中。 渋滞にはまり退屈なひと...

    詳しく見る

  • 「そのままでいいの?|週刊生コン 2018.05.14」

    「そのままでいいの?|週刊生コン 2018.05.14」

    少し運動すると汗ばむ気温、これから迎える夏本番。さまざまなものが活発化するこの時期に、多くの生コンに関わる「新しい取り組み」がスタートしている。 将来こうなっていたいから。 今すぐどうってことにはなら...

    詳しく見る

  • 「社員教育をどのように位置付けてますか?|残コンスラッジ」

    「社員教育をどのように位置付けてますか?|残コンスラッジ」

    ※残コン再生骨材を利用した生コンクリート(ECON)排出の様子。 地域によってまだら模様の残コン問題。「来て良かったです」そうコメントしてくれただけでも嬉しい。お伝えできるのは技術ではなくて、中小企業...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ