長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

2020/01/14

【水の中でコンクリートは何を考えているのか・水中コンクリート】

【水の中でコンクリートは何を考えているのか・水中コンクリート】

海岸突堤に型枠が設置されている。
半分海中、半分地上に打設するというオーダー。

今回注文されたのは、<水中コンクリート>
富配合、低水セメント比などなど、諸条件から<36-15-25BB>という設定となった。

「あれっ?今日は<水中不分離コン>じゃあないんですね?」
担当は、先日、水中不分離コンを打設した監督さん。

「勘弁してよ~。あんなの、ごくたまにで充分だからさぁ」
「えぇ、製造側も、同意見ですね、正直なところ...」

「ただ、ご要望さえあれば、いつでも対応しますのでお知らせください!」
「あれは単価がいいからなぁ!」「あの単価にはビビりますよねぇ」

ハハハ~!などと、ひとしきり会話を交わす。
ところで、<水中不分離性コンクリート>と<水中コンクリート>の違いはどこにあるのか?

IMG_9134.jpg

そんな話題、こういう特殊コンを打っていると定期的に出てくる。
以前、同様の質問を、実験ばかりやっている練り場の長に聞いたことがある。

「まずねぇ、どちらも粘性が高い。そうしないと分離しちゃうからね」
「そして混和剤メーカーによっても、粘性に対するアプローチが違うんだよな」
「で、同じ粘性でもね、粉っぽい粘性と、薬っぽい粘性があるんだよ」etc.

彼の発言に、当時ものすごく納得したことを覚えている。
しかし当時は、それぞれのフレッシュ性状に触れる機会がなかったので、あくまで知識止まり。

ここにきて、短期間のうちに、両方に直に触れる機会に恵まれた。
そんな最中、彼の言葉が鮮明に頭に甦った...

「そうか、そういうことか、リリン!」
おぉ!知識が身体に定着する感覚。

言語化されてはいても、肚に落ちるのとは大いに異なる。
さて、自分でも数年かかって身に着いた感覚。どう伝えたものか思案中...
(つづく、かも)

NR試験室 二見

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら