長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/17

【北海道】「16年間繰り返された蓄積は上記マップのような製造・施工インフラに帰結している」三和工業

【北海道】「16年間繰り返された蓄積は上記マップのような製造・施工インフラに帰結している」三和工業

北海道札幌市。三和工業の敷地内に試し施工。展示場として利用予定。現場F材(キーバインダー)投入。最初の1面は要領もつかめなかったが、2面より要領を掴めてきてプレートマーク(凹凸)も消せるようになった。もう少し覚えて現場を受注していきたい。
製造:匿名希望、施工:三和工業(担当:加茂貴幸、18m2、100mm厚、3名、1時間、タイムラプスあり)



試し施工や展示場整備への立ち合い

417FF8B1-44CB-44BA-A3B6-AF88D723BCB7.jpeg

施工Before。

施工・三和工業敷地内に試験施工。

また、そのドライテックをそのまま展示スペースとして活用予定。

北海道エリアはまだまだ製造・施工も閉鎖的な流通となっており、こうして少しずつではあるが製造者・施工者らの声かけにより、生コンポータルとして現場指導(立ち合い)を行なっている。

いちいち手間もかかるし交通費もかかる、もちろん1件1件単位ではまるっきり赤字だけど、これを繰り返すより他にプロダクト普及の道はない。

16年間繰り返された蓄積は上記マップのような製造・施工インフラに帰結している。

消費者はこのマップを参考にしながら直接無料で地元施工(あるいは製造)ラストワンマイルに相談ができる。

いくつかプランや見積もりを入手し絞り込む。

「この見積もり、このプランは果たして妥当なのか?」

工事のプロではない消費者の不安にあとだしじゃんけんワークスが応える。

エリアごとの値頃感を知悉しているあとじゃん先生から3営業日以内に適否の回答が「添削」という形でもたらされる。

消費だけでなく、製造・施工ラストワンマイルそれぞれが「安心」を前提にものづくり(庭づくり)に集中できるようになりつつある。

これが、16年の蓄積の成果だ。

今回もそんな貴重な1件の製造・施工立会となる。

F728F811-DDC1-4ED9-9361-397262A38D1D.jpeg

のキーバインダー(F材、フッコー製造)がドラム内に直接投入され攪拌することでドライテックは完成だ。

生コン工場向け製造マニュアルはこちらで詳らかにされている。

配合もHP上に公開されている。

各地の有意なる生コン製造者はこうした情報をもとに主体的にポーラスコンクリート舗装の製造に取り組むことができるようになっている。

それでは施工開始。

5FED01B5-9A49-4C91-A3EC-4583839017F3.jpeg

E285C5AC-508A-487C-833E-33DB52A78A91.jpeg

5E4DB618-C880-47C2-862A-F984DDA8EFA6.jpeg

施工も製造と同様至って簡単なプロセスだ。

スコップなどで撒かれた(敷設された)材料はレーキ(トンボ)やプラゴテで平らに均される。

プレートで転圧すれば完成なのだけど、プレートマークと言って凹凸が発生する懸念があるため写真のようにベニアを噛ませて施工するケースもある。

もちろん、熟練者にとっては煩わしい場合もあるので省略されることもあるのだけれど。

2A8B62AA-7BAE-4FAB-ACDB-750D7CBB7795.jpeg

1C821F1B-6B77-481D-941A-23DA15727F9D.jpeg

2スパン用意されていた施工箇所の1箇所目が完成。

続いて、2スパン目の施工。

77B52014-C3F5-427A-A01C-05E6FEC656E0.jpeg

BD58F086-09B9-45FA-B971-DF287209DBE7.jpeg

DEDC598A-4886-4937-AD4C-2B5B7874F4BD.jpeg

C34D37C7-D690-420D-B245-49F6BC0CCBFF.jpeg

施工After。

施工面積18m2(2スパン)の試験施工は3名で1時間で完成。

「最初の1面は要領もつかめなかったが、2面より要領を掴めてきてプレートマーク(凹凸)も消せるようになった。もう少し覚えて現場を受注していきたい。」

現場施工者らの声だ。

こうしてまた1件、貴重な製造・施工ラストワンマイルが生まれる。

この繰り返しがやがて、「地球に蓋しない」透水性コンクリート舗装を世界の当たり前にする。

そのことで多くの喜びが生み出される。



北海道エリアは広くまた過酷な自然環境ということもあり新しいプロダクトの普及は難しい。

そんな状況にあっても、こうして少しずつだが逞しくラストワンマイルの共感が生まれる。

いちいちはガッカリするくらい小さくても、その繰り返しは振り返ると巨大だ。

だから、目の前のことに集中するより僕たちの進む道はない。

全国700の製造、2000の施工インフラといえば聞こえがいいが、まだまだ地域によっては十分に「生コンのように当たり前に」供給されるようになっているとは言い難い。

パズルのピースを埋めるように。

日本全国ダーツの旅のように。

共感者と日々こんな活動を繰り返している。

試し施工や展示場整備への立ち合いはもちろん無料。

赤字だけど僕たちが勝手にやっていることだ。

遠慮せず声かけてほしい。

このことが生コン製造や施工のラストワンマイルへの貢献につながると信じている。

そして、その事で、製造ラストワンマイルである僕たち自身も救われるとも思っている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら