長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/24

「土間コンに比べて100万円高い見積もりが出てきました」あとだしじゃんけんワークス

「土間コンに比べて100万円高い見積もりが出てきました」あとだしじゃんけんワークス

ドライテックの噂を聞いて、とても良さそうだと感じたため検討しています。工務店のお付き合いのある外構業者さまに見積もりを依頼したのですが、土間コンに比べて100万円高い見積もりが出てきました。(あとだしじゃんけんワークスに寄せられた相談)



ボッタクリ業者に御用心

C61BE520-3136-454C-A014-B00D57015749.jpeg

現在、新築中です。(建築場所は千葉県柏市です)
ドライテックの噂を聞いて、とても良さそうだと感じたため検討しています。
工務店のお付き合いのある外構業者さまに見積もりを依頼したのですが、土間コンに比べて100万円高い見積もりが出てきました。
(土間コンでならトータル約130万円でした。)
さすがに高すぎると思ったのですが、これは適正なのでしょうか?
参考までに図面も添付いたします。
もし適正ではない場合、業者さまのご紹介もいただけますと幸甚です。
オワコンの記事も拝見して、こちらも含めて検討したく考えております。
お忙しい中大変恐縮ですが、ご確認ご助言のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

CD18BA0F-F274-43A8-8C2D-02EB526ACB67.jpeg

722F6BD4-C3B8-40CC-9B97-D461A21DAAF9.jpeg



ずいぶんボッタクリ価格を提示されておられますね

今では上記マップなどを利用しながら一般消費者は地元・最寄りの施工者に庭づくりを無料で相談することができる。

全国対応のエクスショップは煩雑な交渉や手間をカットできるため便利だろう。

どうしても施工業者が見つからないって時には生コンポータルのメールフォームに相談もできる。

インターネットの普及に伴い庭ファンなどエクステリア関連でも情報媒体が充実してきた。

ただ、それでも限られた時間、予算、情報をもとに一世一代の買い物「庭づくり」を意思決定するのは相当プレッシャーだ。

そんな時に頼れるのがあとだしじゃんけんワークス

生コン21年のキャリアを数えるプロのあとじゃん先生(僕)から無料で見積もり・プランの診断が回答される。

消費者は安心を前提にものづくりをスタートすることができる。

そして今回もそんな高ストレスにさらされた一般消費者の方からご丁寧なる相談が寄せられた。

何と、「土間コンよりも100万円高い」見積もりが提示されているという。


まず、①44.5m2のドライテックが25,000円/m2だそうだ。

ざっと、1,112,500円(ドライテックのみ)

もう、呆れて言葉が出ません。

そんな業者が施工業者としてのうのうと事業活動をしているそのこと自体がとんでもない事件だと思う。

もう、診断もクソもないので、こちらから埼玉県の優良施工業者さんをご紹介いたします。

需要地埼玉でこんなとんでもないボッタクリ価格を提示されたら本当に困り果てます。

会社名を晒してやりたいくらいだが、まあ、そこは大人の対応をしておこう。


で、最近ガンガン押しているのがオワコンだが、②6号砕石敷き T=50 防草シート含む の 2,000円については、浮いた予算で検討されたらいいと思う。

⚫︎参考記事: 「施工は簡単【撒いて踏むだけ】で家周りの雑草・水たまり・ぬかるみから解放されない?」オワコン

すでに記事もご覧いただいていてご関心をお寄せいただいているようだから少し解説します。

オワコンは同じく50mm程度(30mm)で施工する雑草・ぬかるみ・排水を対策する生コン。

仮に30,000円/m3で材料を購入したとすれば30mmで900円/m2、50mmで1,500円/m2(施工は別)という製品。

効果が定かではない防草シートなんかこの際やめちゃおう。

また、砂利敷きだと子供がいたずらしたり、あるいは猫ちゃんがフンをしに来たり、結構大変ですよ。

あんまりみんなその辺は伝えないけど。

防草シートの効果は持って10年って、あの庭ファンも言ってるくらいだから。

悪いこっちゃ言わない。

オワコンにしましょう。

コンクリだから絶対おすすめ。



というわけで、今回は流石にひどいなと思ったので回答させていただきました。

100万円もドブに捨てるところでしたね。

それで発注してたらとんでもないことになってましたね。

悪いこと言わないので、そちらの業者さんとの契約は見送ったほうがいいかと。

こちらからご紹介する施工業者さんなら施工経験も豊富だし、常に消費者の側に立ってあれこれ尽くしてくれると思います。

救われてください。

本当にいいことやってんなあって思います。

いい庭づくりができるといいですね。

そしていつ迄も末長く庭ライフをお楽しみください。

それが僕たちものづくりラストワンマイルたちの願いです。



あとじゃん先生(宮本充也)

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら