長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/02/17

《庭コン110番》「いよいよバッタモンが登場?!《完成したら証明書を見せる》は嘘です」フリーダム

《庭コン110番》「いよいよバッタモンが登場?!《完成したら証明書を見せる》は嘘です」フリーダム

イノベーションが普及しスタンダードになっていく過程で必ず発生するトラブル。ドライテックは現在火の勢いで舗装の標準となろうとしているが、中にはその勢いを悪用しようとする施工業者も少なくない。「こんな業者にひどい目に合わされた!」。インターネットの時代には情報格差で一儲けしようとする人々は白日の元に晒される。



ドライテックを騙る悪徳業者にご注意を

お客様相談室はコチラ
以下は、庭コン110番に寄せられた一般の方からのメール。
A0E19ED5-3233-4BB6-9CB4-0E003A5856B9.jpeg

株式会社フリーダム

外構工事で一番の希望がドライテックでしたので、対応している業者ということでお願いしましたが、工事途中で様々な施工不良が発生し、やり直しを約束しても言葉巧みに現場に来なくなり途中で放置されています。現在、全ての瑕疵と債務不履行を認め補修工事と賠償責任を持ちかけてきていますが、補修は別業者でしていただくつもりです。一つ疑問になったのは、契約前、正真正銘のドライテックですか?との質問に、完成したら証明書を見せるとの事でした。他社でも見積もり相談をしてましたので、そちらは扱ってないが少しだけ安価で類似品があると資料をいただいてましたので、ひょっとしたらトラブルになった業者は、見積書にはドライテックと記されていますが、正規ではないのではと心配になり、ドライテックの取扱業者さんについての仕組みを教えていただきたかったのです。



いよいよバッタモンが現れたドライテック

以前は海外旅行で観光地なんかを訪ねると日本人の僕たちを見ると「ニセモノ、ニセモノ、安いよ」と声をかけてくるお兄さんたちがいた。

手に持っているのはヴィトンとかエルメスとかいう有名ブランドのコピー商品。

いわゆる、バッタモン。

「正真正銘のドライテックですか?」

という施主の質問に対して、

「完成したら証明書を見せる」

とこう答えたという。

完成したら証明書。

今まで聞いたことのない回答である。

そもそも、生コン製造者や生コンポータル、キーバインダー製造元のフッコーではそのような証明書というものを発行することはない。

納品に際しては生コン製造者から発行される伝票を提示するだけだ。

証明書とか血統書とか、なんというか、あからさまに怪しいではないか。


61FA9CA0-EFD6-4BFF-B5B5-8F7080040916.jpeg

※※様

お問い合わせありがとうございます。庭コンの小松です。
ドライテックが正規品か、不正規品かという点においてはドライテックを製造する生コン製造工場による伝票配合をご確認いただければはっきりします。
ドライテックにはF材と呼ばれる材料が入っており、これが入っていない場合は別の製品です。
ドライテックを購入・施工できる業者につきましては制限を設けておりません。今回そのフリーダムさんが弊社(庭コン)登録施工業者ではないということは確認できました。
また、弊社開催の見学会にも出席された履歴は見当たりませんでした。
ドライテックの証明書というものは私は聞いたことがありません。もしかしたら施工業者が独自に発行しているものかもしれません。
配合計画書と呼ばれる材料の内容を示す書類は製造業者にて発行しております。
補修については、一部補修というよりもその施工業者さんが誠意を持って対応してくれるのであれば解体撤去・再施工を推奨いたします。
一部撤去や補修の場合、見た目が整合しない場合があります。
現在の状況の写真等いただければもう少し込み入ったお話ができるかもしれませんので、ぜひご検討ください。
今回情報をいただいたフリーダムという会社から弊社に何か連絡があった場合は共有させていただきます。また、そのような会社にドライテックを販売しないよう製造業者とも共有させていただきます。

小松

(生コンポータル小松職員からの回答)



その後、お施主さんからは喜びのご返事を頂戴している。

一生に一度の家と庭づくり。

一般の人は建築、土木の知識はもちろん、コンクリートがどうやって固まっているか、ましてやドライテックがどのように固まっているかなどの知識は求めるべくもない。

そんな知識はプロが受け皿となって舞台裏で施主さんにストレスを与えることなく表現されるものだ。

インターネット以前にはこうした悪徳業者はもっとのさばっていたのかも知れない。

言葉巧みに受注に持ち込み、アフターフォローの空手形を発行し、工事代金をせしめた後は姿を消す。

インターネットがなければプロではない自分の考え方や判断が正しいのかどうかがわからない。

参照する情報もない。

泣き寝入り。



「ニセモノ、ニセモノ、安いよ」みたいな愛嬌は無い。

(詐欺師みたいな彼らだって「これ以上やったらやばい」という限度を弁えている)

フリーダム社による今回の対応が仮に事実だったとしたら完全に詐欺だ。

バッタモンの登場はある意味ドライテックが世間に浸透していることの証拠ではある。

今回のような、愛嬌もない、「売れる商品だからそれにいっちょかみして一儲けしよう」という完全に悪意に満ちたこうした施工業者の狼藉は、庭コン110番に寄せられたら直ちに実名付きで公表していきたいと思う。

それが、健全なエクステリア市場の広がりに寄与するものだ。

その後もお施主さんからはより詳細が提供されてはいるが、今後のフリーダム社への対応のこともあるのでここでは明らかにしない。

ただし、生コンポータルでは企業として、そして善良な市民として今回のお施主さんに寄り添うことをここに約束する。

ドライテックを騙る悪徳業者にご注意を。

引き続き生コンポータルでは情報発信を通して健全で流動的な市場形成に貢献していきたいと思っている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら