長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容

「交換出荷はどうなるの?|生コン・セメント」

「交換出荷はどうなるの?|生コン・セメント」

「基準満たさぬ生コン出荷」。朝日新聞でも取り上げられたこの事件。一方、長年続く「交換出荷」という商習慣がある。メーカーの異なるセメントが商売の都合で取引されている事実。一度0ベースにしてやり直せないものだろうか?



何でもかんでも基準で語るものづくり

よほどニュースがないのだろう。

もちろん、ルールは守るべきだ。

それでは生コン従事者に問いたい。

完璧に1mmも曇りなく。

ルールを全うしているという人がいたら連絡をください。

(なかったら全員ルールを守ってないとします笑)

神戸製鋼のデータ改ざんを皮切りに、

このところ「ものづくり」に関わるこの手の事件が後を絶たない。

いよいよ生コン・セメントに来たかという感がある。

先日の鳥取回収骨材不正使用のニュースもそう。

果たして実際に従事している僕たちはこれらニュースをどのように受け止めているだろうか?

「許せん!!!」

憤慨している人を僕は一度も見たことがない。

どこか冷ややかというか。

残コンもそうだが、

「部屋の中の像がようやく露見しちゃったね」

程度の薄いリアクションなのではないか?



平然と行われる商習慣「交換出荷」

セメントメーカー同士の都合で行われる商習慣がある。

詳しく知りたい人は身近な生コン・セメント関係者に尋ねるといい。

「何?交換出荷って?」

と。

そもそも僕たちは気にしていない。

生コンの主要原料であるセメントの産地がたとえ表示されているものと違ってたとしても。

そしてそれがよくある業界の習慣だったとしても。

それが生コンをなおざりとしたセメントメーカーの都合主導の慣行だったとしても。

僕たちは所定の性能が期待できる限りは問題にしない。

そもそも業界内向きの作用が数多くの虚像を生み出していることは誰も声に出さないだけで周知の事実だからだ。

縦型で閉鎖的な流通構造が生み出した膿のようなもんで、

それがすなわち「性能の劣る生コンの製造」とイコールになっていないかぎり。

つまり、しっかりとした製品が作られることが担保されている限り。

僕たちはそれを問題にしない。

問題にするのは薄っぺらい社会正義を振りかざす一部メディアだけだ。

当事者はなんとも思ってないし、

だからといってダメな製品を作っているつもりもない。

どちらかといえば社会が要求する以上のものづくりをしている自負もある。

3B37A159-C8B1-4424-BF17-C42A8FBC3C0E.jpeg

※端を発したコンクリート新聞の記事



ルール通りのダメなコンクリートとルールは外れてるけど良質なコンクリート

産業の歴史が長ければ長いほど矛盾は生まれる。

そもそも守るべき規格なのだろうか?

現場の現実を踏まえた規格だろうか?

分業体制が進みすぎ規格行政に実際ものづくりに携わっている現場の声が届きづらい。

数多く規定されるルールのほとんどは使われることなく、

逆に隠蔽体質に拍車をかけるようなものさえある。

大切なのは何?

顧客と市場の要求に応えること。

それが規格やルールに応えることと同じであるべきが、

そうではない多くがまかり通っているのが現実。

いよいよ70年を迎えようとしている生コン産業。

そろそろがらがらぽんともいうべき変革が必要な時期に差し掛かっているのではないだろうか。

みんな好きで嘘をついているわけじゃないだろう。

嘘つきは泥棒の始まり。

みんなそう教わって育ってきたもんね。

大人になったから嘘をついていいなんて法があるはずがない。


生コンでいいこと。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

あわせて読むなら!

  • 「直感と美と生コンクリート【Art Meets Concrete】」

    「直感と美と生コンクリート【Art Meets Concrete】」

    生コン、そしてコンクリートに寄せられる期待はなんだろう。強度や耐久性など、各種性能を思いつく人が多いはずだ。一見無関係にも思える「直感と美」の時代、生コンクリートに求められるのは一体何か?規格が支配す...

    詳しく見る

  • 「喜びの声続々♡ 生コンポータルTシャツ」

    「喜びの声続々♡ 生コンポータルTシャツ」

    写真は大里ブロックの木村さん。日頃生コンの様々なことで意見交換をさせていただいている。全国各地から続々と届く。生コンポータルTシャツ喜びの声。場所は離れてても、気持ちは一緒だよ♡まだまだ届け!生コンポ...

    詳しく見る

  • 「生コンの冬支度は済んでる?|週刊生コン 2018/10/15」

    「生コンの冬支度は済んでる?|週刊生コン 2018/10/15」

    2018/10/15曇り空の1週間の始まりの月曜日。いよいよ10月も後半戦。短パンTシャツにはそろそろ限界を感じる今日この頃。いよいよ、秋そして冬へ。できてる?生コンの冬支度。 【冬場に苦しむ土間コン...

    詳しく見る

  • 「【毛受建材】子供たちと生コン車の綱引き対決?!」

    「【毛受建材】子供たちと生コン車の綱引き対決?!」

    2018/10/14日曜日。普通なら静かな生コン工場のの敷地内には子供達の矯正や大人たちの冗談とたくさんの笑い声、笑顔にあふれていた。一体、生コン工場で何が起きているのか?https://www.me...

    詳しく見る

  • 「【毛受祭り2018】に参加するよ!! 生コンでいいことセミナー」

    「【毛受祭り2018】に参加するよ!! 生コンでいいことセミナー」

    今年も開催毛受祭り2018は明日2018/10/14に豊明市の老舗建材店毛受建材にて開催される。なんと今年は生コンでいいことセミナーも毛受祭りに参加決定!透水性コンクリート施工実演や打ち放しブロック塀...

    詳しく見る

ご意見・コメント

このページのトップへ